正社員+ブログで生活している私があなたの低所得を脱出するために、パラレルワークと投資、転職の情報をお伝えします。

Parallel Road

お金と仕事の話 会社員

【30歳】昇給のないサラリーマンが普通の生活をする手段【会社に頼るな】

更新日:

昇給がなくてお金の無い人の財布

「もう30歳なんだけど、昇給がほとんどなくて入社時から給与が増えた実感が無い。」

「転職したら給与って上がるの?貯金ゼロだし今後が不安なんだけど。」

昇給がほとんどなくて危機感を持っているあなたへ。改善法をご紹介します。

 

当記事の内容は以下の通りです。

  1. 昇給が3,000円以下だとどんな未来になるか
  2. 「どこの会社に行っても同じ」のウソ・本当について
  3. 転職を考える前に実行したい『自力で資産を増やすコツ』
  4. 30歳で転職するメリットとリスク

 

パラレルワーカーのRyota(@Blue_Rat_Web)です。個人事業と含めて現在の月収は100万~140万ほど。

ちなみに会社員の給与は33歳なのに手取り18万。家族手当や主任手当を含めての額です。

「お金が無い。ヤバイ・・・。」

と思っているあなたは年齢と共にさらに厳しい金銭状態になります。

当記事を見て働き方を見直して頂ければ幸いです。

SPONSORED LINK

1.昇給が3,000円以下だととんな未来になるか

未来へ進む地球

「頑張って働き続けていれば給与は上がる!」

と思っている人が多すぎます。あなたもそうではないでしょうか。

 

会社は利益が全て。利益の無い会社は人件費を上げられません。

頑張って働く必要なんてなくて、大事なのは会社に利益を与えられているかどうか。

製品が売れてないのに製造を頑張っていても給与は上がりません。

給与が上がらない前提であなたの未来を算出してみましょう。

①単純計算で50歳の給与を出してみよう

私の場合、22歳で基本給17万5千円。昇給は1年に2,750円です。

このまま50歳になると基本給25万2千円。

扶養の有無や市町村によって税金が変わりますが、手取りはざっと20万です。

50歳で手取り20万ってヤバくないですか?!

 

子どもがいれば高校~大学の時期。教育費は払えません。家のローンと生活費でギリギリラインです。

②昇給しない会社は何歳になっても人件費を増やさない

会社って人件費が決まっています。

限られた人件費の中でボーナス額を操作したり、昇給額・昇進を決めています。

昇給額がずっと3,000円の会社が突然1万円にすることはあり得ません。

1人だけを1万円プラスにはできないからです。社員全員の昇給額を上げないといけません。

従業員が50人の会社なら年間50万円支出が増えます。

 

日本は給与を上げるのは簡単ですが、下げるのが難しいんですよ。

会社側も給与を上げるリスクを知っているので簡単には上げません。

③「利益が出れば社員に還元する」をまだ信じています?

でも従業員のモチベーションが下がると退職者が出ます。製品の質にも影響します。

Ryota
ゴミが入っても気にしないレベルの人が出てきます。ホントに。

 

だから年明けの朝礼・年度初めの挨拶で、

「売上が厳しいけど利益が上がったら還元するからね。大丈夫だからね。」

みたいな発言が出てきます。

 

実際は役職が上の人から利益を奪っていきます。あなたの給与が増えるのは先の話。増えたとしてもちょっとだけです。

2.「どこの会社に行っても同じ」のウソ・本当について

転職の図解

給与が少ない不満を会社にぶつけても、

「どこの会社に行っても同じ。ちゃんと生活できるだけの給与は与えている。」

と言われるだけです。これは半分ウソで半分本当。

 

私も4回の転職を経験しています。

求人を見てもらえば分かるんですが、給与ってほとんど変わりません。

給与が上がるのは限られた仕事だけ。

医師や看護師など特別な技術を必要としている仕事か大企業が関連した仕事です。

 

①同業種で同レベルの仕事は給与が同じ

資格なしで製造業を選ぶとします。年齢は30歳。

転職先も資格の必要ない同業種なら給与は同じか下がるだけ。

 

給与を増やしたいなら『キャリアを評価してもらう』か、別分野への挑戦が必要です。転職での年収アップについては「30代の転職で年収を100万円アップさせる4つの戦略」で詳しく解説しています。

30代の転職で年収を100万円アップさせる4つの戦略

「パワハラで退職したんだけど、どうせなら転職で年収アップ狙えないかな。」 「妻子持ちで年収300万はつらい・・・。100万円くらい増やせないだろうか。」 仕事と年収に関してお悩みでは無いでしょうか。 ...

続きを見る

②会社は不満の出ないギリギリの給与で従業員を雇っている

誰もが年収1,000万円になったとしましょう。会社は人件費を払うだけで精一杯。とても設備投資や修繕にお金を使えません。

 

会社ってできるだけ従業員の給与を抑えたいんですよ。

実際に事業をすれば分かりますが、経営者は利益を凄く気にします。利益率を上げられるなら何でもします。

 

会社は給与を上げないんじゃなくて、少ない状態を少しでも長く維持したいんです。

3.転職を考える前に実行したい『自力で資産を増やすコツ』

お悩みマン
会社員ってお金が増えないんだね・・・。

会社員勤めのメリットは『安定』です。

会社勤めしていればフリーランスと違って『食べていけなくなる不安』はありません。

会社で昇給がないのなら、自分で稼いじゃえば良いんです。

 

自分で稼ぐって聞くと『難しそう』と思われるでしょう。

実際は個人から個人に仕事を依頼するクラウドソーシングや節税の勉強で簡単に増やせます。

 

①資産運用や節税に取り組む

貯金していれば銀行金利でちょっとだけお金が増えますよね。(銀行は金利が低すぎてアレですが。)

資産運用はもっと効率を上げたもの。株などの金融商品を買って、その価値が上がるのを待つ考え方です。

世界の経済は伸び続けています。10年間でスマホが普及したのを考えて下さい。

長期で見れば投資はそれほどリスクがありません。

 

会社員勤めしつつ資産運用するのは大変ですが、今はロボット任せのロボアドバイザーサービスも登場しています。

手数料が年利1%と高めですが、年利3~5%で運用されます。銀行金利よりははるかにマシ。

私も『預けているだけ』で以下のような状態です。細かくまとめていますのでご覧下さい。

ロボアドバイザーで『不労所得』月10万円を目指す運用実績のまとめ

「不労所得が月10万円あったら人生ラクなのにな。」 と思いませんか? 当記事では資産をロボットに運用させる『ロボアドバイザー』で不労所得『月10万円』を目指します。 途中経過から、ロボアドバイザーの比 ...

続きを見る

 

節税も知っている人だけが得をしてますね。

 

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」は積立額が全て「所得控除」の対象で、所得税・住民税が節税になります。

 

ふるさと納税も控除上限額内の2,000円を越える部分の税金が控除されます。

あなたの年収によりますけど、控除上限が2万とします。2万2千円分をふるさと納税で先に納税できます。収めた自治体からお礼として品がもらえます。

②クラウドソーシングや個人事業で副業を始める

まずはクラウドソーシングの大手である『CrowdWorks』をチェックしましょう。

 

>>こちら CrowdWorks

「えっ!こんな価格でこんなに仕事が用意されているの?!」

と驚くはずです。

プログラム系の専門分野から、恋愛ネタのライティングまで。あなたも取り組める仕事が見つかります。

誰でもできるアルバイトレベルの仕事は1つ1,000円前後。1年間で3回すれば3,000円の昇給と同じです。

 

個人事業とはブログ運営からのマーケティング業やアクセサリ販売など。ラクマでハンドメイドのアクセサリを売るのも立派な事業です。

勉強は必要ですが2年間もあれば食べていけるレベルにできますよ。勉強した内容がそのままスキルになりますからね。

4.30歳で転職するメリットとリスク

お悩みマン
手っ取り早く転職で給与アップできないの?
もちろんそれでもOKです。ただし、リスクもあります。
Ryota

 

昇給の少ない会社から昇給の多い会社に転職すれば給与問題は解決します。

 

既にお話しましたが、同業種や同レベルの会社に勤めても給与は増えません。

新分野・ライバルの多い大企業に勤める必要がありまして、これは結構なリスクです。

 

転職するリスクを取るか、自分で稼ぐスキルを磨くか。どちらにせよ行動が必要です。

①35歳までは未経験でも仕事が見つかる

30歳で未経験への挑戦する場合、そもそも求人が見つかるか疑問ですよね。

結論から言えば35歳までは未経験でも見つかります。

ただ、自分で探すのは結構大変。閲覧で見つかるのはタクシー運転手や介護職の仕事ばかりだからです。

大手の転職エージェントに登録して非公開の求人を紹介してもらいましょう。これだと未経験でも専門的な分野に挑戦できます。

非公開の多い大手の転職エージェントは「35歳でも仕事が見つかる転職サイト・転職エージェント3選【未経験もギリギリOK】」で紹介しています。

取り合えずこちらの記事の3つに登録して紹介してもらえば安心です。

転職に成功した人たち
35歳でも仕事が見つかる転職サイト・転職エージェント3選【未経験もギリギリOK】

お悩みマン35歳だけど転職したい。でも、年齢的に見つかるのかな。未経験でも大丈夫なのかな。 当記事は35歳の転職に関して、以下の3項目でお答えします。   35歳でも転職できる転職サイト・転 ...

続きを見る

②求人から読み取れない人間関係で失敗しやすい

転職最大のリスクが人間関係。

退職する原因の8割は人間関係です。人間関係だけは求人では分かりません。

転職に失敗すると立て続けに数社失敗します。焦ってブラックっぽい求人に手を出してしまいますからね。

まとめ

繰り返しになりますが、

  • CrowdWorks』などのクラウドソーシング
  • 資産運用や節税
  • 個人事業の開始(ブログ運営やアクセサリ販売など)

は人間関係で失敗することがありません。万が一、上手く行かなかったとしても失うのは時間とわずかなお金だけ。

 

ただ言えることは、

今の生活をしている限り、あなたの生活はラクにならない

ということです。

 

投資や個人事業に関しては当ブログでもまとめています。あなたが実践できそうなものを探すことから行動を開始しましょう。

ブログで『月収20万円』を目指す実践法のまとめ

「ブログでサラリーマンから抜け出して、毎日7時まで寝ていたい。」 「豊かな生活をしたくないけど、せめて不安な生活から脱出したい。」 何とかして今の生活を良くしたいとお悩みでは無いでしょうか。 &nbs ...

続きを見る

ロボアドバイザーで『不労所得』月10万円を目指す運用実績のまとめ

「不労所得が月10万円あったら人生ラクなのにな。」 と思いませんか? 当記事では資産をロボットに運用させる『ロボアドバイザー』で不労所得『月10万円』を目指します。 途中経過から、ロボアドバイザーの比 ...

続きを見る

SPONSORED LINK
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota

Ryota@パラレルワーカー

会社員・ブログ運営・作曲家・ブランド開発を手がけています。東京サウンドプロダクション所属。WEBマーケティング業『Blue Rat Web』を立ち上げ、複数のメディアを運営しています。■詳しいプロフィールはこちら

1

「ブログでサラリーマンから抜け出して、毎日7時まで寝ていたい。」 「豊かな生活をしたくないけど、せめて不安な生活から脱出したい。」 何とかして今の生活を良くしたいとお悩みでは無いでしょうか。 &nbs ...

2

「不労所得が月10万円あったら人生ラクなのにな。」 と思いませんか? 当記事では資産をロボットに運用させる『ロボアドバイザー』で不労所得『月10万円』を目指します。 途中経過から、ロボアドバイザーの比 ...

-お金と仕事の話, 会社員

Copyright© Parallel Road , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.