仕事・働き方の話

働きたくても働けない、あなたでも挑戦しやすい3つのこと『在宅』

働きたくても働けない

「働きたくても働けない…。どうしても人と会わなくて普通の仕事ができない。3ヶ月くらいで精神的に追い詰められちゃって退職してしまう。もう職歴も空白ができちゃった。どうしたらいいんだろう。」

という悩みにお答えします。

 

パラレルキャリアのRyotaです。HSPを持っており、普通の職場に勤めると心身ともに消耗してしまいます。これまでに4回以上転職しており、3ヶ月未満で退職したケースが2回あります。

 

当記事の内容はこちら

  1. 働きたくても働けない、あなたでも挑戦しやすい3つのこと
  2. 働きたくても働けない時は自分のペースで挑戦すること
  3. 1人になった時に食べていける方法だけを考えよう

 

仕事で心が病んでしまって心療内科で治療した経験もあります。そんな私なのでお伝えできることがあります。

パラレルキャリアとして様々な仕事をしてきました。その中からチャレンジしやすいものをお伝えしますので、知識に加えて頂ければ嬉しいです。

どうぞご覧ください。

SPONSORED LINK

1.働きたくても働けない、あなたでも挑戦しやすい3つのこと

在宅ワークをしている女性

在宅ワークをしている女性

以下の3つです。かなり具体的な内容になってます。

  1. Webライターのタスク案件
  2. 写真の自動販売
  3. 個人でブログ、メディア運営

働きたくても働けないのには原因がありますよね。

  • 怪我、病気
  • 心の問題(トラウマや対人関係など)
  • 親の介護
  • 職歴が悪く、どこも雇ってもらえない

そこで『社会との接点』や『お金を稼ぐ取り組みを知る』ことからスタートします。自分で月3万円くらい稼げるようになると自信が出てきます。

この事業が成功すればフリーランスとして食べていくことも可能。一応職歴にもできます。

しかも全部在宅です。対人関係はほぼゼロ。

社会復帰のリハビリ的にお試しください。どれもあなたのペースで進められることばかりです。
Ryota

① Webライターのタスク案件

クラウドソーシングタスク案件

クラウドソーシングタスク案件

クラウドソーシングに登録。タスク案件でソートして仕事をします。

タスク案件とは、

『クラウドソーシング内で完結する仕事』

です。

  • 1,000文字で○○について書いてください。500円。
  • 好きなように日記を書いてください。43円

上記のとおり。かなり単価は安いものの、人と会う必要がゼロ。1記事書くのに120分という制限があります。慣れてこれば15分で200円の案件はこなせますよ。

クラウドソーシングの登録方法については、私が運営している『フリーランスロード』という別ブログで一から解説しています。以下ご覧ください。

 

時給400~500円は達成可能です

慣れない頃は1記事2,000文字書くのに1時間かかります。2,000文字のタスク案件なら400円ほど。時給400円の仕事ですね。

お悩みマン
たったの400円!?
でも1日6時間書けば日給2,400円。22日で52,800円です。実績にもなるので、将来的に単価の高い仕事につながる可能性があります。しかも在宅。
Ryota

1円も稼げてないと不安じゃないですか。「お前、何してるの?」って家族とか友人から言われるのつらいですよね。それが解決します。

② 写真の自動販売

写真ACの写真販売説明

写真ACの写真販売説明

写真を投稿。それを誰かがダウンロードするとお金の入るシステムです。

写真ACというところが大手ですね。

こちら 写真AC

お悩みマン
誰が使うんです?
当ブログみたいに、ブログ・メディア運営している人が使いますよ。写真AC誰もが知ってるので利用者もたくさん。
Ryota

ここであなたに朗報があります。私たちが求めているのはプロが撮影した写真ばかりじゃないんです。

  • 観光地の風景
  • あなたの地元の風景
  • 10円ハゲの写真
  • 散らかった部屋

なども需要があります。1日に10枚ほど投稿し続けましょう。そのうち使われやすい写真が分かってきます。トップクラスの人だと1ヶ月で『20万ほど』稼いでます。

 

外へ出る目的も作れます

写真を撮るために外出しないとですよね。人と会うのが怖くて外に出れない日々が続いてると思います。でも目的があると外出できますよ。

月2万ほど稼げれば『またひよっ子だけど写真で稼いでる』とも言えますし。対人関係ゼロ。あなたのしたい時に好きなだけ働けます。お試しください。

なお、カメラは何でもいいですが…。私は富士フイルムのX100Fをおすすめします。コンパクトなのに一眼レフレベルの写真が撮影できて使いやすいです。

10万円しますが仕事道具なので選択肢の1つにどうぞ。経費にもできます。

③ 個人でブログ、メディア運営

アフィリエイトブログを書いている女性

アフィリエイトブログを書いている女性

ブログを立ち上げて記事を執筆。広告を掲載してお金を稼ぎます。

難易度は高いものの、長期運営前提なら月5~10万を狙えます。1度稼げるようになればしばらく放置していてもお金が入ってくるのも魅力。(もちろん徐々に下がりますが。)

記事を書くことでライティングスキルが上達します。先ほどおお話した『Webライター』の仕事もサクサク進むようになりますね。

 

1年後に月3万稼げることを目指します

とはいえ、日記のような記事を書いても人は来ません。人が読みたくなる役立つ記事を最低でも100以上書かないとダメ。時間は必要です。

以下、ブログ運営の始め方や稼ぎ方に関する内容です。知識を得るのはタダなのでお読みください。

ブログの収益化について
ブログを収益化する仕組みと5つの収益モデルについて『まだ稼げる』

続きを見る

アフィリエイトブログを構築中
ワードプレスでアフィリエイトを始める初心者向け手順【真似で完成】

続きを見る

 

孤独やネガティブな気持ちの発散も可能です

ブログってお金以外のメリットが大きいです。

働きたくても働けないと社会との接点がなくなります。友人や家族とも会話できなくなり、不安や焦りで疲れます。逃げるように『ゲーム』に没頭しますよね。

でもブログを通じて考えや思いが発信できます。似た境遇から脱出した人とも出会えるでしょう。

15年間の道すじ
ブログをする5つのメリット"ブログ歴15年の私が伝えたい良さ"

続きを見る

SPONSORED LINK

2.働きたくても働けない時は自分のペースで挑戦すること

人生の先は長い

人生の先は長い

焦って就職しても続きません。

ニート → 営業マンになっても結果が出ない

心が弱い → 工場に勤めてもミス連発で耐えられない

病気による影響 → 8時間労働が難しいかも

上記のとおり。

日本だと正社員じゃないと『人じゃない』みたいに扱われます。焦っちゃいますよね。でも続かなかったら一緒です。早期退職を連発すると二度と正社員に戻れなくなります。

働けない原因が解決した時には社会的孤立している

例えばうつ病や自律神経失調症から復帰したとします。

2年間働いてないと社会に戻りにくいですよね。空白期間があるので履歴書で落とされます。家族や友人に相談しても明確な答えは得られません。

社会的に孤立してますます社会に戻れなくなります。

そこで『社会に戻るリハビリ』をします。既にお話したような『個人で稼ぐ努力』や支援制度の利用です。

 

34歳までなら支援制度の利用も可能

ジョブカフェ | 全国で展開している厚生労働省のサービスです。34歳未満なら社会復帰を支援してくれます。カウンセリングはもちろん、職業紹介までしてくれますよ。

 

サポステというサービスもあります。こちらは2014年に問題を提示した記事が話題になりました。

大手ダイヤモンドオンラインの記事ですし、ウソは書けないと思います。というわけで、当ブログではあまりお勧めしません。

無理に正社員を考えなくても生きていける

フォークリフト作業員

フォークリフト作業員

正社員勤務は長い労働時間+重い責任があります。

仕事のできない正社員だと45歳でリストラされる危険もあります。NECや富士通など大手各社でリストラが相次ぎました。

思い切ってフルタイムのパート+個人事業で食べていくことも考えましょう。私はこのスタイルです。

  • 正社員ほどは責任が重くない
  • 労働時間が短い
  • 足りないお金は個人の時間で稼ぐことができる

心の弱い人におすすめです。パートだと『倉庫整理だけ』のように、対人関係が少ない仕事も見つかります。

HSPで働けないあなたへ

会社員から独立した男性

会社員から独立した男性

会社勤めとのバランスを取りましょう。

HSPは決して能力が低いわけじゃありません。ただ、人と接したり、人から意見を言われると疲れきってしまうんです。

お悩みマン
そうなんです。正社員勤務したくても怖くてできない…。
それなら、これからの働き方をしましょう。
Ryota
  • 一部リモートの仕事を探す
  • アルバイト+個人で月10万を稼いで暮らす
  • 資産になる仕事を積み重ねる

例えばIT/WEB系の仕事なら一部リモート枠を用意してくれてる会社が多いです。裁量性労働でも仕事とプライベートのバランスが取りやすいですよね。

以下の2記事があなたの働き方の参考になります。ぜひご覧ください。

これからの働き方について
これからの働き方とは『10年パラレルキャリアの私が教える5つのこと』

続きを見る

在宅勤務のメリットとデメリット
在宅勤務のメリットとデメリット『会社・社員それぞれの視点から解説』

続きを見る

3.1人になった時に食べていける方法だけを考えよう

海外のお金

食べていけるだけのお金

働けなくて部屋に閉じこもっていても、いつかは部屋から出て行かないとダメです。

親もいつかいなくなります。その時に「どうしよう…。」と思うのは遅いです。もう正社員にはなれませんし、手に職もありません。

その前に少額を稼ぐ方法を身に付けましょう。少額を稼ぐのなら負担が少ないです。働けない…と感じていても、少しは働けるチャンスがあります。

月に15万円あれば食べていくことは可能

あなた1人が食べていくだけなら月15万円で可能です。

※生活保護の場合、21~40歳だと最低で10,3240円受給されます。この額が日本で食べていける最低ラインだと考えられます。

3年間写真の自動販売を続けて『月3万円稼げる仕組み』を作ったとします。残りは12万円。同時にブログを書き続けて『月3万円稼げる』とします。残りは9万円。

9万円なら時給1,000円の仕事を月に90時間。1日4時間ペースで働くだけです。これなら無理なく働くことも可能でしょう。

 

価値観の違う人と接する機会は減らすべき

悲しいですが、あなたのことを否定する人とは距離をおきましょう。

お金と人間関係って切っても切れないものです。あなたのことをバカにすることで自尊心を保とうとする人がほとんど。逆に社長さんとかフリーランスの人と話した方が気が合いますよ。

コワーキングスペースでも行けば相談に乗ってくれる人多いと思います。

まとめ:1日1時間でもいいので働き始めましょう

働きたいのに働けない人に仕事を進めるのも少し矛盾してますが…。やはり働かないと社会から取り残されます。

8時間働くのは無理でも在宅で2時間なら可能かもしれません。無理のない範囲内で少しずつ仕事をしましょう。それが自分を保つコツであり、将来的にお金を稼げる方法になります。

 

以上、「働きたくても働けない、あなたでも挑戦しやすい3つのこと『在宅』」という記事でした。

 

 

人気記事 20代におすすめの転職エージェントは3社だけ【複数登録は疑問】

人気記事 35歳でも仕事が見つかる転職エージェント3選【未経験もギリギリOK】

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルワーカー

Ryota@パラレルワーカー

会社員・メディア運営・作曲家のパラレルキャリア。東京サウンドプロダクション所属。 カメラマン・製薬工場など複数の仕事を経験した後、個人事業中心の働き方に切り替え。 HSPで刺激に弱い悩みを持ち、低ストレスで働き生計を立てることを追求。日本の働き方に疲れている方向けに『これからの働き方』について発信し続けている。 ■詳しいプロフィールはこちら

-仕事・働き方の話

Copyright© Parallel Road , 2019 All Rights Reserved.