会社員+個人事業主の働き方をしている私と『副業』や『お金稼ぎ』『仕事との付き合い方』を学ぶブログです。

Parallel Road

ブログの実践法

【脱リスク】サブブログのジャンル選びで必要な3つのこと

更新日:

新ブログ構築中

「メインブログが落ちてもガッカリしないようにサブブログを立ち上げたい。」

当記事では【リスク分散】になるサブブログの作り方をお話します。

 

アフィリエイターのRyota(@Blue_Rat_Web)です。

ブログ運営に大変動は付き物。

1つのブログに頼っていると『急にアクセス数が2割まで落ちた!』なんてことも珍しくありません。

サブブログを持つと収益が安定するだけでなく、新ブログ立ち上げの勉強にもなります。

 

ただし、メインブログと同じジャンルでサブブログを立ち上げてはいけません。一緒にアクセス数が落ちて終わりだからです。

サブブログのジャンル選びは、

  • メインブログとできるだけ遠ざけること
  • 強い競合があるキーワードを避けること
  • メインブログと違った収益化ができること

の3点が大切です。

それぞれ解説します。

SPONSORED LINK

1.サブブログのジャンルはメインブログと遠ざける

ブログジャンルの切り替え

サブブログの目的はあくまで『リスク分散』。

結果的にメインブログの収益を超えるのは構いません。サブブログをメインブログとして扱うだけですから。

 

メインブログと遠いジャンルを扱うとリスク分散から遠ざかります。

 

  • キーワードがかぶってくる
  • 記事が似てくる
  • グーグルアップデートで同時に下落する

 

転職系ブログがメインなら、ファッションや育児ブログを作る。

健康系の雑記なブログがメインなら、旅行系の特化ブログを作る。

こんなイメージです。

①雑記ブログ・特化ブログの種類も分ける

経験上、ブログの『スタイル』も分けた方が安定します。

私は2つの雑記ブログを持っています。

好きな事を何でも書ける雑記ブログですが、ネタは『自分の経験』が元になります。

ターゲット層を変えても書ける内容は限界があります。

 

それならあなたしか経験したことが無いであろう『特化中の特化ワード』をサブブログにしてしまった方が良いです。

Ryota
私なんて婚約破棄のブログを持ってますからね。7年半付き合ったのに結婚指輪を買いに行く当日に二股を告げられて、相手の男を選ばれた経験があるのは私くらいでしょう。

ポイント

雑記ブログで書いたカテゴリのうち、アクセス数が多かったカテゴリを特化ブログにするのもアリです。

SPONSORED LINK

2.サブブログはライバルの少ないキーワードを狙う

ただ『メインブログと違うジャンルを扱う』だけではリスク分散になりません。

サブブログも収益化が必要だからです。

 

メインブログは定期的に更新できるのでライバルが強くても戦えます。

サブブログはメインブログに比べて更新頻度が少なめ。市場価値が上がるまで時間がかかります。

そこで大切なのが『ライバルがいないジャンル』を狙うこと。

 

先ほど、超特化型のジャンルが狙い目とお伝えしました。

私の場合『婚約破棄ブログ』を持っています。婚約破棄に特化したブログはありません。

全くライバルがいないので簡単に順位が上がりました。

このブログは趣味で作ったので更新頻度も少なく、収益化もほぼしていない状態。それでも月2万PVまで成長しています。

 

①企業運営サイトの強さを意識する

企業が運営しているサイト・ブログはメチャクチャ強いです。

全ての記事に『専門家の監修』があり、本社の法人ページからリンクされています。

Ryota
子ども教育のベネッセとか凄いですよね。育児関係全てのジャンルの情報を発信しています。

 

できるだけ企業や専門家が参入していないジャンルを選びましょう。

転職関係は『社労士』『弁護士』はもちろん、各転職サイトのオフィシャルブログが非常に強いです。

 

ブライダルやカメラなら『それほど強い専門家』はいません。

カメラマンなら資格がありませんので、正しい知識と作品を発信すればあなたでも専門家になれます。

 

サブブログはあなたが簡単に専門家になれるジャンルを選ぶべきです。

3.メインブログとは別の収益化を狙えるジャンルにする

ネズミくん
でも、アフィリエイトをする以上、アフィリエイターがライバルになるよね。
ブログは集客の手段。別の収益化を考えればリスク分散になります。
Ryota

あなたのメインブログはアフィリエイトだけで収益化していますか?

それともアドセンスでしょうか?

 

メインブログの収益化がアフィリエイトなら、サブブログはアドセンス特化にします。

逆にメインがアドセンスを使っていれば、サブブログはアフィリエイト+アドセンスの併用型にします。

 

収益方法によって戦い方は変わります。

アフィリエイトは人気広告案件が決まっています。狙うキーワードが決まっており、色んな手法で検索順位獲得を狙います。

アドセンスはキーワードを自由に決められます。

アフィリエイト案件が無く、企業が参入していないキーワードを狙うことで安定したアクセス数増加が狙えます。

 

しかし、どちらも『経験』が無ければ収益化まで辿り着けません。

複数の収益化を学ぶことがリスク分散になります。

 

Ryota
アフィリエイト・アドセンスそれぞれの収益化方法は以下の記事をご覧下さい。

 

①広告が無くなるリスクも分散する

広告は突然無くなる危険があります。

アフィリエイトなら『掲載拒否』『掲載終了』があります。

アドセンスなら規約違反による『アカウント停止』があります。

 

私はアフィリエイト案件の掲載終了を経験しました。

たった30秒で登録が終了するという転職系の案件。特別単価交渉により1件1,500円になりました。

メインとして使っていたのですが、3ヶ月で掲載終了。

大手の案件だからと言って安心していてはいけません。

 

アドセンスも『アドセンス以外で使えるクリック型広告』を調べておきましょう。

X-liftが関連コンテンツと同じ広告パターンであり、単価も高いと評判が良いですね。

参考 X-lift

まとめ

サブブログは、

  • メインブログと全く違うジャンルにする
  • ライバルの少ないキーワードを狙う
  • メインブログと違う収益化を狙う

の3点を基本として、

『広告が無くなるリスク』

『更新頻度が少なくても安定するニッチなワード』

を意識することがリスク分散につながります。

 

定期的に新ブログを立ち上げて、サブブログだけでもメインブログに匹敵する収益化を狙いましょう。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルワーカー

Ryota@パラレルワーカー

会社員・ブログ運営・作曲家・ブランド開発を手がけています。東京サウンドプロダクション所属。WEBマーケティング業『Blue Rat Web』を立ち上げ、複数のメディアを運営しています。■詳しいプロフィールはこちら

-ブログの実践法

Copyright© Parallel Road , 2018 All Rights Reserved.