仕事・働き方 会社員

35歳で仕事ができない…。対処法と違う仕事を見つける方法について解説

35歳で仕事ができない

「35歳になったけど仕事が全くできない。疲れもひどい。仕事がそもそも合わなかったのかもしれない…。転職も厳しい年齢だけど何か対処法はあるんだろうか。仕事人生がまだ25年もあるし…。」

という疑問にお答えします。

 

パラレルワーカーのRyotaです。34歳で転職経験があります。

結論を言うと『耐える』『転職する』『個人で別の仕事に取り組む』の3つ。

人生の岐路的に正念場です。

 

当記事の内容はこちら

  1. 35歳で仕事ができないと気付いた時の対処法3つ
  2. 仕事ができない対処をせず40歳になった時の状況について
  3. 35歳から仕事ができるようになる方法

 

「ズルズル40歳になってしまった。会社でもお荷物扱いだし、後20年持たないかも…。」

という状況は避けましょう。

正直言ってあなたは『出遅れ』てます。性根を叩きなおして2年ほど努力することが必要です。

ではご覧下さい。

▼35歳でも仕事が見つかる転職サービス▼

関連記事
転職に成功した人たち
35歳でも仕事が見つかる転職エージェント3選【未経験もギリギリOK】

続きを見る

▼35歳の転職に成功する人の特徴▼

関連記事
35歳の転職で成功しやすい人
【要チェック】35歳の転職を成功させるにはどうする?5つのポイントで無事入社

続きを見る

スポンサーリンク

1.35歳で仕事ができないと気付いた時の対処法3つ

仕事のストレスが限界の社員

35歳は自由に転職できる最後の年齢

以下の3つです。

  1. 出世を諦めて平社員で耐える『要メンタル』
  2. 同業種で1つ下のランクの会社に転職する
  3. 実力を発揮できる仕事を個人で見つける

35歳はキャリアアップ以外で転職できる最後の年齢。

「年齢問わず転職ってできるよね?」

とお思いでしょう。

その通りなのですが、35歳が1つのラインなのは間違いありません。

世間的に『35歳が転職のギリギリライン』と思われている以上、

転職サイト側も企業側もそのようなイメージを持ってます。

あなたの考えじゃなくて世間的な目線を持つって大事です。

対処法① 出世を諦めて平社員で耐える『要メンタル』

出世・大きな額の昇給・ボーナスの3つを諦めます。

お悩みマン
窓際族で耐えろってことですね…。
はい。仕事ができないのを認めるってことなんです。
Ryota

35歳で仕事ができないのは『年齢に対して仕事ができない』ということ。

なので、評価そのものを諦めてしまえばOKです。

仕事ができなくても、そのランクの給料なら誰も文句は言いませんよね。

ただし、年齢に対して使えないヤツというレッテルは貼られます。

メンタル面が強くないと持ちません。

ポイント

出世を諦めるってネガティブなことでもありません。無理して課長になって責任に耐え切れず潰れていく(うつ病になる)社員もいます。

そういう人たちと比べれば平社員で生きていく決意も間違いじゃありません。

注意ポイント

リストラの危険はあります。

決して『サボっていい。』というわけじゃないですよ。

対処法② 同業種で1つ下のランクの会社に転職する

疲れきってしまった男性仕事内容は会社のランクで変わってくる

今より小さな規模の会社に転職することで『使えるハイレベルな人材』になることが可能です。

高校入学時を想像して下さい。

自分の実力より上の高校に入学すると200位とかそういう順位になりますよね。

でも下のレベルの高校なら5位とか上位になれます。

評価の上がる会社に転職すると後から年収も上がります。

 

35歳でも『狙い』があれば転職は可能。

35歳以降の転職に強い転職エージェントを使ってアドバイザーに相談してみましょう。

対処法③ 実力を発揮できる仕事を個人で見つける

会社で仕事ができないだけで、あなたの得意って別にあるはずです。

個人で得意を生かした仕事を探しましょう。

コミュニケーションが苦手で仕事のミスが多い場合はコミュニケーションのいらない作業を行います。男性でもハンドメイド品の販売や個人の写真撮影で稼いでいる人って多いんです。

仕事=会社じゃありません。そういう時代です。

クラウドソーシングなどで仕事を探して挑戦してみましょう。

月3万稼げれば人生って変わってきます。

最初の目標:35歳で平社員を脱出することです

30代になれば『主任』『マネージャー』などの役職がもらえます。

通常は仕事ができなくても年功序列でもらえるものです。

もし、35歳で平社員なら『かなり評価が低い』と思いましょう。

 

35歳で平社員を脱出する方法まとめ

  • 成果を出す『残業や掃除でアピールしない』
  • 後輩のまとめ役になる『コミュニケーション力でアピール』
  • 仕事をもらいにいく『仕事量が増えれば評価される』

 

良くある疑問:今以上に頑張るってダメなの?

ハッキリ言ってダメです。

なぜなら、あなたは自己評価と他人から受ける評価を理解していないからです。

35歳まで評価が上がらなかった時点であなたは見放されています。

  • 頑張る方向性が間違っている
  • あなたが努力をしていると思っているだけ

の2つが理由です。

後述しますが、今以上に頑張るなら帰宅後に1時間以上の勉強を2年ほど続ける必要があります。

あなたはそれほどレベルが落ちています。

頑張っているのに周りに認めてもらえない場合は、こんな可能性が考えられます。

  1. そもそも周りからそんなに「頑張っている」と思われていない
  2. 頑張る方向性がずれていることに気付いていない

ではどうやって自己評価と他者評価のズレ・ギャップを埋めればいいのでしょう?

それには色々な要素があると思いますが、僕はただ1点しかないと感じています。

「お前頑張りすぎだ。少し休め」と言われる作業量をこなす

引用 自己評価と他者評価のズレ・ギャップを埋める方法は?【自惚れ注意】

大手企業で研究職をしている『くりぷとバイオ』さんの記事の体験談が参考になります。

(上記もくりぷとアナリティクスの該当記事から引用しています。)

 

35歳って技術面だけじゃなくて『後輩の管理』とか『現場の判断』も求められてます。

それなのに『朝早く来て掃除をするようにした』って求められているものじゃないですか。

こういう考えを見につけないといつまで経っても評価は上がりません。

スポンサーリンク

2.仕事ができない対処をせず40歳になった時の状況について

  1. 35歳で平社員だとリストラ対象になる
  2. 正社員雇用が難しくなる

上記2つです。

 

転職の終わりが見えない状況会社員は逃げ道ゼロになった場合は1番危険

 

仕事ができないって会社的にはお荷物です。

平社員でいるのならともかく、年功序列で役職が就いてしまうと

『若手社員の方が使えるし人件費も安い』

ですよね。

この状況に該当する40歳は危険です。

状況① 35歳で平社員だとリストラ対象になる

会社が傾いた時に『辞めてくれないか』って言われます。

解雇じゃないですけど、基本的には退職の流れになります。

大きな会社ほど効率化にお金を使ってます。

人を1人雇うよりロボットなどの機械を1台買った方が数倍の力を発揮します。

単純に人件費より安くなるんですよね。

当り前ですが仕事のできない人から先にリストラ対象になります。次に人件費の高い人。

40歳で仕事ができない人って高給料で伸びシロもありません。真っ先にリストラ候補です。

状況② 正社員雇用が難しくなる

40歳の転職は35歳の転職に比べて絶望的です。

  • 介護職
  • チェーン店の飲食関係
  • 住宅メーカー
  • タクシー運転手

の4つくらいしか正社員雇用の道がなくなります。

あなたは仕事ができないので自慢できるスキル・キャリアもありません。

シニア層の枠に若手として入るしかなくなります。

Ryota
だから35歳で転職って大きな決心なんですけど脱リスクになります。

3.35歳から仕事ができるようになる方法

  1. 1日1時間自主勉強をする
  2. 上司・役員の思考で仕事を考える

上記2つです。

 

必死に働く既婚者男性35歳からでも仕事ができるようになれる

仕事ができないのって習慣が悪いからです。

  • 社会に出てから自宅で勉強したことがない
  • 愚痴は言うけど会社に貢献しようと考えていない

この2つが問題。

今までの遅れを取り戻すレベルで2年ほど勉強すれば

『年齢相応に仕事ができる』

ようになれます。

方法① 1日1時間自主勉強をする

テレビを観たり休んでいる時間を勉強に使いましょう。

  • コミュニケーション能力を上げる
  • 仕事に必要なスキルを身に付ける
  • 機械の説明書やトラブルシューティングを読む

こんなことでOKです。

人は何かで成果を出すには100時間。

それを仕事にするには1,000時間の取り組みが必要と言われています。

1日1時間勉強すれば4ヶ月ほどで成果が出てきます。大事なのは継続すること。

どんなに疲れていても自宅では勉強を続けます。

方法② 上司・役員の思考で仕事を考える

あなたが会社から何を求められているのか考えましょう。

あなたが良かれと思ってやっていることでも、会社からすれば無駄な作業かもしれません。

会社目線で仕事を考えるって大切です。

会社は『利益を追求するもの』です。利益=お金ではなくて、効率や労働力の向上も利益になります。

真面目にコツコツ作業をするよりも『効率的な方法を生み出す』ことができれば評価って上がります。

朝早く来て掃除をするとか、そういうことは何にも評価されません。

営業なら商品紹介がしやすいよう動画撮影してyoutubeに投稿するとか。

そういうことが評価されますね。

今ある仕事ではなくて、全く違う仕事を生み出す考えを作りましょう。

Ryota
私ならSNS投稿で会社の広告塔を作って売上に貢献します。

まとめ:35歳で仕事ができないなら行動すべきです。

これから先はIT社会です。

プログラミング的思考…何をすれば結果につながるかが分かる若い人が登場します。

35歳のあなたは努力しないと居場所が無くなります。

35歳で仕事ができないと悩んでいるのなら、即行動しましょう。行動しないと逃げ道が無くなります。

何となく人生が上手く行っている人たちって影で努力しています。あなたも見習って努力するのが解決策です。

 

以上、「35歳で仕事ができない…。対処法と違う仕事を見つける方法について解説」という記事でした。

 

関連記事
転職に成功した人たち
35歳でも仕事が見つかる転職エージェント3選【未経験もギリギリOK】

続きを見る

関連記事
35歳の転職で成功しやすい人
【要チェック】35歳の転職を成功させるにはどうする?5つのポイントで無事入社

続きを見る

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルワーカー

Ryota@パラレルワーカー

メディア運営・作曲家・各種アドバイザー・講師のパラレルキャリア。東京サウンドプロダクション所属。 カメラマン・製薬工場など複数の仕事を経験した後、個人事業中心の働き方に切り替え。 HSPで刺激に弱い悩みを持ち、低ストレスで働き生計を立てることを追求。日本の働き方に疲れている方向けに『これからの働き方』について発信し続けている。 ■詳しいプロフィールはこちら

-仕事・働き方, 会社員
-

© 2020 Parallel Road