パラレルキャリア・兼業・会社員+副業で生きる情報発信サイトです。

Parallel Road

パラレルキャリア 仕事・働き方

パラレルワークにおすすめの働き方『身近な事例を元に3つ紹介』

パラレルワークにおすすめの働き方

「パラレルワークにおすすめの働き方を教えて欲しい。これからの時代の働き方だと思うし、実際にどういう人がどういう形で実践しているか知りたい。」

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めばパラレルワークのおすすめの働き方が分かります。

 

パラレルキャリアのRyotaです。新卒の時から会社員+音楽+Webマーケティングの3つで生計を立ててきました。(Webマーケティングは後から収益化しています。)

 

当記事の内容はこちら

  1. パラレルワークにおすすめの働き方『身近な事例を元に3つ紹介』
  2. パラレルワークする自信がない、頭が悪いから…と悩んでいるあなたへ

 

分かりやすいのが『工場+Webライター』ですね。時間管理しやすいので、コツコツと収入を増やすことができます。

でも、個人でフリーペーパーを立ち上げて広告主を探すなど『本格的なパラレルワーク』も可能です。仕事をバリバリするケースも考えられますよね。

どちらも「頭が良くないと難しそう…。」とか思うんですが、スポーツ系でもパラレルワークできるんですよ。私もWebマーケティングは知識ゼロからのスタートでした。

それぞれ詳しくお話していきますね。

スポンサーリンク

1.パラレルワークにおすすめの働き方『身近な事例を元に3つ紹介』

パラレルワークの具体例

パラレルワークの具体例

以下の3つです。

  1. 工場+在宅ワーク
  2. 歩合制の仕事+投資
  3. サービス業+個人サービス

『時間管理がしやすい・短期間で稼いで不労所得にする・スキルを活かす』の具体例になりますね。

以下のツイートも参考になります。

無理してパラレルワークする必要はないんですが、した方がいいケースもあります。

・スキルが身につかない仕事
・年齢と共にきつくなる仕事
・昇給5,000円未満の仕事

分かりやすいと工場ですよね。特注の機械が多いから、他社で通用しにくい。管理職にならないと体力がもたないです🤔選択肢を広げる

パラレルワークはお金だけじゃありません。スキル・キャリアにして将来的に別の選択肢を作ることもできます。

工場のようにキャリアになりにくい仕事をしているあなたのリスク分散にもなりますよ。

▼パラレルワークのメリット・デメリットについて先に知りたいならこちら▼

パラレルキャリアの全て
パラレルキャリアとは。メリット・デメリット・副業との違いを解説

続きを見る

① 工場+在宅ワーク

工場はパラレルワークと相性がいい

工場はパラレルワークと相性がいい

基本の生活費を工場で稼ぎ、在宅ワークで資産を増やします。

お悩みマン
工場と相性がいいんです?
そうなんです。工場の仕事って『他の工場だと通用しない』じゃないですか。給与もちょい低め。そのデメリットをパラレルワークで解消できます。
Ryota

工場の将来性って悪いです。

  • 設備が特注なので他社だとスキルが役立たない
  • 管理職にならないと体力が持たない
  • 自動化に失敗したら現場環境が悪くなる

自分で逃げ場を作らないといけません。

パラレルワークで『キャリアを作る・スキルをつける』ことができれば安心ですよね。

長期的に取り組む前提で『デザイン』『WEB関係』『ブログ運営』など、資産やスキルになる在宅ワークを選びましょう。

パラレルワークに必須な時間管理がしやすい

しかも工場は時間が分かりやすいです。出勤場所と時間が同じですからね。

在宅ワークなら『毎日1時間は必ず副業』という仕組みが作れます。ただし、シフト制勤務や残業の多い工場だと時間管理ができません。

低年収でもホワイトな工場に勤めることが必要です。

▼工場+在宅ワークの方法について詳しくはこちら▼

楽な仕事の工場
【転職】働きやすい工場の選び方『楽すぎな仕事を選んで自分で稼ごう』

続きを見る

② 歩合制の仕事+投資

歩合制の仕事をする男性

歩合制の仕事をする男性

保険や住宅メーカーの営業さんですね。激務で知られていますが給与は高いです。

お悩みマン
そんなに高いんです?
私がアパートを借りた時の担当さんは20代で年収800万くらいでした。寝る間もないし休みもないって言ってましたが…。
Ryota

歩合制って激務で悪いイメージじゃないですか。でも『稼げる人はとにかく稼げる』んですよ。

20代で2,000万ほど貯めてしまいます。それを投資に回しましょう。

短期間でお金を稼ぎやすい

若くして資産があれば得することだらけです。

  • 株の配当金で月々3万ほどの不労所得を作れる
  • 住宅ローンなど、各種ローンが最小限で済む

営業技術と投資の知識を利用して『勉強会を開く』『ブログを運営する』など幅を広げることもできますね。

▼不労所得の種類について詳しく知りたいならこちら▼

不労所得の種類について
不労所得の種類5つを紹介『できるだけ低リスクで簡単なものだけ』

続きを見る

③ サービス業+個人サービス

アロマやネイルは個人の仕事と相性がいい

アロマやネイルは個人の仕事と相性がいい

本業のスキルを活かしたパラレルワークをします。本業の横広げですね。

  • ネイリスト → 個人でもサロンを開く
  • セラピスト → 個人でも予約を取る
  • カウンセラー → オンラインでサービスをする

※会社独自のサービスの場合はコンプライアンス的にNGなこともあります。その点はご注意を。

最近はコワーキングスペースでも施術できるスペースがレンタルできます。予約に関しては『タイムチケット』など、スキルマーケットを利用できますよね。

お悩みマン
これは分かりやすいですね。
独立も検討できます。独立に失敗してもスキル的に正社員に戻りやすいのが強み。どちらにせよ、パラレルワークするメリットは多いです。
Ryota

欠点は『リスク分散になりにくい』こと。同じスキルですからね。

 

でも、どれも難しそうじゃないですか…。自信がなくなっちゃうのも分かります。そんなあなたに違うパラレルワークもご紹介しますね。

スポンサーリンク

2.パラレルワークする自信がない、頭が悪いから…と悩んでいるあなたへ

スポーツ大会で優勝するのも道の1つ

スポーツ大会で優勝するのも道の1つ

以下の3つです。

  1. スポーツで結果を出してスポンサーを得る
  2. 10年かけて1つのことを覚える
  3. 身体を使う副業をする

頭が悪くて悩んでるなら身体を使えばいいじゃない。後は長期的にやればいいじゃない、という考えです。実は私もこのパターン。

お悩みマン
Ryotaさんも結果を出すまで長かったんでしたっけ?
個人事業は6年かかりましたね…。私も一般常識のない凡人ですので。継続だけが強みでした。
Ryota

頭のいい人って行動する前に頭の中で負けちゃうんですよ。

副業はそもそも長期運営前提。だから少し鈍感な凡人の方が勝ちやすいんですよ。

① スポーツで結果を出してスポンサーを得る

スポーツで優勝する

スポーツで優勝する

有名なマラソン大会で優勝していればスポンサーがつきます。指名で『うちの会社にこないか』と大手企業から呼ばれる可能性もありますね。

お悩みマン
個人でもそんなチャンスがあるんです?!
もちろんありますよ。選手にスポンサーがつくスポーツで上位ならチャンスです。
Ryota

あなたの名前も知られますよね。SNSなどで発信力も出てきます。それを仕事につなげることもできますね。

賞金の出る大会で優勝を狙うのもあり

スポーツ大会を調べてみましょう。スポーツエントリーで簡単に検索できます。

優勝で5万円の賞金が出る大会があるとします。こういう大会に年に数回出場するだけでも大きな稼ぎですよね。

その道の第一人者になればインスタとかで物を売ることも可能です。知名度はパラレルワークの武器ですからね。

② 10年かけて1つのことを覚える

時間をかけて結果を出す

時間をかけて結果を出す

最初から長期運営前提で副業をします。年単位で考えましょう。

お悩みマン
コツコツやらないと…なんですね。
そうなんです。昇給と比べて下さいよ。1年で1万稼げるようになったら凄いですよね。
Ryota

多くの人が『夢を見すぎ』です。自分でお金を稼ぐって簡単なことじゃありません。

でも1年で月1万なら違います。努力で達成できるレベルです。

10年で月5万稼げれば将来が変わる

月5万稼げれば年収60万円。

あなたの年収が350万だったとしても、410万まで上がります。これなら平均額程度。暮らしもちょっとラクになりますよね。

本業と違い副業はあなたが自由に選べます。作業の積み重ねで結果の出る副業を選べば今後も収入が増え続けますよ。

▼凡人でも稼げる方法について詳しくはこちら▼

自分で稼ぐ時代の生き方
自分で稼ぐ時代の生き方/地方の凡人でも年収600万の力になる方法

続きを見る

③ 身体を使う副業をする

uber eatsで食事を届ける男性

uber eatsで食事を届ける男性

Wワークやuber eatsですね。

単純に本業+アルバイト(日雇い)でもパラレルワークです。雇用が2つなのでちょっと大変ですけどね…。

本業で生活費。アルバイトで自分の好きなことができます。好きなアーティストのライブを手伝うとか、そういう楽しさがありますね。

uber eatsも都内中心に人気の副業。することは『食事を受け取って届ける』です。大事なのは短時間で効率よく運ぶことだけ。体力勝負です。

こういう頭以外を使った戦い方でこれからの時代を生き抜きましょう。

まとめ:どこでも誰でもパラレルワークは可能です

パラレルワークは特別なことじゃありません。スキマ時間を利用すれば誰だって稼げます。問題なのは時間の作り方ですよね。

まずは以下の3つの例を考えましょう。

  1. 工場+在宅ワーク
  2. 歩合制の仕事+投資
  3. サービス業+個人サービス

とても本業が忙しくてパラレルワークできないなら、転職して『時間を作ること』からスタートします。

後はあなたにあった内容を選ぶのも大事です。頭を使うのが苦手なら身体を使った仕事を探します。稼ぐ方法を身につけて将来の不安に備えましょう。

 

以上、『パラレルワークにおすすめの働き方『身近な事例を元に3つ紹介』』という記事でした。

 

 

人気記事 パラレルキャリア向けの求人サイト・仕事を探せる方法まとめ『15選』

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルワーカー

Ryota@パラレルワーカー

会社員・メディア運営・作曲家のパラレルキャリア。東京サウンドプロダクション所属。 カメラマン・製薬工場など複数の仕事を経験した後、個人事業中心の働き方に切り替え。 HSPで刺激に弱い悩みを持ち、低ストレスで働き生計を立てることを追求。日本の働き方に疲れている方向けに『これからの働き方』について発信し続けている。 ■詳しいプロフィールはこちら

-パラレルキャリア, 仕事・働き方

Copyright© Parallel Road , 2019 All Rights Reserved.