仕事・働き方の話 会社員

ワーキングプアの実態を暴露!年収180万だった私が原因と対策を紹介

ワーキングプアの実態について

「ワーキングプアの実態ってどんな感じなんだろう。もしかして私もワーキングプアになっちゃってる?原因とか、対策・脱出法も一緒に知りたい…。」

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めばワーキングプアの実態と原因。対処法が分かります

 

パラレルキャリアのRyotaです。新卒の頃に早朝~深夜勤務で残業代ゼロでした。基本給は18万だったものの、その年度の後半は身体が持たなかったため退職。『年収180万』でした。

 

当記事の内容はこちら

  1. ワーキングプアの実態『年収180万の生活や苦しみ』
  2. ワーキングプアの原因について。実体験から解説
  3. ワーキングプアから脱出する2つの方法

 

時給が400円とかなら働いても生活がラクになりませんよね。プライベートの時間も全て仕事に取られてしまったため、恋愛など多くのことが犠牲になりました。

原因はサービス残業のような『給料が出ない長時間勤務』です。

脱出するためには別業界へ転職するか、個人の時間を利用して自分で稼ぐしかないです。

それぞれ詳しく解説しますね。

SPONSORED LINK

1.ワーキングプアの実態『年収180万の生活や苦しみ』

ワーキングプアの実態を経験から紹介

ワーキングプアの実態を経験から紹介

単純に『働いているのに生活がつらい』です。

当然ながら贅沢をしているわけじゃありません。私は以下の状況なのにお金が貯まりませんでした。

  • 乗用車1台(スイフト)
  • 実家住まい、家にはお金を入れている
  • 奨学金の支払いが1.5万円
  • 個人の保険には入っていない

当時はブライダルカメラマン勤務でした。

以下のツイートも参考になります。

新卒の頃って社会に対して疑問を持ってませんでした。

朝6:30~夜0時まで勤務。残業代はゼロで基本給18万。

それでも頑張れば何とかなるって信じてたんですが、身体がもたなかったんですよね。

『時給で計算するべきだった』と感じてます。やっぱり時間とお金のバランスで仕事を選ぶの大事です。

頑張れば報われる、生活がラクになるとか思ってたんですよね。それが間違いだったんです。

① 平日はほぼ会社で仕事をするだけ

ワーキングプアの生活について

ワーキングプアの生活について

労働時間的に平日は常に会社にいました。

お悩みマン
朝6:30~夜0時はヤバくないです?
忙しい時は普通にありましたね…。忙しくない時でも1日14時間は働いてました。
Ryota

家に帰ったら風呂に入って寝るだけ。十分な睡眠時間は確保できてません。それでも時給換算で400~500円ほど。生活は苦しかったんです。

お金がないから時間があったとしても何もできなかったです。スポーツジムに通うとか、スタバでコーヒーを買って帰るとか…夢の生活でしたね。

働いてもお金にならない。車を買ったら10年終わり

私の先輩はどうしても欲しかった新車をローンで買ってました。そのローンを払うためだけに生きているとボヤいてましたね。

実際、月に2万をローンで圧迫されたら何もできません。先輩は髪もボサボサ。頬もこけて食事を満足に取れていない雰囲気がありました。

② プライベートの多くが犠牲になる

ワーキングプアのプライベートについて

ワーキングプアのプライベートについて

お金がないので友人らと遊びにいけません。

回転寿司にいってもお腹一杯食べれないんですよね。後で菓子パンを買って空腹を満たしていたら「それはどうなの。」と叱られた経験があります。

しかし、そのくらい極貧なんです。最低限の生活ができるお金ではないので…。

お金が貯まらないので恋愛もギクシャクします。私はこれで婚期を逃しました。当時の彼女とケンカが増え、結果的に婚約破棄となりました。

 

でも、このようなワーキングプアになる原因って単純なんです。働き方じゃなくて『時給』なんですよ。

SPONSORED LINK

2.ワーキングプアの原因について。実体験から解説

ワーキングプアの原因について

ワーキングプアの原因について

時給が低いことです。

時給が低い原因が給料が出ない長時間勤務。サービス残業や持ち帰りの仕事ですね。

お悩みマン
派遣だからワーキングプア。とかじゃないんですね。
時給1,800円くらいなら普通の生活できますからね。時間が確保できれば対処も可能ですし。だから時給500円とかで働いちゃダメなんですよ。
Ryota

原因:給料が出ない長時間勤務

深夜残業からの帰宅途中

深夜残業からの帰宅途中

以下のとおりです。

  • サービス残業(基本給に残業代含む)
  • 仕事を持ち帰る
  • 休日や労働時間外に会社のイベント・勉強会
  • タイムカードが30分刻み

給料が出ないのに仕事をしていたら時給が減り続けますよね。

時給1,800円で8時間働くと1日14,400円の収入です。もしサービス残業が6時間あって14時間勤務なら時給1,028円まで下がります。

同じ14,400円でも後者は時間に余裕がありません。ワーキングプアになりやすいと言えます。

タイムカードの管理も問題。自己申告制なら勝手に改ざんされている可能性があります。30分刻みなら、毎日数十分のサービス残業をしているのと一緒。もったいないです。

▼仕事の割り振りでもワーキングプアになります▼

書類の山
仕事の割り振りがおかしいのは危険。時給であなたが損をする話

続きを見る

給料を時給で計算して1,000円以下なら要注意

全国の最低賃金時間額を見てください。

 

あなたの時給があなたの働いている都道府県の最低賃金以下ならワーキングプアになります。

ボーダーラインは1,000円だと思ってください。1,000円以下で正社員を続けるくらいなら、コストコなどの高時給(1,500円ほど)で働いた方が得しますよ。

後はボーナスや手当・自爆営業などで状況が変わります。無理に給料以上の仕事をするなってことですね。

▼給料以上の仕事をしない考え方についてはこちら▼

給料以上の仕事はしない
給料以上の仕事はしないという考え方は正しい?実践方法を解説

続きを見る

3.ワーキングプアから脱出する2つの方法

ワーキングプアの脱出方法について

ワーキングプアの脱出方法について

以下の2つです。

  1. 他の業界へ転職する
  2. 時間を使って自力で稼ぐ

ワーキングプアって業界と会社選びでほぼ決まっちゃうんですよ。

お悩みマン
そうなんです…?
例えばサービス業。給料が低くて年間休日が少ないです。この時点で時給が低くなりますよね。
Ryota

後はサービス残業など労働者に不利な取り決めのある会社を選ばないことです。

年収が低めでも時間があれば自分で解決することも可能。私も7年ほどかけてコツコツと自力で普通の生活ができるレベルまで収入を増やしました。

① 他の業界へ転職する

ホワイトな会社もブラック化する

ホワイトになるかブラックになるかあなた次第

普通に給料がもらえて休みのある業界・会社に転職しましょう。

休みの数はメーカーや工場が断然多いです。私の勤めていた工場も年間休日126日でした。ただしどの業界も『ブラック』な会社が存在します。

ブラック企業はあなたを安い賃金で使う潰そうとします。入るだけ無駄なので避けましょう。

仕事は業界で休みの数と給料が決まってしまう

例えば以下の業界は避けるべきです。

  • 飲食
  • 住宅メーカー
  • レジャーなどのサービス系
  • 介護

社員数が50名未満の会社も注意。労働力不足のため、有給が取得できません。残業も多いです。

ブラック企業に関しては『離職率の低い会社』に勤めれば避けられます。離職率の低い会社は厚生労働省が認定している職業紹介優良事業者で見つかります。

※あなたが20代ならJAICを使いましょう。全求人先を査察していて、最初からブラック率の高い業界の求人もお断りしてます。詳しくは以下をどうぞ。

20代の転職ならジェイック
20代の転職エージェントは『JAIC』だけで良い【理由を解説】

続きを見る

② 時間を使って自力で稼ぐ

コワーキングスペースで副業をしている男性

コワーキングスペースで副業をしている男性

給料が低いなら副業をして稼ぎましょう。

お悩みマン
でも、副業なんて難しいんじゃないです?
副業が解禁されましたし、時代についていかないと普通の生活ってできません。昇給が低すぎるので徐々にワーキングプアになりますよ。
Ryota

例えば22歳で手取り16万なら普通に暮らせますよね。でも30歳で手取り20万ならどうでしょう。結婚など人生のイベントを控えており、とてもこの稼ぎじゃ暮らせません。

昇給が5,000円未満の会社だと将来的にワーキングプアになります。

だから1年で月5,000円でいいから副業で昇給するのがポイント。このくらいなら努力で達成できそうじゃないですか。

どの副業だって稼げるんですよ。大事なのは時間を作ることと長期的に取り組んで『コツ』を知ることです。

ただ給料が安いだけなら何とかなる

私のようにお金もないし時間もないとワーキングプアのままです。でも、時間があるのなら努力次第でワーキングプアを脱出できます。

私はブログ・メディア運営を7年続けて、個人事業だけで月100万円の収入も達成しました。仕事以外の時間はほぼ個人事業に費やしましたね。それでも会社でヘトヘトになるよりは生きがいがありましたよ。

自力でお金を稼ぐ方法について

副業の種類を以下の記事でまとめています。あなたの『得意なもの』を選んで始めましょう。

副業の種類について
副業の種類を5つの分類で紹介 | おすすめな22の仕事を徹底解説

続きを見る

副業の始め方
【副業の始め方】明日から自分でお金を稼ぐ5つの流れ【実践済み】

続きを見る

まとめ:ワーキングプアからは即座に脱出しましょう

会社と家の往復だけになると会社の発言に洗脳されてきます。それ以外の情報がシャットアウトされるからです。

ワーキングプアからは脱出すべき。大事なあなたの時間を失っていますからね…。このままだと仕事とプライベートのバランスであるワークライフバランスも崩れます。

私のようにボロボロになって何もかも失う前に、以下の方法でワーキングぷらから脱出しましょう。

  1. 他の業界へ転職する
  2. 時間を使って自力で稼ぐ

 

以上、『ワーキングプアの実態を暴露!年収180万だった私が原因と対策を紹介』という記事でした。

 

 

人気記事 20代におすすめの転職エージェントは3社だけ【複数登録は疑問】

人気記事 35歳でも仕事が見つかる転職エージェント3選【未経験もギリギリOK】

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルワーカー

Ryota@パラレルワーカー

会社員・メディア運営・作曲家のパラレルキャリア。東京サウンドプロダクション所属。婚約破棄されたりパワハラで退職したりしましたが元気です。■詳しいプロフィールはこちら

-仕事・働き方の話, 会社員

Copyright© Parallel Road , 2019 All Rights Reserved.