正社員+ブログで生活している私があなたの低所得を脱出するために、パラレルワークと投資、転職の情報をお伝えします。

Parallel Road

ブログの実践法

ConoHaWINGはブログに最適!表示速度-3秒を実現した方法をご紹介

更新日:

ConoHaWING

「ブログの表示が遅い・・・。簡単に速くできないかな。」

「エックスサーバーを使ってたけど、もっと良いレンタルサーバーって無いの?」

ブログの速度にお悩みのあなたへ。私がエックスサーバーからConoHaWINGに移行した理由をお話します。

結論から言えばモバイルの応答速度が3秒早くなりました。

 

アフィリエイターのRyota(@Blue_Rat_Web)です。

ブログの表示速度は収益に関わります。

表示が遅ければユーザーが離脱しますし、検索順位の低下にもつながります。

たった2秒の遅れが月数万円の損になります。

ブログの速度を上げるにはプラグインの切り替えやサーバー移行が必要です。

当記事では私がエックスサーバーからConoHaWINGに移行した結果を解説します。

たった1時間の作業であなたのブログが劇的に速くなります。

私が手間取った部分も詳しく解説しますので、どうぞご覧下さい。

ハッキリ言ってやらないと損です。そのくらい違います。

 

 

1.エックスサーバーからConoHaWINGに切り替えた結果

当ブログ「Parallel Road」はアフィンガー5を使用しています。

プラグインに「WP Fastest Cache」を使用しており、速度は遅くありません。

しかし、安定性に欠けています。

モバイルサイトの速度テストをした結果、5~8秒の間になります。

 

パラレルロードの速度

 

当ブログは月間10万PV以上を目標にしています。

できるだけ読み込み時間を速くして『ユーザーの離脱率』を下げたいと考えていました。

そこで見つけたのがConoHaWINGです。

ConoHaが新しく開始したサービスです。国内最速というのが触れ込み。

後述しますが「ワンクリックで他社のサーバーから移行できる」という安心感もあり、試しに移行することにしました。

移行時はいくつかの注意点があります。

その結果、応答速度が3秒も縮まりました。

パラレルロードの速度2

 

 

新規にブログを立ち上げた結果も同様です。

 

conohawing新ブログ

2.エックスサーバーからConoHaWINGに移行する方法

Ryota
エックスサーバーからConoHaWINGに移行しました。その内容をご紹介します。

ConoHaWINGは他社からWordPressをワンクリックで移行できるプログラムが用意されています。

実際に使ってみました。

確かに簡単ですが分からない部分もありました。

移行の流れを注意点と共にお話します。

①ConoHaWINGに申し込む

まずConoHaWINGをレンタルしましょう。

 

 

ベーシック・スタンダード・プレミアムの3つのプランが用意されています。

月間100万PV以下ならベーシックで問題無いでしょう。

ブログ運営に力を入れているならスタンダード以上のプランをお勧めします。

Ryota
私はベーシックで申し込みしました。

②ConoHaWINGにドメインを追加する

Conohaドメイン追加

申し込みが終わったらログインします。

サーバー管理からドメインを選択。

画面右上の『+ドメイン』から移行したいドメインを追加します。

当ブログの場合はryota.siteのドメインを追加しました。

先にドメインを追加しておかないと、WordPress移行の時にドメインを選択できなくなります。

 

無料SSLに関してはネームサーバー移行後に設定することとなります。

Ryota
私はネームサーバー移行後もSSL化が選択できなくなり、ブログが表示されなくなりました。現在は一時的にエックスサーバーに戻しています。

 

ConoHaWING側に問い合わせたところ、以下のようなご返答がいただけました。

WINGのSSLについては、該当ドメインのネームサーバーが
ConoHaのネームサーバーに指定されてる必要がございます。

そのため、お客様のご指摘のように、移行完了後、ネームサーバーを
切り替え、反映後にSSLをお申込みいただくまでの間はSSL通信が
できないものとなります。

先に該当ドメインをConoHaのネームサーバーに変更(レコードは現在
運用中のサーバーの情報を登録)し、移行が完了後、レコードを切り替える
等の手順であれば、保護されない期間の短縮ができる可能性はございます。

 

ですが、事前にConoHaWING側のネームサーバーを移行することで、DNSで保護されない状態が表示されるのを回避できます。

 

エックスサーバー側のIPアドレスを確認。

ConoHaWING側の「A(通常)」行にある値をエックスサーバー側のIPアドレスに切り替えます。(ConoHaWING側のIPアドレスも使用するのでメモします。)

入力欄を追加し、「A(通常)」、名称「*」、TTL「3600」、値「エックスサーバー側のIPアドレス」にして保存します。

SSL化終了後、ConoHaWING側のIPアドレスに戻します。

③Wordpress自動移行アプリを使用する

conohaアプリインストール

 

サイト管理 → サイト設定 → アプリケーションインストールを選択。

右にある『+アプリケーション』をクリックします。

 

自動ワードプレスインストールの画面

この画面で『WordPressかんたん移行』を『利用する』にします。

すると上記のような画面になります。

 

それぞれの項目を入力します。

移行元URLに移行したいブログのURL。

サイトURLはWWW無し(ブログによって変わります)。

移行元ユーザー名はブログのメールアドレス。(私は最初にユーザー名記入をしましたが、エラーで移行できませんでした。利用できない文字列があるのかもしれません。)

移行元パスワードにブログのパスワード。

データベースに好きな文字列を入力。

それ以外の項目についても必要事項を入力します。

ConoHaWINGの自動移行

 

保存ボタンをクリックしてしばらく待ちます。

私の場合はおよそ20分で移行が終了しました。

移行予定のブログにログインしていたり、セキュリティ関係のプラグインを私用しているとブログ構築でエラーが出ます。

1度エラーが起きてしまうと『移行先ログイン中』というエラーで進まなくなります。

この状況になった場合はConoHaWING側に問い合わせましょう。

④ドメインを取得した会社でネームサーバーを変更する

conohaのネームサーバー情報変更

ドメインを取得した会社側でログイン。ネームサーバー情報の変更をします。

私はムームードメインを使用しています。

エックスサーバーのネームサーバーから上記のように変更しました。

ConoHaWINGのネームサーバー情報は以下の通りです。

ns-a1.conoha.io

ns-a2.conoha.io

ns-a3.conoha.io

ネームサーバーの情報設定を申し込んで作業終了です。

ただし、ネームサーバーの情報設定には時間がかかります。

24時間~72時間の間、ブログが表示できなくなる恐れがあります。

⑤エックスサーバーからConoHaWINGに自動移行をした結果について

サーバーの移行はエラーが続出するものです。

有料テーマの一部が表示されなくなるなどの報告があります。

しかし、エックスサーバーからConoHaWINGの自動移行アプリを利用しての移行に関しては一切のエラーがありませんでした。

(ネームサーバーでのエラーがあったため、ブログが表示されなくなりました。人の少ない時間帯を狙って先にネームサーバーを切り替えましょう。)

エックスサーバー側で無料SSLを利用している場合のネームサーバー情報変更のみご注意下さい。

3.ConoHaWINGを使うメリットについて

ConoHaWINGを使うメリットは速度と自動移行可の2つだけではありません。

 

  • 無料の独自SSL
  • 自動バックアップ(14日前の状態まで復元可能)
  • 他のプランへもボタン1つで変更可能

 

という大きな3点の他に、海外からのアクセス制限などの基本機能も揃っています。

自動バックアップが嬉しいですね。

突然ブログが消えてしまうことは珍しくありません。

とは言え、バックアップする作業時間が確保できないのが現状です。

ConoHa WINGは速度のカスタマイズやバックアップができない、忙しい人にピッタリなレンタルサーバーです。

4.ご紹介したConoHa WINGはこちら

当記事でご紹介したConoHa WINGはこちらからお申し込みできます。

初期費用も必要ありません。

ベーシックプランなら月額1,200円で利用可能です。

(2018/10/12まで申し込み後90日間20%OFFキャンペーン中)

 

 

あなたも最安値で最速のパフォーマンスを手に入れましょう。

Ryota
ブログ管理画面の動きも速くなりますよ。

まとめ

移行に関してはまだまだ問題点がありそうですが、パフォーマンスには優れています。

私も新ブログは全てConoHaWINGで立ち上げる予定です。

ブログの速度にお困りなら、ConoHaWINGの使用を考えましょう。

SPONSORED LINK
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota

Ryota@パラレルワーカー

会社員・ブログ運営・作曲家・ブランド開発を手がけています。東京サウンドプロダクション所属。WEBマーケティング業『Blue Rat Web』を立ち上げ、複数のメディアを運営しています。■詳しいプロフィールはこちら

1

「ブログでサラリーマンから抜け出して、毎日7時まで寝ていたい。」 「豊かな生活をしたくないけど、せめて不安な生活から脱出したい。」 何とかして今の生活を良くしたいとお悩みでは無いでしょうか。 &nbs ...

2

「不労所得が月10万円あったら人生ラクなのにな。」 と思いませんか? 当記事では資産をロボットに運用させる『ロボアドバイザー』で不労所得『月10万円』を目指します。 途中経過から、ロボアドバイザーの比 ...

-ブログの実践法

Copyright© Parallel Road , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.