会社員+個人事業主の働き方をしている私と『副業』や『お金稼ぎ』『仕事との付き合い方』を学ぶブログです。

Parallel Road

お金と仕事の話 カメラマン

【簡単】ブライダルカメラマンを副業にする3つの手順

投稿日:

撮影に使うカメラのレンズ

「副業で月3万円くらい稼ぎたいんだけど、ブライダルカメラマンってどうなのかな。カメラも好きだし、人を笑顔にする仕事だから楽しそう。経験者から詳しく聞きたい。」

という疑問にお答えします。

 

元ブライダルカメラマンのRyota(@Blue_Rat_Web)です。

会社員+個人事業主の働き方をしており、副業としてブライダル撮影を経験しています。その経験から副業として結婚式撮影をする手順、機材の選び方や必要スキルなどを詳しく解説します。

 

当記事の内容はこちら

  1. ブライダルカメラマンを副業にする3つの手順
  2. 副業での結婚式撮影に必要なスキル
  3. 結婚式撮影で必須な機材選びについて

 

正社員としてのブライダルカメラマンは激務ですが、副業だと『良い仕事だけ』ができます。

参考 ブライダルカメラマンの仕事はきつい『独立+フリーランス前提にすべき』

(現在は広告業の中でカメラ撮影をしています。)

時給も1,300~2,000円と高額なので悪くありません。お勧めですよ。

SPONSORED LINK

1.ブライダルカメラマンを副業にする3つの手順

ブライダルカメラマンの面接をする男性

専門カメラマンスタッフがいない結婚式場があります。外注するか新郎新婦が誰かに頼む流れになるのですが、そこで『副業カメラマン』の出番になります。

 

ブライダルカメラマンを副業にする手順は以下の3つです。

  1. クラウドソーシングで引き受ける
  2. 写真館のアルバイトとして引き受ける
  3. コネやブログ・SNSを通じて個人的に引き受ける

 

手順① クラウドソーシングで引き受ける

個人が個人に仕事を依頼する『クラウドソーシング』でブライダルカメラマンの仕事があります。

新郎新婦が個人的に依頼を出していたり、どうしても人手の足りない写真館が単発アルバイト的に依頼を出しています。

いつも仕事がある訳では無いので常にチェックしておきましょう。

あなたの自宅近くの式場で募集されていたらラッキーです。

大手のクラウドソーシングが『CrowdWorks』です。撮影の仕事もたくさんありますのでご確認下さい。

>> 『CrowdWorks

ブライダル撮影の経験がある方・機材を持っている方だとアルバイトに比べて高額な案件があります。1件で3万円以上も狙えますのでお勧め。

手順② 写真館のアルバイトとして引き受ける

写真館がアルバイトカメラマンを募集しています。

時給は1,300円~。日給計算で手当が出る会社もあります。

写真館アルバイトの良い点は『スキルが身に付くまでサブカメラマンとして勉強できること』。

結婚式撮影はコツがあります。どういう写真を撮影すべきか。立ち位置はどうすべきか。どこで撤収すれば良いのか。

そういう技術を1から獲得できます。未経験のブライダルカメラマン希望者にお勧め。

手順③ コネやブログ・SNSを通じて個人的に引き受ける

友人の結婚式やブログ・ツイッターを経由しての依頼で引き受けることもできます。(私はコレです。)

クラウドソーシングや写真館と違って『中間搾取』が無いのが強み。

新郎新婦からすれば『格安』で依頼でき、私たちからすれば『高額』で引き受けられます。

ただし、個人のブランディングが必須

写真館のアルバイトやクラウドソーシングで実績を作ってから募集すべきです。

2.副業での結婚式撮影に必要なスキル

結婚式のメインキャンドル

「写真撮影が上手だって言われてるから結婚式撮影も副業にできる自信がある。」

と考えてブライダルカメラマンになると失敗します。

結婚式の写真撮影には『コツ』があるからです。逆にこのコツやスキルを身につけてしまえば未経験者でも3日間で現場に立てます。

 

以下の4つのことが結婚式撮影に必要な技術です。

  1. 結婚式の段取りに応じた事前準備
  2. 新郎新婦に『お勧め撮影』を提案する
  3. 加工しやすい写真撮影をする
  4. 積極的にゲストとコミュニケーションを取る

 

※結婚式撮影での服装はブライダルカメラマンの服装とは?選び方を解説【ユニクロでOK】をご覧下さい。

スキル① 結婚式の段取りに応じた事前準備

結婚式撮影は事前準備で決まります。

  • 室内なのか室外なのか
  • キャンドルサービスのように真っ暗になる余興があるか
  • 人数はどのくらいか
  • カメラは1台で良いのか。シーンに応じて2台で切り替えるのか

 

ここが重要

ウェディングプランナーとも打ち合わせて、結婚式の段取り一覧表ももらうべきです。

新郎新婦が何をするのか。どういう順序なのかを知っておくだけで『先回りして準備』ができます。

スキル② 新郎新婦に『お勧め撮影』を提案する

新郎新婦は『どんな写真が良いのか』が分かりません。それを打ち合わせして提案するのもあなたの仕事です。

 

スポーツで出会った2人ならスポーツを使った余興をします。なので、そういうシーンを広角で分かりやすく撮影する。みたいなイメージですね。

 

これだけは撮影して欲しい!という意見を聞くのも大事。それが責任重大な仕事になるからです。

打ち合わせがしっかりしていると新郎新婦の満足度も高い仕上がりになります。

スキル③ 加工しやすい写真撮影をする

結婚式の写真ってほとんどが『アップ』で撮影されます。これは間違いです。

結婚式撮影は失敗が許されません。何があっても『後で加工できるよう』な写真撮影が求められます。基本は広角。引きで撮影します。

引きで撮影してまわりの風景も入れておかないと結婚式撮影っぽくありません。新郎新婦がゲストのまわりを歩いているのなら、ゲストも一緒に撮影すべきです。

スキル④ 積極的にゲストとコミュニケーションを取る

カメラマンはゲストとコミュニケーションを取って、カメラ目線の写真をどんどん撮影すべきです。

人がいる以上、その写真の主役は『人』。

どんな格好良い写真も笑顔の新郎新婦・ゲストの写真には適いません。

全てのゲストの笑顔を撮影する覚悟で撮影して「やっとまともな結婚式の写真になるレベル」と思って下さい。

特に新郎新婦がお色直しをしている時間のゲストの写真は喜ばれます。ゲストが何をしているか新郎新婦には分かりませんからね。

3.結婚式撮影で必須な機材選びについて

写真の良し悪しは機材で選びます。機材さえ良ければそれなりの写真が撮影できちゃいます。

写真館は『1台50万円・レンズ20万円』の機材を使います。初心者でも明るくてブレにくい写真が撮影できます。

なので結婚式撮影は機材選びが重要です。

私が撮影していた当初はNikonのD5300を使っていました。

D5300

エントリーモデルですがレンズ次第では十分な撮影ができました。ただし、今ならフルサイズのセンサーを持ったものをお勧めします。

これから結婚式撮影をメインにするあなたは以下の2点を参考にして下さい。

  1. フルサイズのセンサーを持ったカメラ本体
  2. できるだけF値の低いレンズ(広角)

 

機材選び① フルサイズのセンサーを持ったカメラ本体

プロっぽい描写力はセンサーサイズで決まります。背景のボケもキレイになるので、撮影したいものをハッキリ浮かび上がらせることができます。

フルサイズのカメラ本体も15万円を切る販売価格になりました。最初の購入しておくと撮影がラクになります。

メーカーはCanonかNikonのどちらか。それ以外のメーカーカメラを使っている写真館はほとんどありません。

 

CanonならEOS 6D Mark IIがお勧めです。

常用最高ISO感度40000。さすがに40000は使えないと思いますが、12800なら使えるレベル。フラッシュ無し撮影の幅が広がります。

キャンドルサービスがキレイに撮影できますね。

 

NikonならD750がお勧めです。

小柄で耐久性が高いため、ガンガン副業をしたいあなたにお勧め。結婚式の最中ってカメラをぶつけることも多いんですよ。

軽いので疲れにくいのも嬉しいです。

機材選び② できるだけF値の低いレンズ(広角)

望遠よりは広角を持っていた方が便利です。(集合写真とか撮影できませんからね。)

F値が高いと暗くなってしまうので、F値2.8以下で撮影できるものをお勧めします。

 

ちなみにプロ定番のレンズがこれ。

1つあれば結婚式の撮影が全てできちゃう優れもの。ただ高いです。

 

とにかく価格を安くしたいならこちらがお勧め。

ちょっとAFが遅めですが入門モデルとしては最適。外の撮影は十分使えます。

持っておくと便利なアイテム

  • 予備のバッテリー
  • 乾電池
  • スピードライト
  • カメラバッグ

の4つは絶対必要。

特に予備バッテリーとスピードライトは必須です。

結婚式はほとんど室内撮影になります。スピードライトを上に向けて天井に光を当てる撮影技術は必須。室外の太陽みたいな効果が得られるので、初心者でも簡単にキレイな写真が撮影できます。

 

NikonならSB-300がお勧め。ちょっと光量が弱めですけど、ISO感度の調整で対応できます。

 

Canonなら270EX IIがお勧め。パッと見はライトを上にできなさそうですけど、ちゃんとできます。

まとめ

結婚式は価格が高いので節約として個人カメラマンの需要が高まっています。

サラリーマンが土日だけブライダルカメラマンをするケースって多いんですよ。1日3~4時間で1万円近い収入になります。

写真を副業にしたいあなたは結婚式撮影をご検討下さい。

 

以上、「【簡単】ブライダルカメラマンを副業にする3つの手順」という記事でした。

 

カメラマン以外のサラリーマンの副業記事がこちらです。あわせてご覧下さい。

副業をするサラリーマン
サラリーマンが月3万円を半年で稼げる3つの副業『しかも身近な方法』

「お小遣いくらい稼げる副業って無いかな・・・。でも、副業って難しそうだし。身近な方法+土日だけでできることって無いの?具体的なのを教えて。」 という贅沢な疑問にお答えします。   パラレルワ ...

続きを見る

サラリーマンが月1万円の不労所得を作る3つの方法

パラレルワーカーのRyota(@Blue_Rat_Web)です。 今回は『月1万円の不労所得を作る方法』をお話します。   「あと、給料が月に1万円増えたら生活がラクなのになぁ・・・。」 「 ...

続きを見る

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota

Ryota@パラレルワーカー

会社員・ブログ運営・作曲家・ブランド開発を手がけています。東京サウンドプロダクション所属。WEBマーケティング業『Blue Rat Web』を立ち上げ、複数のメディアを運営しています。■詳しいプロフィールはこちら

1

「ブログでサラリーマンから抜け出して、毎日7時まで寝ていたい。」 「豊かな生活をしたくないけど、せめて不安な生活から脱出したい。」 何とかして今の生活を良くしたいとお悩みでは無いでしょうか。 &nbs ...

2

「不労所得が月10万円あったら人生ラクなのにな。」 と思いませんか? 当記事では資産をロボットに運用させる『ロボアドバイザー』で不労所得『月10万円』を目指します。 途中経過から、ロボアドバイザーの比 ...

-お金と仕事の話, カメラマン

Copyright© Parallel Road , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.