仕事・働き方の話 会社員

40代で出世できないなら。あなたが取るべき1つの道『個人で勝つ』

40代で出世できない

「40代で出世できない。出世コースから外れたのはもちろん、もう役職社員の枠が埋まってしまった。でも転職するにはリスクがあるし…。どうしたらいいんだろう。」

という疑問にお答えします。

 

パラレルキャリアのRyotaです。会社員+個人事業の働き方で生計を立てており、出世をしない選択肢を取っています。

 

当記事の内容はこちら

  1. 40代で出世できないなら。あなたが取るべき1つの道
  2. 出世は選択肢の1つ。何を目的として出世すべきか考える

 

出世すると会社から認められた喜びがある反面、役職により責任が重くなり仕事量も増えます。あなたに新しい選択肢を持ってもらうために当記事を書きました。

人一倍努力して出世を目指すか、個人で出世と同等の価値を得るかを考えて頂ければと思います。どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.40代で出世できないなら。あなたが取るべき1つの道

NPO法人で活躍する男性

NPO法人で活躍する男性

会社外に目を向けましょう。

もちろん、よりいっそう仕事に励んで昇進にチャレンジする道もあります。ただ、選択肢が1つだけだと結果が出ない時にモチベーションがなくなってしまいます。

40代で出世できない場合、転職後に出世できる可能性も低いです。(役職が付いている付いていないで転職の成功率も変わります。)

在職しつつ社外で出世同様の価値を得ることなら低リスクです。

お悩みマン
確かに…。
会社外で居場所があると会社に全てを託さなくて済みます。心の余裕がモチベーションを保つことに役立ちます。
Ryota

会社外で出世と同等の価値を手に入れる

社会に貢献したいならボランティアやNPO法人の活動に協力します。お金が欲しいなら副業を始めましょう。出世で得られるはずだった価値を会社外で得ることが目的です。

 

出世で得られる価値について

  • 役職手当、昇給アップ
  • 裁量できることが増える
  • 社会的な地位の向上

上記のとおりです。お金以外にもメリットがありますね。人に認められる喜びもあります。

 

会社外で出世と同じ価値を得る方法『パラレルキャリア』

パラレルキャリアとは会社外で別のキャリアを作ることです。

  • 副業 → お金が増える
  • 特定非営利活動(NPO法人) → 社会貢献
  • 個人事業 → 自由な考えでビジネスを経験できる

このように出世で得られる価値を獲得することができます。

あなたの出世の目的が『お金』だったとしましょう。出世コースから外れると「もう年収がドカンを増えないのか…。」と落ち込みモチベーションが下がります。

仕事に取り組む姿勢がネガティブになるので仕事の質が下がります。さらに出世コースから外れていきますよね。

でも、個人でお金を稼ぐことができれば悩みが解消されます。

「出世できなくても個人で稼げば良いか。」

とポジティブに変換できるので本業・副業の両方で仕事の質が上がります。

モチベーションを維持できると社内の評価も上がる

評価が上がっている男性

評価が上がっている男性

これは体験談なので申し訳ないのですが、会社外の活動で評価されると会社内でも評価されます。

モチベーションが下がる → 会社の指示にイヤイヤ従う

モチベーションが上がる → 会社の指示に喜んで従う

この違いですね。

私の会社の場合、交代制導入による残業ゼロ事件がありました。残業代がなくなったため若手社員が反発し退職者も出ました。

この騒動が数年間続くのですが、私は徐々に個人事業で収入が上がっていきました。

年収が落ちるような仕組みを伝えられても文句言わず従うことができたため、上司からの評価が上がりボーナスが増えました。

 

45歳のリストラの危険も考慮しましょう

会社員である以上、もらっている給与分の仕事をする責任があります。既にお話したとおり、出世の選択肢しかない状況で出世できる可能性がなくなると"燃え尽きる"恐れがあります。

大手各社で45歳以上の早期退職者を募集する運動が盛んです。売上が下がり続ければリストラされる恐れもあります。

モチベージョンを失って社内で腐ってしまうのが1番危険。そうならないよう、会社外での活動を開始しましょう。万が一のリスクヘッジにもなります。

パラレルキャリアの全て
パラレルキャリアとは。メリット・デメリット・副業との違いを解説

続きを見る

例:40代で平社員のモチベーション状態について

モチベーションがなくなった男性

モチベーションがなくなった男性

私の工場に45歳で全く仕事のできない男性社員がいます。

  • 全ての仕事から逃げてきた
  • 30代の社員から怒鳴られたり叱られたりしている
  • 家でも居場所がない

今でも仕事から逃げることだけ考えています。誰かから叱られると翌日を休みます。GWなど長期連休明けも気分が優れないようで、早退していきます。

こうなると出世どころか、人生を良くすることすらできません。だから、社外で『キャリアを作ること』からリハビリするのが大切です。

SPONSORED LINK

2.出世は選択肢の1つ。何を目的として出世すべきか考える

出世以外のことも考えている社員たち

出世以外のことも考えている社員たち

勘違いしてほしくないのが、出世は1つの選択肢ということです。

出世できないから『ダメなヤツ』ということはありません。単純にその会社で上手に評価されなかっただけ。選択肢という考えなら出世を断ることも可能です。

以下のツイートも参考になります。

ブログで月5~10万稼げるようになると『出世を捨てる選択肢』が出てきます。これって意外と大きいです。

・責任が重くならない
・違う仕事を覚えなくて良い
・現場仕事を続けられる

出世のために無理して仕事を頑張ること多いんですが、それもしなくて良いです。気持ちが変わりますよ

 

日本経済が伸び悩んでいることもあり、順調に規模を拡大している企業は減っています。バブル時代なら会社の規模が拡大すると共に役職のポストも増えました。

しかし今は役職のポストが増えません。昔と同じように『出世しないといけない』という価値観を捨ててみることは大切です。

管理職に不向きな人が出世した場合について

仕事についていけず疲れきってしまいます。

管理職は現場から離れてマネジメントする仕事です。

管理職には「現場にいた時の方が気がラクだった。」という人がいます。理由はマネジメントに向いていないからです。

管理職は体力を使いません。しかし、頭をフル回転させて仕事が進むよう考える必要があります。部下の性格や考えも把握する必要があり、向いていない人は結果を残せません。

この状態なら出世しない方がいいですよね。でも出世だけが選択肢だと『出世をあきらめること』ができません。

出世せずに現場のプロとなった場合について

管理が行き届いている工場

管理が行き届いている工場

気疲れすることが減ります。

ずっと現場だと基本的に同じ作業の連続です。工場ならオペレートや荷物の運搬。営業ならお得意様を回る形です。

慣れた仕事を継続できるのでストレスが減ります。ただし管理職ではないので給与は伸び悩みます。

選択肢が1つだけだと気持ちの余裕がなくなります

40代で出世することだけが選択肢だったとします。

出世できないとどこにも居場所がありません。家はもちろん、同窓会など昔からの友人と会ったときにマウンティングされるのはつらいものです。

その会社で働いていることが誇りなら良いのですが、会社にお金以外のものを求めていない場合は逃げ場がなくなります。

例えば昔から『警察官』になるのが夢だったとします。警察官としては平社員でも、夢だった警察官になったことは誇りを持って人に伝えられますよね。
Ryota

でも、社外の活動はあなたのステータスになります。

  • ボランティア活動で認められて新聞に載った
  • NPO法人会員になって土日は別で働いているよ
  • 開業届けを出して『代表』になってる。まだ儲けは少ないけどやりたいことをやってるよ

上記のとおりです。

 

出世をすべき!という考えは会社次第です

出世はメリットばかりではありません。会社によっては1万円しか手当が付かないのに仕事量が倍に増えることがあります。

出世のみが選択肢ならあなたは出世するしかありません。そうしないと年収がアップしたり、社会的地位を得られないからです。

出世で年収が50万くらい上がって体力仕事がなくなるなら嬉しいですよね。でもそれはあなたの勤めている会社次第。働きに対するメリットがなければ断る自由があります。

「40代になったのに出世できなかった…。」

と落胆するのではなくて、違う選択肢を取って出世と同等の価値を得る努力をしましょう。

まとめ:40代で出世できなくても違う道があります

周りが出世していく中、自分だけが平社員だとつらいものがあります。かといって40代からキャリアチェンジすることもできません。ちょっと絶望的になりますよね。

そんな時こそ社外に目を向けましょう。

副業で月3万稼げたら出世と同じくらい年収が上がります。しかも会社で新しい仕事を覚える必要はありません。好きな時に好きなように働いて得たお金です。

1つの価値観に縛られず、『働き方』として出世を考えてみましょう。

 

以上、「40代で出世できないなら。あなたが取るべき1つの道『個人で勝つ』」という記事でした。

 

 

人気記事 35歳でも仕事が見つかる転職エージェント3選【未経験もギリギリOK】

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルワーカー

Ryota@パラレルワーカー

会社員・メディア運営・作曲家のパラレルキャリア。東京サウンドプロダクション所属。 カメラマン・製薬工場など複数の仕事を経験した後、個人事業中心の働き方に切り替え。 HSPで刺激に弱い悩みを持ち、低ストレスで働き生計を立てることを追求。日本の働き方に疲れている方向けに『これからの働き方』について発信し続けている。 ■詳しいプロフィールはこちら

-仕事・働き方の話, 会社員

Copyright© Parallel Road , 2019 All Rights Reserved.