パラレルキャリア・兼業・会社員+副業で生きる情報発信サイトです。

Parallel Road

仕事・働き方 会社員

【なぜ】まともな会社が見つからない。10年以上働ける仕事を見つける4つの考え方

まともな会社が見つからない

「まともな会社が見つからない…。いつも転職に失敗してる。どうしたらいいんだろう。」

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めばまともな会社が見つかる考え方がわかります

 

1年間で4回も転職したRyotaです。私が見つけたまともな会社は『小さな工場』でした。

※10年後、利益率悪化でおかしな会社になったので退職しています。

お悩みマン
でも、10年間働けたのはいいですよね。実績になるし。
そうなんです。決して大企業がいい!ってわけじゃないんですよ。
Ryota

どうして長く働ける会社が見つかったのか。考え方をお話します。

求人選びで失敗しないコツもお話しますのでどうぞご覧ください。

▼会社の評判の調べ方▼

関連記事
会社の評判の調べ方
【便利】会社の評判は調べ方がある?ストレス度や給与明細の画像まで見つかる5つの方法

続きを見る

▼優良求人サイトの見分け方▼

関連記事
転職サイトを見る女性
優良求人サイトの選び方について←基準は2つだけです

続きを見る

スポンサーリンク

1.まともな会社が見つからない…。4つの考え方

まともな会社が見つからない時の考え方

まともな会社が見つからない時の考え方

以下の4つです。

  1. あなたにとっての理想を考える
  2. 業界を変える
  3. 待遇のうち何か1つを捨てる
  4. 安定しやすい会社を探す

まともな会社を探している時って『待遇』や『ネームバリュー』にこだわっちゃうんです。

お悩みマン
そりゃ大企業のほうが良さそうじゃないですか。
そこなんです。私も大企業に勤めて失敗してます。
Ryota

ポイントは『あなたにとってのまともな会社を見つけること』

他の人が手を出さない求人でも、あなたが気楽に働ければ問題がないんです。

頭を柔らかくして仕事を探した方がまともな会社が見つかります。

① あなたにとっての理想を考える

あなたにとっての理想を考える

あなたにとっての理想を考える

どういう環境で働きたいか。自由な発想で考えましょう。

私の場合は以下のとおりでした。

私の例。理想の働き方

  • プライベートの時間が持てる
  • 残業時間がある程度決まっている
  • 規則がゆるい
  • スーツを着なくていい、髪形を整えなくていい
  • 仕事量が多い

仕事を与えられない会社に勤めたことがあります。つらかったんですよね…。

それまでブライダルなど華やかな業界に勤めてました。私が最後に選んだのが『工場』です。

お悩みマン
なるほど…。考えてみるの大事ですね。
無理して大手企業に入っても1ヶ月しか続かなければ意味なしです。
Ryota

例:規則がゆるい会社、発展中の会社

伸び伸び働ける会社を考えてみましょう。

伸び伸び働ける会社

  • 規則がゆるい
  • 発展中
  • 人が少ない

ゆるいから些細なことで叱られるケースは少ないです。

ただし、『決まりがあった方が働きやすい人』には向いてません。このようにあなたの理想に近づけていきます。

② 業界を変える

業界を変える

業界を変える

現業界があなたに向いていない業界かもしれません。

業界選びに失敗してると、全部が『おかしい会社』に思えます。

お悩みマン
えっ!?そうなんです?
業界により特徴があるんですよね。
Ryota

業界特徴の例

  • 運送業 → 不規則。1人の時間が長い
  • サービス業 → 休みが少ない。対人関係が多い。華やか
  • 製造業 → 同じ場所に出勤。ブラックとホワイトの差が激しい

1人の作業時間が欲しいのにサービス業に入ったら間違い。

拘束時間が長くても運送業の方が『低ストレス』になる可能性がありますよね。

業界により待遇・雰囲気が『一部固定』される

給料や年間休日数も業界で平均値が違います。

保険や金融系は年間休日120日以上。でもサービス業は100日未満ですからね。

私が勤めていたブライダル業界は年間休日96日でした。

自由な時間を求めて工場に転職。年間休日126日だったんですが、これでも少ない方でしたよ。

③ 待遇のうち何か1つを捨てる

待遇のうち何か1つを捨てる

待遇のうち何か1つを捨てる

『労働時間』『給料』後は『人間関係』も重要。

このうちどれか1つを捨てましょう。すると仕事の幅が広がります。

お悩みマン
完ぺきな会社はないってことです?
そうなんです。1つのでメリットならまだ我慢できるんですよ。
Ryota

なお、このうち自分で操作しやすいのが『給料』です。

人間関係と労働時間は改善が難しい…。苦しみやすいですね。

年収300万をボーダーラインにしよう

年収300万あれば取り合えず『食べていける額』ですよね。

これで残業ゼロ。人間関係良好。ストレスがほぼなければ『自分で努力するエネルギー』になります。

特に地方だと30代で年収350万の世界です。

年収300万前後で仕事を探せば豊富。400万円台で探すと見つからなくなります

足りない分は自分で努力して稼ぐ

時間とエネルギーがあれば帰宅後に『副業』できますよね。

本業+副業のパラレルワークをして生計を維持する時代になってます。

「無理だ!」と思わず、足りない分を自分で稼ぎましょう。その方が将来的なリスク分散にもなります。

▼副業の始め方はこちら▼

関連記事
副業の始め方
【副業の始め方】明日から自分でお金を稼ぐ5つの流れ【実践済み】

続きを見る

④ 安定しやすい会社を探す

安定しやすい会社を探す

安定しやすい会社を探す

お金のある会社って『人に優しい』んですよ。

お金のある会社のメリット

  • 社員に還元する(ボーナスや福利厚生など)
  • 経営者がカツカツしていない
  • 不安が少ないので社員も安心して働いている

人って面白いんです。利益が悪くなると不安からイライラするんですよね。

私の勤めていた工場はお得意さんが一部離脱して利益が激減。

残業ゼロ・交代制導入など社員に不利な扱いが増えました。

その結果、社員はイライラ。みんな愚痴しか言わないガッカリ会社になったんです。

伸びている業界・利益率の高いサービス・需要のある製品

この3つに注目すれば安定した会社が見つかります。

安定=経営陣の不安が少ない

特に大事なのが『経営陣の不安』ですね。

経営陣も『人』。会社が潰れたら責任を負うのは経営陣なので、利益には敏感です。

お悩みマン
あ、それで社員に不利な方針が増えるんですね。
そういうことです!まともな会社がおかしい会社になる理由なんですよ。
Ryota

以上の4点を考えつつ、今度はハローワーク以外の転職サイトで求人を探します。

スポンサーリンク

2.ハローワーク以外の転職サイトを使おう

ハローワーク以外の転職サイトを使おう

ハローワーク以外の転職サイトを使おう

理由は以下の2つです。

  1. ハローワークはまともな求人が少ない
  2. 業界特化の転職サイトの方が質は高い

求人数が多いからハローワークだけにこだわるのはよくないです。

というのも、ハローワークって求人の掲載代金がゼロ。色んな企業さんが求人を出してます。

転職サイトも駆使しましょう。使えるサービスは全部使うべき

① ハローワークはまともな求人が少ない

見ただけで『NG』な求人が多いです。

NG求人の例

  • 情報が更新されていない(過去の使いまわし)
  • 情報に空欄がある
  • 『急募』『誰でもOK』『35歳以上大歓迎』
  • 基本給が16万円以下

特に『空欄の多い求人』ですね。

転職サイトなら企業がお金を支払ってます。空欄なんてあり得ません。

お悩みマン
確かに…。地図とか手書きな会社があります。
それはパソコンを使えない人が多い証拠ですね。
Ryota

時代に追いついていない会社も今後が不安です。

ハローワークを使うなら『いい相談者』を探すべき

ハローワークでも相談して仕事を探すことができます。

求職者に親身になる相談者を見つけましょう。

「この求人…辞めた方がいいよ。みんな辞めてるよ。」

こんなアドバイスをしてもらえます。

② 業界特化の転職サイトの方が質は高い

工場特化・IT特化など

工場特化・IT特化など

ほぼ全ての業界に『業界特化の転職サイト・エージェント』があります。

業界特化の転職サイト例

製造業 → メイテックネクスト

IT/WEB系 → ワークポート

ブライダルや飲食もありますね。

業界特化だと、その業界に強いだけでなく『アドバイザーが業界の特徴を知っている』のが強みです。

大手の転職サイトにはない求人も扱ってますね。

企業的にも『業界に詳しい人を雇いたい』と思ってます。

先に自己分析と業界分析をする

転職サイトに登録してから業界を調べる…。では遅いです。

過去の成功体験を自己分析。

あなたの強み弱みを考え、『向いている仕事内容』を箇条書きにしましょう。

その後で業界を調べつつ仕事内容でソートします。

私の場合は『新しいことを始める』『同じ作業が平気』という強みがありました。

同じ作業が平気の強みを使い工場に入社。主任にもなれましたね。

3.まともな会社が多い転職サイトについて

転職のノウハウを教えてくれる男性

転職のノウハウを教えてくれる男性

最後は『マッチング』の問題です。

お悩みマン
マッチング…ですか?
そうです。求人の質が高くてもあなたの理想の会社じゃなければダメですよね。
Ryota

ここで最初の話に戻ります。

あなたにとっての『ホワイト企業』ならまともな会社なんですよ。

アドバイザーと意思疎通して話せるかどうかがポイントなんですね。

ポイント:会社とあなたのマッチングの問題

転職に成功した人

転職に成功した人

以下の2つをお考えください。

  1. アドバイザーの質が高い転職サイトを使う
  2. 厚生労働省推薦の転職サイトを使う

いい求人が多くても選び方に失敗したら終わり。

経験豊富、話を聞いてくれるアドバイザーがいればまともな会社は見つかりやすいです。

そもそもホワイト企業の求人が多いのも大切。実は厚生労働省が転職サイトを推薦してるんですね。

アドバイザーの質が高い転職サイトを使う

30代前後の男性に支持されている転職サイトのことです。

20代前半はまだ仕事のことがわかりません。興味で仕事を選ぶのもアリでしょう。

でも30代は違います…。

お悩みマン
転職に失敗したら人生に関わりますね…。
そうなんです。だから30代に支持されてる転職サイトは安心なんですね。
Ryota

当ブログでも特集しています。以下の記事をご覧ください。

▼優良求人サイトの見分け方▼

関連記事
転職サイトを見る女性
優良求人サイトの選び方について←基準は2つだけです

続きを見る

厚生労働省推薦の転職サイトを使う

職業紹介優良事業者を使いましょう。

厚生労働省が厳しい審査をして認定しています。利用者も多く安心して使えるんですよ。

でも、ほとんど知られてないんですよね…。残念すぎます。

34歳までならJAICを使いましょう。20代特化だったんですが、30代前半の求人も扱うようになりました。

全国区で使いやすいです。

▼JAICの紹介はこちら▼

関連記事
20代の転職ならジェイック
20代の転職エージェントは『JAIC』だけで良い【理由を解説】

続きを見る

まとめ:まともな会社は情報を集めれば見つかります

まともな会社が見つかる考え方は以下のとおりです。

  1. あなたにとっての理想を考える
  2. 業界を変える
  3. 待遇のうち何か1つを捨てる
  4. 安定しやすい会社を探す

完ぺきな求人を探すのはやめましょう。

岐阜の未来工業さんが『楽園企業』と言われてます。でも、求人が出ないんです…。

求人が出たとしても『あなたより優秀な人が狙う』に決まってますよね。それなら、ランクを下げるべき。

あなたにとっての理想の会社を見つけることが『まともな会社を見つけるコツ』ですよ。

 

以上、『【なぜ】まともな会社が見つからない。10年以上働ける仕事を見つける4つの考え方』という記事でした。

関連記事
会社の評判の調べ方
【便利】会社の評判は調べ方がある?ストレス度や給与明細の画像まで見つかる5つの方法

続きを見る

関連記事
転職サイトを見る女性
優良求人サイトの選び方について←基準は2つだけです

続きを見る

関連記事
副業の始め方
【副業の始め方】明日から自分でお金を稼ぐ5つの流れ【実践済み】

続きを見る

関連記事
20代の転職ならジェイック
20代の転職エージェントは『JAIC』だけで良い【理由を解説】

続きを見る

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルワーカー

Ryota@パラレルワーカー

メディア運営・作曲家・各種アドバイザー・講師のパラレルキャリア。東京サウンドプロダクション所属。 カメラマン・製薬工場など複数の仕事を経験した後、個人事業中心の働き方に切り替え。 HSPで刺激に弱い悩みを持ち、低ストレスで働き生計を立てることを追求。日本の働き方に疲れている方向けに『これからの働き方』について発信し続けている。 ■詳しいプロフィールはこちら

-仕事・働き方, 会社員

Copyright© Parallel Road , 2020 All Rights Reserved.