会社員+個人事業主の働き方をしている私と『副業』や『お金稼ぎ』『仕事との付き合い方』を学ぶブログです。

Parallel Road

お金と仕事の話

パラレルワークであなたの年収を2倍にする3つの働き方

更新日:

パラレルワークと年収タイトル画像

複数の仕事にたずさわっている、パラレルワーカーのRyota(@Blue_Rat_Web)です。

今回はパラレルワークで年収を増やす働き方についてお話します。

「正社員と別の仕事をして年収を倍ぐらいにしたい。」

「正社員+アルバイト勤務をしているけど、全く生活がラクにならない。」

そんなあなたにピッタリの内容になっています。

パラレルワークをするのは簡単。いくつか仕事を掛け持ちすれば良いだけだからです。

でも、パラレルワークで年収を増やして生活をラクにするのは別。

働き方を考えないと、あなたの時間はゼロになります。

今回は実際にパラレルワークで年収を2.5倍にした私がパラレルワークで年収を増やすための働き方を3つご紹介します。

 

これを見れば

「残業で給与を増やすって意味無いんだ。」

ということがお分かり頂けます。どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.パラレルワークで生活を楽にする3つの働き方について

パラレルワークの働き方タイトル画像

パラレルワークで年収が増えないのは働き方の分類ができていないためです。

ネズミくん
えっ?働き方の違いってあるの?
Ryota
例えば残業しても稼げる額に限界がありますよね。

働き方の分類は大きく3つに分けられます。

この3つを知ることがパラレルワークで年収を増やす方法を知る鍵になります。

①労働力を提供して対価を得る

  • 正社員
  • アルバイト
  • 派遣社員

のように時給で働くことが該当します。

あなたが汗水流して働いた労力を買い取ってもらう形になります。

②不労所得(別のことをしていても対価を得る)

  • アパート経営
  • ブログ運営(注:一部労働が入ります)
  • システム使用料

1度、土台を作ってしまえば常に収入が入り続ける内容のことです。

不動産やスマホアプリ、ブログ運営の広告料が該当します。

土台を作るまでに一部労働が必要なことがあります。

③既に持っている資産を活用して増やす

  • 投資信託
  • ロボアドバイザー(投資の一種になります。)
  • 仮想通貨投資

あなたが持っているお金を使ってお金を増やす方法です。

投資信託やロボアドバイザーのようにお金を預けて増やしていく方法と、余剰資金を仮想通貨で取引するような自分で運用する方法があります。

 

▼不労所得に関する記事はこちら▼

サラリーマンが月1万円の不労所得を作る3つの方法

2.パラレルワークで年収が増えない理由

パラレルワークでも年収が増えないタイトル画像

「正社員+アルバイトで働いているのに、年収が450万円にしかならない。土日も働いているのに・・・。」

それは『労働力を提供する仕事』に偏っているため。

人が提供できる労働力には限界があります。

例えば土日に6時間ずつ時給800円の仕事をするとします。

 

6時間×800円×52週×2(土日)=499,200円

 

あなたが正社員で年収400万円稼いでいたとして、アルバイトをプラスしてもおよそ年収450万円にしかなりません。

時給で働いている以上、稼げる額には上限があります。だから残業をどれだけ頑張っても年収はそんなに上がりません。

せいぜい100~150万円上がるかどうか。

 

大事なのは時給以外でお金を稼ぐ方法です。

それが不労所得+資産運用です。

ネズミくん
時給で働いている間に別でもお金を貰うってこと?
Ryota
そうですね。イメージ的には『労働力を提供している間にモノを売る』ことになります。

 

あなたが働いている間に、貯金箱の中身が増えていたらお得ですよね。この考えがパラレルワークでお金を得るコツ。

時給は1回限りの消費型の報酬。不労所得と資産運用は継続型の報酬です。

この2つを組み合わせないと年収は倍以上になりません。

3.正社員と相性の良い働き方

正社員と相性の良い働き方タイトル画像

では、実際に正社員にピッタリなパラレルワークをご紹介します。

Ryota
私は正社員勤務+作曲(クリエイティブ分野)+ブログ運営(広告料)+投資+ロボアドバイザーの5つをおこなっています。

①ブログ運営(広告料を得る)

ブログはもっとも簡単なパラレルワークです。

  1. 初期投資がほぼゼロなのにリターンの上限が無い
  2. 自宅で作業できる
  3. 1度作りこめば、ずっとお金が継続して入ってくる

在庫もゼロ。好きな時間に好きなだけ作業できる。

残業の少ない正社員勤務なら試すだけお得です。ただし、作りこむまでに徹底した勉強時間と労働量が必要です。

②資産運用

株や金を買うことで少しずつ資産を増やす方法です。

個人型確定拠出年金iDeCoを使って節税するのも年収アップ効果が期待できます。

  1. 金融商品についての勉強が必要
  2. リスクがある
  3. 長期積み立てが必須

ですが、全てをロボットに任せるロボアドバイザーサービスも登場しています。10年以上の長期積み立てなら高確率で資産が増やせます。

▼私も使っているロボアドバイザーの記事はこちら▼

【2018年】ウェルスナビを資産運用に100万円使った運用実績

③クリエイティブな作業

  • イラストレーター
  • WEBデザイン
  • 作曲

のようなクリエイティブな分野も継続した収入を得ることが可能です。

また、1つ当たりの金額を高く設定することで労働力に対する時給をアップさせることができます。消費的報酬・継続的報酬の両方が見込める作業なのでオススメです。

ただし、学校で勉強するなどのスキルアップが必要。

▼クリエイティブな仕事に関する記事も読まれています▼

クリエイティブな仕事で月収30万円稼ぐ『価値』の作り方

素材のダウンロード販売

音楽ならオリジナル曲をカラオケ配信させて印税を得ることができます。

ブロガー用・youtuber用にイラストや音楽素材を作成し、それを販売することで1つの作品から半永久的にお金を得ることも可能です。

デジタルアイテムのダウンロード販売を考えると継続的報酬につながります。

④クラウドソーシング

オンライン上で個人が個人に仕事を依頼する流れをクラウドソーシングと言います。

「在宅ワーク」

と思ってもらえれば大丈夫です。

必ずしも全てが在宅で可能ではありませんが、在宅系が多い印象です。

クラウドソーシングサービスに登録すると

  • 仕事の愚痴 500文字以上 50円
  • 私の曲を歌ってくれる女性ボーカル募集 1曲5,000~10,000円
  • ライター業務募集 1文字0.3円~ 継続して頂けるのなら1文字1円までアップします

のように、仕事内容と具体的な報酬を見ることができます。

消費的な仕事ではありますが、在宅でアルバイト以上の価格を稼ぐことが可能。

慣れた人ならクラウドソーシングだけで月15~20万円は稼げます。

各社無料で登録できますので、色んな仕事を見てみましょう。あなたのスキルが活かせる仕事が見つかれば、3,000円以上の時給を稼ぐことができます。

会員数が多ければ多いほど仕事が見つかりやすいため、大手に登録するのがコツ。

 

▼会員数100万人以上の大手クラウドソーシング▼

クラウドワークス

4.パラレルワークで年収を2倍にするために必要なこと

パラレルワークで年収を2倍にするタイトル画像

パラレルワークは仕事を増やしているのでお金が増えて当然です。

しかし、パラレルワークで年収を2倍・・・700万~1,000万円クラスにしたいならいくつかの条件があります。

  1. 残業が無い会社に勤める
  2. 1年間は休日を全て不労所得のための土台作りに費やす
  3. お金を稼ぐための投資をする(情報を買う)
  4. 貯金を寝かせない

の4つです。

パラレルワークはとにかく時間が無くなります。

正社員勤務で月の残業が40時間以上あると、それだけでヘトヘトになってしまいます。正社員勤務は残業が少ない会社を選びましょう。

ブログ運営等の不労所得を得るためには時間が必要です。1~2年間は休日無しで作業と勉強をするつもりで行動しましょう。

自己投資をすれば不労所得を得るための期間が短縮できます。情報にお金を使いましょう。

貯金してもお金は全く増えません。資産運用してお金を増やしましょう。

まとめ

Ryota
パラレルワークなら20代でも年収800万円程度なら達成可能です。

世間的に正社員勤務が常識になっています。

その常識を破った人から年収は爆発的に増えていきます。お金を稼ぎたいなら会社に使われるのではなく、会社を上手に使うことを考えてください。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota

Ryota@パラレルワーカー

会社員・ブログ運営・作曲家・ブランド開発を手がけています。東京サウンドプロダクション所属。WEBマーケティング業『Blue Rat Web』を立ち上げ、複数のメディアを運営しています。■詳しいプロフィールはこちら

1

「ブログでサラリーマンから抜け出して、毎日7時まで寝ていたい。」 「豊かな生活をしたくないけど、せめて不安な生活から脱出したい。」 何とかして今の生活を良くしたいとお悩みでは無いでしょうか。 &nbs ...

2

「不労所得が月10万円あったら人生ラクなのにな。」 と思いませんか? 当記事では資産をロボットに運用させる『ロボアドバイザー』で不労所得『月10万円』を目指します。 途中経過から、ロボアドバイザーの比 ...

-お金と仕事の話

Copyright© Parallel Road , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.