ブログの運営方法 ブログ論

【ガッカリ】雑記ブログの収益が伸びない…。失敗例と正しい作り方を解説

雑記ブログの収益が伸びない理由

「雑記ブログを運営しているんだけど収益が伸びない。何でも書けるのが強みの雑記ブログだけど、何を書けば良いのか分からなくなっちゃった…。」

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば雑記ブログの失敗例とお手本がわかります

 

3つ雑記ブログを運営してきたRyotaです。当ブログも雑記ブログ。

お悩みマン
収益化できてるんです?
当ブログでも月30万ほどは稼げてますよ。その経験からお話しします。
Ryota

 

当記事の内容はこちら

  1. 雑記ブログの収益が伸びない理由
  2. 正しい雑記ブログの答えは『雑誌』から学べる

 

当記事は、

  • 雑記ブログは日記じゃダメだよね
  • マネタイズを先に考えようね

という観点でお話しします。

当記事を読んだ後なら雑記ブログの収益が伸びますよ。どうぞお役立てください。

▼即収益につながるキラーページとは▼

関連記事
キラーページを作る女性
キラーページの作り方。月20万円を獲得できるブログ記事構造がこれだ!

続きを見る

▼ブログ関係の記事まとめ▼

関連記事
ブログの稼ぎ方『月収20万円』を目指す実践法のまとめ

続きを見る

スポンサーリンク

1.雑記ブログの収益が伸びない理由

以下の4つです。

  1. ターゲットがバラバラなカテゴリを増やしている
  2. 収益性の低いカテゴリが多い
  3. 収益性の高い記事への動線が無い
  4. ターゲットに需要の無い製品を紹介している

理由① ターゲットがバラバラなカテゴリを増やしている

バラバラカテゴリの雑記ブログバラバラカテゴリの雑記ブログ

思いつきでカテゴリを増やしていると各カテゴリが『孤立化』して収益が下がります。

なぜなら、関連性が無いから。

孤立化した記事は評価が伸び悩むので結果として収益が下がるのです。

雑記ブログのカテゴリは『軸となる関連性』が必要

です。

当ブログの場合は『お金』や『働き方』を軸にしています。音楽ネタでも『音楽だけで食べていくのは大変』など、収入に関わる内容を書いています。
Ryota

雑記ブログ運営者女性

最近、アートに興味が出てきたのよね。よし、アートカテゴリも追加して美術館のこととか書いてやるぞー!

みたいに思ってカテゴリを増やしてると危険。あなたは大丈夫ですか?

理由② 収益性の低いカテゴリが多い

  • トレンドネタ
  • 知識系
  • グルメ
  • 恋愛

などのカテゴリはPVは集まりやすい反面、収益性が低いです。

収益性の低いカテゴリを増やしても収益は伸びません。

恋愛なら『出会い』『婚活』『結婚式』の3つならアフィリエイト案件も豊富。

広告主も多いのでアドセンス単価も上がります。

または、

収益性は低いがPVが集まりやすいカテゴリをドメインパワー獲得の手段に使い、収益性の高い別カテゴリを作る必要

があります。

  • 節約、資産運用
  • 美容
  • 転職、働き方
  • ペット

上記のようなカテゴリは収益性が高いです。

正しいカテゴリ設定にはマインドマップの使用が便利です。詳しい使い方は「『保存版』マインドマップを使ったアフィリエイト記事作成の手順」という記事で解説しています。

「今後のブログの運営方針が分からなくなっちゃった…。」というあなたにピッタリな内容です。どうぞご覧下さい。

マインドマップを使ったアフィリエイト
『保存版』マインドマップを使ったアフィリエイト記事作成の手順

続きを見る

理由③ 収益性の高い記事への動線が無い

ブログ記事の動線内部リンクで収益性の高い記事と関連性を持たせる

収益性の高い記事もユーザーが来なければ収益ゼロです。

既にお話したとおり収益性の低い雑記ブログは統一性のないカテゴリを増やしています。

他カテゴリへのリンクができません。

メインカテゴリじゃないカテゴリで収益性の高い記事があっても内部リンクでつなげられません。

「記事のリライトってメンドそうだし…。それよりも新記事。トレンドしこまなきゃ!」

みたいに考えているとどこかでPV数も頭打ちします。

『収益性の高い記事へ内部リンクするための記事を書く』などの対処法が必要です。

※内部リンクが面倒なら全部の記事へ動線を作ってしまいましょう。

目次ページとまとめページを活用すれば可能です。

作り方は「SEOに強いブログの階層構造『目次→まとめ→個別記事の3段階』」をご覧下さい。

理由④ ターゲットに需要の無い製品を紹介している

髪の毛がフサフサな人に育毛剤を紹介しても売れませんよね。

「何でも書く!」

「たった1人の誰かのために書く!」

は違います。

雑記ブログ運営者は『何でも書ける強み』がありますが、物を売ろうとする技術を忘れがちです。

ユーザーにとっていらない情報はノイズです。

ターゲットの属性に統一性があれば全く関係のない記事って存在しないんです。

統一性の無い雑記ブログは各カテゴリごとの「特化ブログ化」しています。

でも本当の特化ブログと比べるとカテゴリの数も少ないですし、何よりも『ざっくりとした名前のカテゴリ』になってます。

特化ブログと雑記ブログのカテゴリ名の違い

・雑記ブログ 『仕事カテゴリ』 → 『転職』『退職』

・特化ブログ 『転職』→『転職サイト』『転職の方法』『転職の成功例』『転職の失敗談』

女性ターゲットのブログに男性用記事を掲載しても読まれませんよね。

でも

『育児カテゴリ』と『美容カテゴリ』があった場合

『30代女性』というターゲット設定ができていれば

『ノイズ』とは思われません。

後述しますが、育児系女性誌の中に美容アイテムの広告が掲載されています。このことから育児ユーザーに美容の需要があることが分かります。
Ryota
スポンサーリンク

2.正しい雑記ブログの答えは『雑誌』から学べる

雑誌にはターゲット選びとカテゴリ選びの正解が掲載されています。

注目すべきは以下の2つです。

  1. どんな広告が掲載されているか
  2. どんな特集があるか
雑誌からブログを学ぶ女性雑誌からブログを学ぶ女性

ブログと雑誌は媒体素材が違うもののやっていることはほぼ一緒です。

雑誌は企業が存続をかけて発行しているものであり、ブログ初心者とはレベルが違います。

参考にしないのは勿体無いです。

雑誌から学ぶこと① どんな広告が掲載されているか

雑誌に需要の無い広告は掲載されません。

あなたのブログと扱う情報が一緒の雑誌を探して掲載されている公告を調べましょう。

それがあなたのブログで売れる商品です。

20代の男性誌なら必ず『黒のタートルネックを口まで持ち上げた男性の広告』があります。30代なら口臭や電動ヒゲ剃り。

腕時計雑誌でも20代と30代は紹介されているものが違います。

情報に対して該当する雑誌が豊富なら需要が高いことも分かります。男性ファッション誌って1コーナーなのに女性ファッション誌って3コーナーくらいありますよね。
Ryota

雑誌から学ぶこと② どんな特集があるか

特集は需要があるから組まれます。特集をカテゴリの1つにしましょう。

地域情報誌の例

季節ごとの特集、ケーキ(カフェ)特集、ラーメン特集、新店紹介、定番スポット紹介。

こんなイメージですね。

育児系雑誌を見ていると『パパの育児協力』や『姑の愚痴』があるのも分かります。

これを1つのカテゴリとしてPV獲得用に使うなどの戦略が考えられるようになります。

メンズ雑誌(メンズジョーカー)の例

20代~30代前半の男性をターゲットにしているメンズファッション誌『メンズジョーカー』を例にします。

メインの情報

  • トレンドを使ったコーデ
  • 靴、腕時計、小物の特集
  • 少ないアイテム数での30日使いまわし特集
  • ブランド別最新アイテム

サブの情報

  • 筋トレ、ダイエット
  • 音楽
  • 男メシレシピ
  • 臭い消し(エチケット系)
  • 女性のグラビア

20代~30代前半の男性を狙ったファッションメインの雑記ブログなら

ダイエットから音楽、女性の情報が使えそう

だなって分かりますね。これは『ノイズ』になりません。

ハーフパンツ特集からすね毛の脱毛や筋トレ、ジム情報は使えそう。

こういうイメージで動線をつなげていきます。

まとめ:雑記ブログのPV獲得と収益化は別物です

「書くことに困らないから雑記ブログにしよう!」と思って雑記ブログを開始すると150記事くらいで失敗に気付きます。

早めに伸びているカテゴリに特化させて需要の少ないカテゴリを消していきましょう。

『情報が集まりやすいこと』も雑記ブログのメリットです。メリットを最大限に生かした戦い方をして収益をアップさせましょう。

 

以上、「【ガッカリ】雑記ブログの収益が伸びない…。失敗例と正しい作り方を解説」という記事でした。

 

関連記事
キラーページを作る女性
キラーページの作り方。月20万円を獲得できるブログ記事構造がこれだ!

続きを見る

関連記事
ブログの稼ぎ方『月収20万円』を目指す実践法のまとめ

続きを見る

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルワーカー

Ryota@パラレルワーカー

メディア運営・作曲家・各種アドバイザー・講師のパラレルキャリア。東京サウンドプロダクション所属。 カメラマン・製薬工場など複数の仕事を経験した後、個人事業中心の働き方に切り替え。 HSPで刺激に弱い悩みを持ち、低ストレスで働き生計を立てることを追求。日本の働き方に疲れている方向けに『これからの働き方』について発信し続けている。 ■詳しいプロフィールはこちら

-ブログの運営方法, ブログ論

© 2020 Parallel Road