正社員+ブログで生活している私があなたの低所得を脱出するために、パラレルワークと投資、転職の情報をお伝えします。

Parallel Road

お金と仕事の話 会社員

35歳でも仕事が見つかる転職サイト・転職エージェント3選【未経験もギリギリOK】

更新日:

転職に成功した人たち

お悩みマン
35歳だけど転職したい。でも、年齢的に見つかるのかな。未経験でも大丈夫なのかな。

当記事は35歳の転職に関して、以下の3項目でお答えします。

 

  • 35歳でも転職できる転職サイト・転職エージェントの紹介
  • 35歳以上の転職事情について(35歳がギリギリの年齢)
  • 転職まで時間が必要

 

パラレルワーカーのRyota(@Blue_Rat_Web)です。

会社員をしつつ広告業に取り組んでいるため、転職サイトの人にインタビューする機会があります。

正直に言って『35歳以上の転職はどうなのか』という質問もしています。

その結果を元に35歳以上の転職に関して思うことを記事にします。

どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.35歳に強い転職サイト・転職エージェント3選

転職に成功した人

転職サイトに掲載されている求人はそんなに代わり映えしません。

広告掲載料が高いので、お金のある大手企業ばかりが目立ちますからね。

ただし、転職エージェントが持っている非公開の求人は違います。

「あんまり広告料は払えないんだけど、ピッタリな人がいたら紹介してもらえないかな。」

という企業さんの求人があるからです。狙いはここです。

 

大手を中心に非公開求人を紹介してくれる転職エージェントに登録しましょう。

 

35歳に強い転職サイト・転職エージェント3選

dodaエージェントサービス 非公開求人数No.1の大手です。30代以上にもっとも選ばれています。とりあえずここに登録が安心です。

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】 50代までの転職をサポートしてくれます。業界別のアドバイザーが在籍。

ワークポート 利用者の3割以上が35歳以上。

 

①大切なのはあなたの働く意識

転職エージェントのアドバイザーも人なので、転職希望者の人柄を見てしまいます。

働く意識の弱い人だと良い案件も紹介できません。あなたが続かないと企業側に迷惑がかかるだけでなく広告費も入ってこないからです。

 

サイトに登録して、どんな仕事に就きたいのか・前職の何が不満だったのかをリアルに伝えましょう。

本音で話した方がアドバイザーもマッチングしやすい求人を紹介しやすくなります。

 

ポイント

私もdodaエージェントサービスで転職した経験があります。残業時間や働きすぎて身体を壊したことも伝えました。逆に「そんなブラックな会社があることが分かって良かったです。」と言われました。

2.35歳以上の転職事情Q&A

お悩みマン
35歳が転職のギリギリラインってどういうこと?
転職サイト側も紹介できる案件に限りが出てくるということです。
Ryota

 

企業は若い人を欲しがります。給与が安くて済みますし、若いと吸収力があるからです。

30歳以降は年齢で落とされる確率が上がります。何とか就職できるラインが35歳です。

 

しかし、35歳でも転職できないわけではありません。

今からでも仕事に挑戦し続ける熱意があり、後戻りできない強さを見てもらえれば雇ってもらえます。

①転職サイト的にも35歳がギリギリのライン

転職サイト側の意見としても35歳が転職のボーダーライン。

 

「35歳を過ぎると同業種でスキル・キャリアを生かした転職になります。または、正社員雇用につなげられる派遣を紹介します。」

 

「35歳以上の求人もあることはあるんですが、あんまりお勧めできるものではありません。本音で言えば時間をかけて探した方が良いですよ。」

 

というインタビュー結果をいただきました。

②40歳以上は限られたブラックな業界の仕事だけ

もし40歳になってしまったら転職できる仕事は限られます。

 

  • タクシー運転手
  • トラック運転手
  • 介護職
  • チェーン店の店員

 

の4つが8割。後は体力仕事や専門性の高い仕事になります。

だから40代でリストラされると危険なんですよ。特に何のスキルにもならない『地方の工場勤務』は危険。

管理職を経験していなかったら、上記の4つの道しかなくなります。

35歳の転職はまだ転職先を選べる時期です。

③契約社員+自分で稼ぐ方向も真剣に考えよう

ただし、あなたの希望勤務地によっては良い仕事が見つからない可能性があります。

そんな時は個人で稼ぐ『副業』を本気で取り組むことも考えましょう。

社会保険さえ入っていれば生きていくことはできます。

(もちろん車は無し。ギリギリの生活になりますが。)

 

IT系・デザイン系・広告系の仕事ならクラウドソーシングを利用して個人で仕事を受けられます。

月に10万~15万稼げれば、契約社員(フルタイムのパート)+副業でやっていけます。

働き方の形は1つではありません。

 

3.年齢的に転職までに時間が必要

時間が必要

35歳になって転職活動を開始しても、1ヶ月で転職できるとは限りません。

30代を超えた転職は半年~1年以上かかることがあります。

 

今の会社にいるのが嫌になったら即座に行動すべきです。その結果、転職しなくても良いんです。

既にお話したとおり40歳になると転職が難しくなります。

転職にはシーズンがあります。求人の多い5月・9月を逃してしまうと、新しい求人が見つかるまで1年待たなくてはいけません。

 

①転職1社目で成功するとは思わないこと

転職の成功は転職先に定着すること。

転職ができても続かなかったら意味がありません。年下の上司がいるかもしれませんし、求人では分からなかったデメリットが見つかるでしょう。

それも含めて転職期間が半年~1年以上かかります。

 

同業種で考えていたけど、未経験の仕事の方が向いていた。

 

ということもあります。

私もブライダル関係から工場に転職しています。その間に3回も転職しました。

 

転職先が見つからないのは不安ですけど何も行動しないと変わりません。35歳は転職年齢的にはギリですが、一生を見れば若い時期。まだ25年・・・30年も働かないといけません。

年金がもらえるかも微妙になりました。一生仕事と付き合う可能性だってあります。

 

35歳は「一生この仕事を続ける人生で良いのかな。」と思うターニングポイントです。

毎日残業ならあなたの一生は残業ばかり。家族とのイベントもありません。

せっかくの人生だから『夢』に挑戦したかったあなたも、行動に移せる最後のチャンスです。

 

転職サイト・転職エージェントに登録すれば即座にTELがかかってきます。軽い気持ちで相談してみましょう。1度相談しておけばあなたにマッチングする非公開の求人を待つだけです。

この機会に行動しておきましょう。

 

dodaエージェントサービス 非公開求人数No.1の大手です。30代以上にもっとも選ばれています。とりあえずここに登録が安心です。

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】 50代までの転職をサポートしてくれます。業界別のアドバイザーが在籍。

ワークポート 利用者の3割以上が35歳以上。

SPONSORED LINK
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota

Ryota@パラレルワーカー

会社員・ブログ運営・作曲家・ブランド開発を手がけています。東京サウンドプロダクション所属。WEBマーケティング業『Blue Rat Web』を立ち上げ、複数のメディアを運営しています。■詳しいプロフィールはこちら

1

「ブログでサラリーマンから抜け出して、毎日7時まで寝ていたい。」 「豊かな生活をしたくないけど、せめて不安な生活から脱出したい。」 何とかして今の生活を良くしたいとお悩みでは無いでしょうか。 &nbs ...

2

「不労所得が月10万円あったら人生ラクなのにな。」 と思いませんか? 当記事では資産をロボットに運用させる『ロボアドバイザー』で不労所得『月10万円』を目指します。 途中経過から、ロボアドバイザーの比 ...

-お金と仕事の話, 会社員

Copyright© Parallel Road , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.