仕事・働き方の話 会社員

35歳でも仕事が見つかる転職エージェント3選【未経験もギリギリOK】

更新日:

転職に成功した人たち

お悩みマン
35歳でも転職しやすい転職サイト・転職エージェントを知りたい。35歳で転職を考えているんだけど、年齢的に見つかるのかな?未経験でも大丈夫なのかな?という不安があるから。

という疑問にお答えします。

 

パラレルワーカーのRyotaです。34歳での転職経験があります。会社員をしつつ広告業に取り組んでいるため、転職サイトの人にインタビューする機会があります。

 

当記事は35歳の転職に関して、以下の3項目でお答えします。

 

  • 35歳でも転職できる転職サイト・転職エージェントの紹介
  • 35歳以上の転職事情について(35歳がギリギリの年齢)
  • 35歳の転職で覚悟したい2つのこと『年収か残業か』

 

転職エージェントのアドバイザーに『正直に言って35歳以上の転職はどうなのか』という質問もしています。その結果を元に35歳以上の転職に関して思うことを記事にします。

どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.35歳に強い転職サイト・転職エージェント3選

転職に成功した人

転職サイトに掲載されている求人はそんなに代わり映えしません。

広告掲載料が高いので、お金のある大手企業ばかりが目立ちますからね。

ただし、転職エージェントが持っている非公開の求人は違います。

「あんまり広告料は払えないんだけど、ピッタリな人がいたら紹介してもらえないかな。」

という企業さんの求人があるからです。狙いはここです。

 

大手を中心に非公開求人を紹介してくれる転職エージェントに登録しましょう。

 

35歳に強い転職サイト・転職エージェント3選

dodaエージェントサービス 非公開求人数No.1の大手です。30代以上にもっとも選ばれています。とりあえずここに登録が安心です。

【パソナキャリア】 50代までの転職をサポートしてくれます。業界別のアドバイザーが在籍。

ワークポート 利用者の3割以上が35歳以上。

 

上記3つのどれかを使えば間違いありませんが、悩んだらDODAにしましょう。登録から相談までのスピードが速いのと求人も定期的に複数紹介してもらえるからです。

 

SPONSORED LINK

2.35歳以上の転職事情について(35歳がギリギリの年齢)

  1. 転職サイト的にも35歳がギリギリのライン
  2. 40歳以上は限られたブラックな業界の仕事だけ
  3. 契約社員+自分で稼ぐ方向も真剣に考えよう

上記3つが35歳以上の転職事情です。転職経験からの本音も混じってます。

 

35歳で転職に挑戦は理由が必要35歳の転職限界説は生きている

 

企業は若い人を欲しがります。給与が安くて済みますし、若いと吸収力があるからです。

20代は『若手』。40代は『中堅』。30代はもっとも中途半端な年齢です。若手でも無いし、40代の管理職でもありません。

30歳以降は年齢で落とされる確率が上がります。何とか就職できるラインが35歳です。

そもそも40歳以降はヘッドハンティングが主流ですね。転職サイトも『キャリアアップ』を狙ったものに特化してきます。

 

しかし、35歳でも転職できないわけではありません。

今からでも仕事に挑戦し続ける熱意があり、後戻りできない強さを見てもらえれば雇ってもらえます。

※逆に『目的が今の会社の退職』になっている35歳の方は失敗しやすいです。以下の記事もあわせてご覧ください。

関連記事 35歳の転職で失敗したらどうすべきか『努力の方向性は2つです』

① 転職サイト的にも35歳がギリギリのライン

  • スキルを覚えさせるにしても、若い子で十分
  • 35歳以上になると頭が硬いし変なプライドも付いている
  • 年下上司など独特な人間関係で悩んでの退職者が多い

という理由で、転職サイト側の意見としても35歳が転職のボーダーライン。

 

転職サイトのエージェントにインタービューをした結果が以下の通りです。

 

「35歳を過ぎると同業種でスキル・キャリアを生かした転職になります。または、正社員雇用につなげられる派遣を紹介します。」

 

「35歳以上の求人もあることはあるんですが、あんまりお勧めできるものではありません。本音で言えば時間をかけて探した方が良いですよ。」

 

② 40歳以上は限られたブラックな業界の仕事だけ

もし40歳になってしまったら転職できる仕事は限られます。

 

  • タクシー運転手
  • トラック運転手
  • 介護職
  • チェーン店の店員

 

の4つが8割。後は体力仕事や専門性の高い仕事になります。

だから40代でリストラされると危険なんですよ。特に何のスキルにもならない『地方の工場勤務』は危険。

管理職を経験していなかったら、上記の4つの道しかなくなります。

35歳の転職はまだ転職先を選べる時期です。そういう意味では35歳の転職って怖いものですけど40歳になってからの転職に比べれば間に合います。

③ 契約社員+自分で稼ぐ方向も真剣に考えよう

ただし、あなたの希望勤務地によっては良い仕事が見つからない可能性があります。

そんな時は個人で稼ぐ『副業』を本気で取り組むことも考えましょう。

社会保険さえ入っていれば生きていくことはできます。

(もちろん車は無し。ギリギリの生活になりますが。)

 

IT系・デザイン系・広告系の仕事ならクラウドソーシングを利用して個人で仕事を受けられます。

月に10万~15万稼げれば、契約社員(フルタイムのパート)+副業でやっていけます。

働き方の形は1つではありません。

大切なのはあなたの働く意識

転職エージェントのアドバイザーも人なので、転職希望者の人柄を見てしまいます。

働く意識の弱い人だと良い案件も紹介できません。あなたが続かないと企業側に迷惑がかかるだけでなく広告費も入ってこないからです。

 

サイトに登録して、どんな仕事に就きたいのか・前職の何が不満だったのかをリアルに伝えましょう。

本音で話した方がアドバイザーもマッチングしやすい求人を紹介しやすくなります。

 

ポイント

私もdodaエージェントサービスで転職した経験があります。残業時間や働きすぎて身体を壊したことも伝えました。逆に「そんなブラックな会社があることが分かって良かったです。」と言われました。

3.35歳の転職で覚悟したい2つのこと『年収か残業か』

  • スキルが高くないと年収がダウンする可能性が高い
  • 年収アップを狙った場合、残業時間や作業内容が増える

上記2つです。

時間が必要

先ほど『20代は若手』『40代は管理職』というお話をしました。

30代に求められていることは『実力』です。20代ほど若い力はありませんが、スキルや経験の高さがあります。

「社会人経験も豊富だし即戦力になるよね。」

が企業の求めていることです。

これを前提にして35歳の転職で覚悟したいことが2つあります。

覚悟したいこと① スキルが高くないと年収がダウンする可能性が高い

スキルが無ければ評価が下がり、年収も下がります。

現会社ではコミュニケーション能力や『まぐれの成功』が評価されていました。転職ではそういった『性格的能力』は年収に考慮されません。社会人の常識として持っていて当然と思われてます。

 

  • 部下が居たかどうか
  • 有利な資格は持っているか
  • 他社へのコネはあるか

上記のような内容が無ければ年収が落ちると思って下さい。

覚悟したいこと② 年収アップを狙った場合、残業時間や作業内容が増える

スキルや経験が考慮されて年収アップになった場合、シンプルに仕事量が増えます。

会社で役立つというのは『使われること』です。

あなたは使われると判断されて雇われました。仕事量は増えて当然。ただし年収はアップします。

全てを満足させる転職ではなく、1つに特化させよう

35歳で転職って覚悟が入りますよね。よほど現在の何かに不満があるはずです。

その不満を解消することを目的にしましょう。

仕事探しは土地選びと一緒。完ぺきな土地って滅多に見つかりません。完ぺきな仕事を探しているとどんどん時間が過ぎてしまいます。

あなたにはもう時間が残されていません。

 

だから35歳の転職に強い転職エージェントを利用して、在職中から相談。良い求人が見つかれば即行動できるようにしましょう。

dodaエージェントサービス 非公開求人数No.1の大手です。30代以上にもっとも選ばれています。とりあえずここに登録が安心です。

【パソナキャリア】 50代までの転職をサポートしてくれます。業界別のアドバイザーが在籍。

ワークポート 利用者の3割以上が35歳以上。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルワーカー

Ryota@パラレルワーカー

会社員・メディア運営・作曲家のパラレルキャリア。東京サウンドプロダクション所属。ゆるく生きていきたいのにクビを締め上げています。■詳しいプロフィールはこちら

-仕事・働き方の話, 会社員
-

Copyright© Parallel Road , 2019 All Rights Reserved.