パラレルキャリア・兼業・会社員+副業で生きる情報発信サイトです。

Parallel Road

仕事・働き方 会社員

40代でリストラされても人生を終わりにしない4つの流れ

擦り切れた公園のベンチ

「40代でリストラされてしまった…。これからどうすればいいんだろう。

そんな悩みにお答えします。

当記事を読めば40代がリストラから人生を立て直す方法がわかります

 

会社員+個人事業主の働き方で生計を立てているRyotaです。

『食べていければいい』という考えで仕事をしているため、正社員にこだわらず稼ぐ方法がわかります。

40代でリストラされた後の行動

  1. 転職活動前の収入源を確保する
  2. 転職サービスに相談する
  3. 別の収入源を確保する
  4. いくら稼げばいいのかを考える

40代って転職が難しい年齢ですよね…。転職できても歳の若い上司との人間関係など悩むことがたくさんです。

そこで、『会社員は生計を維持する最低ラインの稼ぎ』を考え、足りない分を個人で稼ぎます。

難しそうに感じますが年単位で計画すれば立て直すことができます。

少し頭を柔らかくして『こんな生き方もできるんだ』ということを学んで頂ければ嬉しいです。

※リストラされた直後のあなたは『リストラされたら何をすべきか。あなたの人生を立て直す5つの方法』からご覧ください。

▼働き方関連の記事一覧はこちら▼

働き方の記事一覧

スポンサーリンク

1.40代リストラ後は転職活動前の収入源を確保する

転職活動が長引く前提で、その期間の収入源を確保しましょう。

具体的には以下の2つです。

  • 失業手当を貰う
  • 退職金の一部を運用する

もちろん、転職活動中に派遣やアルバイトで稼ぐことも可能

しかし、40代でアルバイトをする精神的ダメージを考えましょう。転職活動もストレスが溜まります。

できるだけ自分にストレスを与えずに転職活動を行うことが必須です。

40代でリストラされた人の例

43歳でアパレル会社が倒産。路頭に迷った父の元お客さんの話です。

働き口が見つからなかったので夜系の仕事の運転手で食べつなぎました。

そこから『経験を活かして会社を倒産から救うためのコンサル』を開始。個人事業で成功者となっています。

時間さえあれば新しく何かを始めることもできるんです。

『もうダメだ!』と落ち込むことだけはやめましょう。まずは行動が大事です。

① 失業手当を貰う

40代で会社都合のリストラの場合、失業手当は以下のようになります。

雇用保険加入期間

  • 1年未満 90日間
  • 1年以上5年未満 90日間
  • 5年以上10年未満 180日間
  • 10年以上20年未満 240日間
  • 20年以上 270日間

これまでの月給の半分ちょっとが貰えます。

期間によりますが、半年は一定の収入が貰えます。この間に転職活動を進めることになります。

② 貯蓄に余裕があれば、一部を資産運用する

一部を資産運用する

一部を資産運用する

例えば配当金5%の株を100万円分買えば、年間で5万円の収入になります。

※税金がかかるので実際は減ります。

お悩みマン
なるほど…。少しでも資金の足しにするんですね。
そうです。少しでも収入があるというだけで心が落ち着きます
Ryota

貯金の1部を投資に回して失業手当の足しにしましょう。投資は元本割れのリスクがありますが、突然ゼロになることはありません。

マイナスが出るようなら止めれば良いだけです。

銀行に預けておくより少しでも資産を増やした方が『収入がある安心感』を得られます。

▼不労所得の流れはこちら▼

不労所得初心者でもわかる配当金
不労所得の初心者でもわかる『資産を作り配当金を得る生活の流れ』

続きを見る

③ 家族に助けを求める

今は共働きの時代です。

ポイント

  • 40代のあなたの若い頃の状況じゃない
  • 今と同じ年収を狙うのは厳しい
  • 共働き前提だと仕事の選び方も変わる

転職活動は四六時中行うものではありません。待つことも必要です。

焦って続けられないような厳しい職場に飛び込むより、半年~1年かけて60歳まで働ける職場を見つける方がメリットがあります。

スポンサーリンク

2.1人で転職活動をせず、転職エージェントに相談する

「職探しならハローワークだな。すぐに利用しないと。」

とお考えでは無いでしょうか。

ハローワークはお勧めできません。

  • 35歳以上OKの求人がほとんど無い
  • 広告掲載が無料なため、ブラック企業が多い
  • スタッフの対応が悪い

とても40代が『良い職場』を探せる環境ではないためです。

注意

ハローワークに掲載されている35歳以上の求人はほとんど決まっています。

  • タクシーやトラックの運転手
  • 回転寿司やチェーンの飲食店
  • 介護
  • 早朝~深夜勤務のブラック工場

1人で転職活動を続ける不安や重圧も大きなストレスになります。

そこでオススメしたいのが転職エージェントサービス。

専門家と相談しつつ、専門家を仲介して求人を得る方法です。

① 求人の過半数が『35歳』まで

35歳以上の転職は年齢的に厳しい

35歳以上の転職は年齢的に厳しい

私は4回転職しました。もちろんハローワークや主な転職サイト全てを利用しています。
Ryota

求人のほとんどが『年齢35歳まで』なんですよ。

注意ポイント

  • 年齢不問の仕事は明らかなブラック企業だけ(年間休日100日以下)
  • 35歳以上でも可能な仕事は特別な資格・スキルが必要なものだけ
  • 1人で求人を探していても見つかるのは同じ企業の求人

そこで転職エージェントが持っている『非公開求人』が必要になります。

非公開求人

  • 人気ですぐに人が見つかってしまう
  • 面接が面倒なため、信頼できる人だけを送って欲しい

のように、特別な理由のある求人が混じっています。

40代以降の労働力を確保するため、転職エージェントの扱う年齢層が拡大しているのも嬉しいポイント

相談しても昔のように『年齢でアウト』と言われる率は下がってます。

② 転職成功で『転職サイトに収入が発生するタイプ』の転職サイトを選ぶ

ハローワークは『掲載無料』なのでブラック企業が多いと書きました。

人を使い捨てるような企業だと頻繁に人を集めなければいけません。転職サイトでは広告費がかかって仕方無いのです。

そのため、ブラック企業はこぞってハローワークに求人を掲載します。

逆に掲載有料+定着する人を入社させたら紹介料の発生する転職サイトはお勧めです。

  • 企業側が真剣に人を探している
  • 転職サイト側の収入になるため、紹介する方も真剣

35歳以上に強い転職サイトは35歳でも仕事が見つかる転職エージェント3選【未経験もギリギリOK】にまとめてあります。

転職までの手順もお話してますのでお使い下さい。使う転職サイトを間違えちゃうと全く求人がなくて絶望しちゃいますからね・・・。

転職に成功した人たち
35歳でも仕事が見つかる転職エージェント3選【未経験もギリギリOK】

続きを見る

③ 年収よりもストレスの低さを1番に考える

「今まで年収500万円だったから、同じくらいの年収で転職したい。」

とお考えでは無いでしょうか。

40代で転職すると、転職先でどのような扱いになるか分かりません。

自分より年齢の若い上司がいるかもしれません。もちろん愚痴を言い合える同期もいません。

転職先は年収よりもストレスの低さを1番に考えましょう。

関連記事 → 1年間で4回転職した私が伝えたい『仕事選びは年収かストレスか』の答え

1年間で4回転職した私が伝えたい『仕事選びは年収かストレスか』の答え

3.別の収入源確保の道を探す

30年間会社が存続する確立はわずか1%。

あなたが頑張って転職した先が5年後に潰れる可能性もあります。

50代でリストラ・倒産で職を失うと正社員勤めはほぼ不可能になります。

リスク分散の意味で別の収入源確保を実践しましょう。

① 月1~2万円の収入確保は難しくない

これまで会社員勤めをしてきたので、個人で仕事を獲得する方法を知らないだけです。

まず、自分のスキルを見直します。

  • プログラミング
  • 営業
  • 人事

どれも立派なスキルです。

現在、あなたは仕事をしていません。だからフリーランスとして仕事を獲得すれば一時的にお金を稼ぐことができます。

リモートワークで営業や人事の仕事を募集している企業もいます。場合によっては正社員も可能。挑戦してみる価値はありますよ。(特に40代から他社に行くと人間関係で悩みそうじゃないですか…。リモートワークは色んな悩みが解決します。)

まだ働ける方法はたくさんある。と知るだけでもホっとします。焦ってパニくっちゃうと何も良いことはありません。大事なのは手段を知ることです。
Ryota

以下の記事でフリーランス向け求人サイトなどを紹介しています。他の働き方も見つかるので、まずはご覧ください。

パラレルキャリア向け求人サイト、仕事情報まとめ
パラレルキャリア向けの求人サイト・仕事を探せる方法まとめ『15選』

続きを見る

② お金稼ぎに対する情報収集をクセにする

最新のお金稼ぎ情報を集めたいなら、以下の2つがお勧めです。

  • ツイッターで資産運用や副業関連の有名人をフォローする
  • 副業関連の書籍を買う

特にツイッターはお勧めです。

あなたが情報を集めなくても、他の人が勝手に情報を集めてツイートしてくれます。その中からできそうなことを実践すれば良いのです。

③ 新会社での立場も分かりやすくなる

不労収入にはもう1つメリットがあります。

40代で転職した場合、

「あの人、あの年齢でどうして転職したんだろうね?」

と必ず噂されます。

リストラ対象だったことがバレると、あなたの評価は一気に落ちます。会社の人間関係なんてそんなものです。

しかし、不労収入があり転職したのなら一目置かれます。

金額の大小は問題ありません。

『不労収入があるので、改めて自分の力が自由に発揮できそうな会社を探すことにした。』

なら前向きな転職理由に変わります。

 

月3万くらいなら稼げる方法っていくらでもあります。私がサラリーマンをしつつ実践したのが以下の記事の3つです。

副業をするサラリーマン
サラリーマンが月3万円を半年で稼げる3つの副業『しかも身近な方法』

続きを見る

 

「こんなの自分にはできないよ。」とお思いでしょうけど、やらないと分かりません。100時間くらい真面目に取り組むと多少なりとも結果につながります。

成功するかしないかって才能じゃなくて『取り組み時間』で決まります。ヴァイオリニストなんかも小学校に入るまでに1万時間練習するらしいです。

4.60歳までにいくら稼ぐ必要があるかを考える

マイホームは建てましたか?子どもの教育資金はありますか?

仕事をするのはお金が必要だからです。

しかし、必要なお金を算出すると「それほど熱心に働く必要が無い」かもしれません。

あなたが60歳までにどのくらい稼がなければいけないのかを考えてみましょう。

① 出世コースから外れるのもアリ

熱心に働くのは出世して給与を上げたいからです。

既にそれなりの貯金があるのなら転職先で出世を目指す必要はありません。

コツコツ作業する職人的な職場や、改めて自分のやってみたかったことに挑戦することもできます。

② これまでのスキルを売る

私は学生時代に子供服の販売会社本店でアルバイトをしていました。

大学卒業までに経営が傾き、卒業後に倒産。40代の社長は多額の借金と共に路頭に迷いました。当然、サラリーマン勤務では借金が返せません。

彼は社長時代の経営学を売る『コンサルタント』になりました。

 

あなたはどんなスキルを持っていますか?

そのスキルを必要とする人がいるかもしれません。会社に勤めることなく、個人でスキルを売るのも道の1つです。

5.45歳でリストラされてしまったあなたへ

45歳でリストラされた男性

45歳でリストラされた男性

45歳以降で転職する場合、管理職として会社から期待されての採用が一般的です。45歳以降で使える転職サービスはほぼありません。ビズリーチのハイクラス求人くらいですね。

しかし…少し言いづらいのですが、リストラ対象になったあなたがハイクラス採用される確立はかなり低いです。(それでも挑戦する価値はあります。)

ちなみにIndeedで45歳以上未経験の仕事も見つかります。基本的には技術者かブラックな営業職になりますね。

以下、自論で申し訳ないのですが『60歳まで食いつなぐ方法』になります。

シニア向けアルバイト+リモートワークで年収350万を目指す

シニア向けアルバイトでフルタイム勤務なら年収150万+社会保険+厚生年金が手に入ります。とりあえず生活の基礎にはなりますね。

しかし、これでは年収が少なすぎます。土日と平日の夜を使って『リモートワーク』をします。

お悩みマン
リモートワーク?
自宅で働く方法です。今はリモートワークの求人が多いんですよ。
Ryota

業務委託で『営業を代行する』『事務仕事を代行する』があります。コミュニケーション能力が高ければ即採用されます。リモートワークなので年齢はそこまで求められませんね。

パソコン入力ができるのなら、ライティングを勉強して『リモートワークのWebライター』になるのもありです。現在はWebライターの需要が高まっています。1日3時間5,000文字書けば2,500~5,000円になります。継続して文字単価が2円になれば1日1万円も可能。

ライティング系の本を1冊熟読してひたすら案件を獲得し続けていれば半年後に仕事になります。1年で月50万稼げるようになった人もいますので、最低限の仕事をしつつ挑戦する価値はあります。

どのみちアルバイトだけでは食べていくギリギリの生活。

今なら失業保険もありますし、退職金もあります。働き口を探しつつ勉強するのも良いですよ。お金になりますし。

フリーランス向けのサイトになりますが、私が立ち上げた『個人で仕事を見つける方法サイト』をご覧ください。Webライターとして仕事を獲得する方法もお話しています。

まとめ:まだ人生はやり直せます。

40代でも時間をかければ転職は可能です。決してお先真っ暗ではありません。

大事なのは『同じ失敗をしないこと』です。転職先がブラック企業だったとしても耐えるしかありません。早期退職→転職は難易度が高いためです。

 

少しでも負担を抑えるための資産運用。そして、1人で転職活動をしないこと。

最後に60歳を見越したお金管理をすること。

この3つを忘れなければ40代からでも人生はやり直せます。ご紹介したロボアドバイザーや転職エージェントを活用して行動しましょう。

 

 

人気記事 35歳でも仕事が見つかる転職エージェント3選【未経験もギリギリOK】

人気記事 工場に強い転職エージェント3選『現場の労働環境を相談すべき』

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルワーカー

Ryota@パラレルワーカー

会社員・メディア運営・作曲家のパラレルキャリア。東京サウンドプロダクション所属。 カメラマン・製薬工場など複数の仕事を経験した後、個人事業中心の働き方に切り替え。 HSPで刺激に弱い悩みを持ち、低ストレスで働き生計を立てることを追求。日本の働き方に疲れている方向けに『これからの働き方』について発信し続けている。 ■詳しいプロフィールはこちら

-仕事・働き方, 会社員

Copyright© Parallel Road , 2019 All Rights Reserved.