パラレルキャリア・兼業・会社員+副業で生きる情報発信サイトです。

Parallel Road

ライフスタイル

人生のターニングポイントはいつ?気付き方、転機の体験談を紹介

人生のターニングポイントについて

「人生のターニングポイントっていつなんだろう。どうやってサインに気付けばいいのか知りたい。」

そんな悩みにお答えします。

当記事を読めば人生のターニングポイントはいつなのか。実際の体験談もわかります

 

複数を仕事をこなす『パラレルワーク』で生計を立てているRyotaです。

私の人生のターニングポイントは『婚約破棄』『会社の衰退』でした。

 

当記事の内容はこちら

  1. 人生のターニングポイントはいつ?気付き方について
  2. 私の人生のターニングポイントでの行動・体験談
  3. 人生のターニングポイントに気付ける人・気付けない人について

 

『仕事・恋愛・健康』のどれかが危機的に崩れた時がターニングポイントです。

それまでに積み重ねたものがあれば、行動すべき時期かどうかわかります。

簡単なことなのですが奥深い…。それぞれ詳しく解説しますね。

 

▼人生の記事一覧はこちら▼

人生の記事はこちら

スポンサーリンク

1.人生のターニングポイントはいつ?気付き方について

人生のターニングポイントはいつ?

人生のターニングポイントはいつ?

危機的状況にあった時です。

具体的には『仕事・恋愛・健康』のどれかの将来が真っ暗になった時

お悩みマン
失恋とか、リストラです?
そうです。行動するっきゃないですよね。
Ryota

マイナスの時に努力した人が人生をプラスにしてます。

芸能人だと『間寛平さん』『城咲仁さん』がわかりやすいですね。

坂口憲二さんも大病から『コーヒー焙煎士』になっています。

色んな葛藤を乗り切っての行動。まさにターニングポイントですよね。

参考 ザライジングサンコーヒー

気付き方:仕事・恋愛・健康のどれかに危機感を感じた時

危機感がターニングポイント

危機感がターニングポイント

人生の3大重要なことが『仕事・恋愛・健康』です。

どれか1つに問題があってもなんとかなりますが、2つ以上に問題があるとボロボロになります…。

あなたの将来に関わる内容だからです。

仕事・恋愛・健康の問題例

  • 仕事 → リストラ・転職・倒産・事業失敗
  • 恋愛 → 失恋・婚約破棄・離婚
  • 健康 → 大病・精神的な病気・持病・事故

わかりやすくリストラを例にします。

40代で会社からリストラ。転職するにも年齢的に厳しい状態です。

『個人で稼ぐ』『意地でも別の会社に入る』『複数の仕事で生計を立てる』など、道はたくさんです。

でも、行動せず『何となく泣いてて助けを求めるだけ』な人もいます。

あなたがどちらを選ぶかターニングポイントですよね。

人生には1度は『挑戦すべき時』がある

私の大好きな歴史小説に『戦雲の夢』があります。

関が原で領地を没収された長宗我部盛親が主人公。

戦雲の夢のポイント

  • 主人公が領主から単なる一般人に落とされる
  • もう1度、戦で領主になるかどうか悩み続ける
  • 『後のことは考えず、自分の才能を試すだけ』という結論で、大阪の陣に出る

ターニングポイントに気付く人って、今までに努力しているか、『挑戦に思考を切り替えているか』のどちらか。

今まで努力していれば、その努力を見ている人が助けてくれます。

挑戦する気持ちがあれば数年後に何かしらで結果を出しています。

だからターニングポイントに『決まった年齢』はないんです。危機的状況に気付けるかどうか、それだけです。

実際に2回ターニングポイントがあった私の例をお話していきますね。

スポンサーリンク

2.私の人生のターニングポイントでの行動・体験談

私の人生のターニングポイント

私の人生のターニングポイント

以下の2つです。

  1. 恋愛 → 婚約破棄
  2. 仕事 → 経営不振、病気

どちらも悩みに悩んで5年以上必死に作業した結果、何とか生き延びてます。

お悩みマン
生き延びてます。ってどういうことです?
正直言って死にたいくらい追い詰められてました…。
Ryota

危機的状況ってそのくらいのレベルの話。

道が決まっているのならそれほど悩みません。

① 婚約破棄された時の話

婚約破棄された時の話

婚約破棄された時の話

7年半付き合ってた彼女が結婚直前に二股を告白。そのまま婚約破棄になりました。

※内容がディープなのでnoteでまとめてます。

恋愛は相手だけじゃなくて、自分にも責任があります。

私が恋愛でダメだったこと

  • 今を楽しむことを考えてなかった
  • 彼女より仕事や友人関係を優先することがあった
  • 上から目線なことがあった

もっと気持ちを考えるべきだった…と感じてました。

自分のダメな部分を見直して、とにかく色んな人と出会い話を聞きました。

特に自分に投資することを心がけました。

思い出のもの、これまで使ってたものは全部処分。1年間は貯金もせず100万以上アレコレ使いましたね。

数名の女性とも付き合って別れました。もう恋愛したくないとも思いましたが、結婚への憧れもあったんですよね。

今は幸せな結婚生活をしています。

② 長年働いた会社が衰退した時の話

勤めていた工場が経営不振

勤めていた工場が経営不振

月に100時間近い残業+複数の仕事の責任を持つ。という状況を指示されました。

何度も相談したのですが『やめるのかやめないのか』と言われたので退職。

勤務最後の帰路は何とも言えない寂しさがありました…。

お悩みマン
残ることは考えなかったんです?
長時間残業でひどい偏頭痛+メニエール病になってるんですよ。
Ryota

不健康になりつつ我慢して働くより自分で努力した方がマシだって思ったんです。

数年間は個人の仕事で努力して『どういう結果になるか試そう』と考えました

ポイント

  • 在職中からずっとパラレルワークで個人の仕事もしてきた
  • 人生1度なので、自分の努力を試してみたい気持ちもあった
  • 毎日、つらそうに帰ってくる姿を見せたくなかった

今は今で悩むことも多いです。でも、価値ある時間かなと思い努力を続けています。

後のことは考えず、選んだ道で全力を注ごうと考えた

選んだ道で全力を注ぐ

選んだ道で全力を注ぐ

ターニングポイントを迎えた時、過去のことにすがっちゃう気持ちになるんです。

お悩みマン
あ、なるほど。未練ですね。
そうなんです。人は損するのが怖いので…。
Ryota

元カノと復縁。転職が怖い。という感じですね。

一方で気持ちのどこかで『もう過去は終わった』と気付いてます。

過去を捨てて今からスタートできるかどうかがターニングポイントの成否になります。

ポイントは『結果を見ないこと』

行動できるようになるポイント

  • 失敗を前提に挑戦、実験する
  • 失敗しても『面白い人生だった』と思える
  • 後悔しないほど努力してダメなら納得

ダメならダメでバイトすれば食べてはいけます。

恋愛をしなくても生きてはいけますよね。

繰り返しますが、後悔しないほど努力する気持ちになれば行動はしやすいです。

3.人生のターニングポイントに気付ける人・気付けない人について

ターニングポイントがわかる人

ターニングポイントがわかる人

視野を持っているかどうか。自分で責任が取れるかです。

お悩みマン
自分で責任…?
人に責任を押し付けてたら何にもできないんですよね。
Ryota

行動できる人って色んな人生を知ってます。出会いがあるからです。

違う人生を聞いてると『あ、今自分は同じ状況。』って気付けるんですよ。

気付ける人:広い視野を持っている

気付ける人:広い視野を持っている

気付ける人:広い視野を持っている

違う人生をたくさん知ってます。

ポイント

  • 普段から本を読んでいる
  • コミュニティが多い
  • 仕事と家の往復ではない

好奇心が多ければ多いほど視野は広がります。

お悩みマン
行動もしやすそうですね。他のことを知っているので。
そうなんです。頭も柔らかいですよね。
Ryota

早めに副業を実践しているとか、今のスキルを別の仕事に役立てようっていう発想になります。

逃げ時を見抜けるんですよ。

視野は出会った人の数で広がる

人の数だけ人生があります。

私の場合、Barで色んな社長さんと出会いました。

勉強が全くダメで苦労して今の状態になった。という社長さんもいて勇気がわきましたね。

海外でホームレスをしていて、国内で成功した人もいましたよ。

▼人生と好奇心についてはこちら▼

つまらない人生の本質と改善法
つまらない人生の本質と改善法『好奇心不足と経済力の無さが原因』

続きを見る

気付けない人:責任を転嫁している

気付けない人:責任を転嫁している

気付けない人:責任を転嫁している

言い訳を探している人です。

言い訳を探している人

  • リストラされたのは会社の責任
  • 貧乏なのは国の責任
  • 別れたのは彼女の責任

私も工場をパワハラ的に退職してます。

でも原因は『利益の低下』であり、会社選びで失敗した自分にも責任があるんですよね。

会社がダメになる兆候もあります。さっさと行動すれば『まさか』に対応できますよね。

行動力が他人に向けられている

責任探しと行動しない理由探しは似てます

今の状況を受け入れて、冷静に『何をすべきか』を考えていかないと行動できません。

それが怖くて責任転嫁しちゃうんです…。簡単ですからね。

そのうち、行動できる期間を逃してしまい、ターニングポイントは終わります。

まとめ:人生のターニングポイントに気付きましょう

ターニングポイントは『仕事・恋愛・健康』のどれかの将来が真っ暗になった時です。

20代・30代・40代、どこでターニングポイントを迎えるかは人それぞれ

でも人生で1度はやってきます。

日ごろから努力をすること。まさかを考えて、備えること。

どうにもならなくなった時ほどがむしゃらに行動すること。

これができれば、ターニングポイントをプラスにできます。

ターニングポイントに気付けるよう、色んな人と話しをして、人生の知識・人生観を育てておきましょう。

 

以上、『人生のターニングポイントはいつ?気付き方、転機の体験談を紹介』という記事でした。

 

関連記事
つまらない人生の本質と改善法
つまらない人生の本質と改善法『好奇心不足と経済力の無さが原因』

続きを見る

関連記事
人生に疲れたあなたへ
人生に疲れたあなたへ。絶望した私が人生観を変えた5つのことを紹介

続きを見る

関連記事
人生ってなに
「人生って何?」波乱万丈な日々を送る私が見つけた2つの答え

続きを見る

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルワーカー

Ryota@パラレルワーカー

会社員・メディア運営・作曲家のパラレルキャリア。東京サウンドプロダクション所属。 カメラマン・製薬工場など複数の仕事を経験した後、個人事業中心の働き方に切り替え。 HSPで刺激に弱い悩みを持ち、低ストレスで働き生計を立てることを追求。日本の働き方に疲れている方向けに『これからの働き方』について発信し続けている。 ■詳しいプロフィールはこちら

-ライフスタイル

Copyright© Parallel Road , 2019 All Rights Reserved.