パラレルキャリア・兼業・会社員+副業で生きる情報発信サイトです。

Parallel Road

ライフスタイル

HSPがストレスと付き合う・戦う方法とは『気疲れしない習慣化』

HSPがストレスと戦う方法

「HSPがストレスを感じにくくなる方法ってなんだろう…。ストレス解消方法も含めて教えて欲しい。」

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めばHSPがストレスと付き合う・戦う方法がわかります

 

内向型でHSPのRyotaです。人よりストレスを感じやすいため脱ストレスの生活に向けて努力しています。

 

当記事の内容はこちら

  1. HSPがストレスと付き合う・戦う方法
  2. HSPのストレス解消方法について

 

人の発言の裏表を考えすぎないこと、不安を早く終わらせることです。

ストレス解消方法としては『何も考えない1人の時間を作ること』。これに尽きますね。

それぞれ詳しく解説します。

▼HSPの特徴・診断はこちら▼

HSPの特徴
HSPの特徴を実体験の中から紹介『人の機嫌が怖かったらチェック』

続きを見る

スポンサーリンク

1.HSPがストレスと付き合う・戦う方法

HSPは考えすぎて疲れる

HSPは考えすぎて疲れる

以下の4つです。

  1. 発言の裏表を考えすぎない
  2. 不安があれば1秒でも早く終わらせる
  3. 長時間働かない
  4. 連絡頻度を減らす

HSPって勝手にストレスを増やします

お悩みマン
勝手に増やす?どういうことです?
気遣いしすぎちゃうんですよ…。
Ryota

例えばメールで『了解です。』とだけ返事が来たとします。

(ちょっとドライじゃない?私、悪いことした?怒ってる?どうしよう…。)

まで考えます…。

メール以外にも些細な発言。表情の変化でも機嫌を考えます。

だから、『人の機嫌の答えを出す』『そもそも人との関わりを減らす』が大切

① 発言の裏表を考えすぎない

発言の裏表を考えすぎない

発言の裏表を考えすぎない

答えの出ないことに悩むのをやめましょう。わかりやすいのは発言・メールです。

特にメール関係ですね。

ポイント

  • ビジネスメールはドライなもの
  • 普通に返信を忘れることもある
  • 内容が注意でも、怒っているものじゃない

文章から感情を読み取るのは難しいです。

特にビジネス関係ですね。

メールで訂正・注意が来ることってありますが、ビジネスメールで絵文字や♪は使えないじゃないですか。

お悩みマン
そりゃそうですよね。
仕事の連絡については「こういうものだ。」と覚えていくしかないです。
Ryota

② 不安があれば1秒でも早く終わらせる

不安があれば1秒でも早く終わらせること

不安があれば1秒でも早く終わらせること

不安を感じ続けるほどHSPにつらいことってありません。

私はこんな経験がありました。

ブログ・メディア運営で情報を提供して頂き記事を作成。

公開したところ、「その内容はどうしてもまずい。そういう考えで私たちは運営していない。」という注意を受けました。

その日は夜も眠れないほどでしたので、翌日の朝一番に電話。

注意と言うか『訂正』的な意味合いだったそうで、普通に対応してもらえました。

不安があり、解決できる問題なら後回しにするのはやめましょう。

解決方法は以下の4つがおすすめです。

問題の解決方法

  • 即電話する
  • 謝る
  • 訂正する
  • 感謝する

自分が正しいんだ!と思ってバチバチ対決すると心が持ちません。

大事なのはストレスを感じないこと。穏便に済ませましょう。

③ 長時間働かない

HSPは働きすぎないこと

HSPは働きすぎないこと

働く時間が長ければ長いほど消耗します。

お悩みマン
それって普通のことじゃないです?
ヘトヘトになる…というよりも、心身ともにもたないんですよ。
Ryota

正直言って1日8時間フルに働くのもつらいです。HSPはそのくらいエネルギーを失い続けてます。

仕事なら仕事内容だけ悩んでればいいですよね。そうじゃないんです。

HSPの仕事のストレス

  • 電話応対が怖くて気が休まらない
  • 工場の大きな音が気になる
  • 上司、先輩から見られている気がする
  • 書類のハンコ…少し薄いかもしれない

些細なことでずーっとストレスを感じます。

仕事内容に関わらずストレスは大きいため、仕事の時間を減らすことを考えましょう。

休憩時間は外に出る。電話応対のない仕事に就くなど。

HSPが働きやすい仕事内容を選ぶことも大切です。

▼HSPの仕事についてはこちら▼

HSPに適した仕事
【これで安心】HSPに適した仕事10選『実務経験から安心して働ける理由も解説』

続きを見る

④ 連絡頻度を減らす

連絡そのものが減ればストレスも減る

連絡そのものが減ればストレスも減る

HSPはつい相手の機嫌を考えてしまいます。

既にお話したように『言葉の裏表』を考えちゃうので、メールやLINEでも疲れます。

お悩みマン
そうなんです…。どう思われているか不安。
だったら連絡そのものを減らしましょう。
Ryota

連絡を減らすコツ

  • あまり連絡しないキャラにセルフブランディングする
  • 付き合う人数を減らす
  • 常に連絡が取れる状態を作らない(LINEは使わないなど)

ビジネス的には問題点があるものの、ストレスを感じ続けるよりはマシです。

私もあまり人とは連絡しないよう心がけています。メインの連絡網もツイッターやメールになってます。

 

次にHSPのストレスの解消方法について実体験からお話していきますね。

スポンサーリンク

2.HSPのストレス解消方法について

HSPのストレス解消方法について

HSPのストレス解消方法について

何かをすることじゃなくて、何かをしないことがストレス解消になります。

お悩みマン
そうなんです?運動するとかじゃなくて?
私も色々試したんですが、ほとんどのことが『気疲れ』になるんです…。
Ryota

気疲れの例

  • 服を買う → 店員さんの接客
  • 1人旅行 → 電車の混雑など
  • 1人カフェ → トイレに行きたくなったら荷物はどうする?食い逃げと思われない?

ホント細かいこと考えちゃうんですよね。

だから本当のストレス解消を考えるなら何もしないこと。難しい情報を脳に送らないことです。

方法:何も考えない1人の時間を作る

方法:何も考えない1人の時間を作る

方法:何も考えない1人の時間を作る

完全に1人の時間を作ります。

時間作りのポイント

  • 1人暮らしになる
  • 有給を使って3連休。真ん中の1日を何も考えず過ごす
  • 趣味もかねてのソロキャンプ
  • ぶらっと散歩に出る

既婚者の場合は家族に外出してもらう・旅行してもらうのがいいです。

お悩みマン
Ryotaさんも奥さんと子どもはどうしてるんです?
たまに気遣ってくれて実家に遊びに行ってくれてます…。嬉しい。
Ryota

ほぼ無音状態の場所で休めます。心が穏やかになりますよ。

HSPは『脳を休める』ことが必要

持論なんですが、HSPって常に何かを考えてます

HSPが気になること

  • あの人は私を見ていないだろうか
  • あの音は何だろう
  • 急にスマホが震えた。重要な連絡だろうか
  • このテレビ番組。誰かを不快にしてないのかな

テレビ番組を見るにしても『お笑い』『料理系』など、視聴者を幸せにするものがいいです。

ニュースだと傷つく内容もあるので疲れます。

5感の刺激、あなたを傷つける場所から遠ざかろう

HSPは感覚に優れてます。だから5感を休めつつ、傷つかない場所に行きましょう。

例えば真夏の外出なら『サングラスを掛ける』こと。

電車に乗るなら混まない鈍行

こうやって不快な刺激から遠ざかるだけでも心は休まります。

HSPの私が実践しているストレス解消方法

ざっと箇条書きにしましたので、取り入れられるものだけ実践してくださいね。

  • 夏場はサングラスをかける
  • 電車は鈍行、新幹線は指定席
  • 定期的に1人の時間を作る
  • スマホはほとんど触らない
  • 争いを避ける
  • 美しい風景を見る
  • 子どもやペットと遊ぶ
  • 予定を積み込みすぎない
  • 自分の予定を優先する
  • 感情を文字にする
  • 楽器を弾く
  • 外の空気を吸う(特に朝・夜)

まとめ:HSPだからこそストレスを向き合いましょう

HSPは感覚に優れていて繊細です。だからストレスを感じやすいんですよ。

HSPがストレスと付き合う・戦う方法はこちら。

  1. 発言の裏表を考えすぎない
  2. 不安があれば1秒でも早く終わらせる
  3. 長時間働かない
  4. 連絡頻度を減らす

ストレス解消方法は1人の時間を作ることです。

既婚者の方は「1人の時間でリラックスさせてもらっていい?」と素直に相談しましょう。

 

以上、『HSPがストレスと付き合う・戦う方法とは『気疲れしない習慣化』』という記事でした。

 

 

人気記事 思うようにならなくて、心が折れそうな時の5つの考え方『行動しよう』

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルワーカー

Ryota@パラレルワーカー

会社員・メディア運営・作曲家のパラレルキャリア。東京サウンドプロダクション所属。 カメラマン・製薬工場など複数の仕事を経験した後、個人事業中心の働き方に切り替え。 HSPで刺激に弱い悩みを持ち、低ストレスで働き生計を立てることを追求。日本の働き方に疲れている方向けに『これからの働き方』について発信し続けている。 ■詳しいプロフィールはこちら

-ライフスタイル
-,

Copyright© Parallel Road , 2019 All Rights Reserved.