お金・副業の話 副業

ランサーズで稼げない人がミスしてる3つのこと『脱高単価+要効率』

ランサーズで稼げない

「ランサーズでWEBライターをしているんだけど全然稼げない。1日数時間書いても月2万とかそのくらい…。どうやったら月10万以上稼げるようになるんだろう。」

という悩みにお答えします。

 

パラレルキャリアのRyotaです。ランサーズを通じてWEBライターの業務委託契約をしています。最高で文字単価3円での作業もあります。

 

当記事の内容はこちら

  1. ランサーズで稼げない人がミスしてる3つのこと
  2. ランサーズで稼ぎたいなら取り組んで欲しい2つのこと
  3. ランサーズでこんな仕事にもチャンスがあります

 

実際にランサーズで稼げている私なのでお伝えできることがあります。結論から言うと『稼げないこと』をしてるだけなんですよね。コツを知れば今の1.5倍くらいは稼げるようになります。

包み隠さずお話しますので、1つでもお役立て頂ければ幸いです。記事後半にはお勧めの案件なんかも紹介しちゃいます。どうぞご覧ください。

SPONSORED LINK

1.ランサーズで稼げない人がミスしてる3つのこと

ランサーズで稼げない人の特徴

ランサーズで稼げない人の特徴

以下の3つです。

  1. 高単価案件のみを狙っている
  2. プロフィールや実績をしっかり書いていない
  3. 稼ぎ方の『効率』を考えていない

目先の収入のみにこだわらないこと。『単価×作業スピード』を考えることですね。

お悩みマン
WEBライター以外にも言えそうですね。
ですです。稼げる人って稼ぎ方の基本を知ってます。WEBライターだろうがプログラム関係だろうが、スキルがあれば上手に稼げてますよ。
Ryota

それぞれ詳しく解説しますね。

① 高単価案件のみを狙っている

高単価案件の特徴

高単価案件の特徴

高単価案件って作業効率が低いんですよ。(クラウドソーシング内に限っての話。もちろん、スキルが高ければ問題ありません。)

  • 専門的知識が必要
  • マニュアルが厳しい
  • アカデミックな分野もある(日本語の使い方に厳しい)
  • 応募が殺到する

あなたが詳しくない分野で5,000文字書くって大変ですよね。結果、小学生の感想文みたいに同じことを書いてごまかします。

クライアントもユーザーも同じ内容の繰り返しは喜びません。

訂正だらけになり、2万円の案件に1週間ぐらいかかります。これって文字単価が高くても作業効率的にマイナスですよね。

クライアントとユーザーの信頼を勝ち取ることが必要

低価格でも得意なジャンルに挑戦しましょう。

まず作業効率が上がります。スラスラ文章が書けるので内容もまとまります。クライアントも無駄な支払いがなくてニッコリ。ユーザーも読みやすい文章だからニッコリ。

そしたらクライアントも「この人にもっと書いて欲しい。」って思いますよね。文字単価アップや長期採用につながります。あなたが狙うは得意なジャンルの案件です。

② プロフィールや実績をしっかり書いていない

ランサーズのプロフィールについて

ランサーズのプロフィールについて

プロフィール充実度90%以上を目指します。

情報量が多ければ多いほどクライアントが安心します。

  • サマリー、資格を書く
  • ランサーズチェックをする
  • ポートフォリオを提出する
  • 本人確認を終了する

上記のとおり。

ランサーズのプロフィール充実度

ランサーズのプロフィール充実度

サービス出品と外部サービス連携は必要ありません。

文字数限界まであなたの情報を書くべき

プロフィールは最大文字数の1,000文字ギリギリまで書きます。

お悩みマン
プロフィールをそんなに書いていいんです?
本気でクラウドソーシングしていることが分かりますよね。あなたに経験や実績があれば1,000文字なんてあっという間。とにかくアピールです。
Ryota

極論ですが、アルバイト経験1つでも1,000文字って書けますよね。500文字くらいであなたの経験がまとめられるはずありません。自己分析からスタートしましょう。

 

転職時の履歴書をイメージしましょう

プロフィールはクライアントに『あなたができること』を伝えるのが目的です。

工場に勤めていたら『工場系』の記事が書けますよね。IT関係なら今まで携わった作業を書けばスキルが伝わります。

以下、私のプロフィールの一部分です。例としてご覧ください。

私のプロフィール例

私のプロフィール例

実績や略歴とは別で『稼働時間』も書きましょう。

▼活動時間/連絡について

できる限り早期のご返信をさせて頂きますが、パラレルキャリアのため他の仕事をしている可能性があります。お時間を頂戴するかと思いますがご了承いただければ幸いです。

どのくらい仕事ができるのかをクライアントは重視します。連絡が取れないって不安ですからね。ここは大きなことを言わず、どういう状況なのかを正しく伝えましょう。

認定ランサーを目指すのもおすすめ

プロフィールを充実させてプロジェクト案件を1つクリアすれば『シルバーのランサー』になります。これ、クライアントはかなり見てます。

とにかく1ヶ月努力して『認定ランサー』になれば『認定ランサー』が実績になります。ランサーズ内でしか通用しないものの、仕事量が増えますね。提案もとおりやすくなります。

③ 稼ぎ方の『効率』を考えていない

稼ぎ方の効率について

稼ぎ方の効率について

文字単価や高単価のつられるのではなく、時給で考えましょう。

ランサーズのように『決まった仕事をこなす』場合、その案件の単価×作業速度で時給が決まりますよね。既にお話したように『高単価でも不得意な仕事』だったら作業速度は低下。時給は下がります。

WEBライターなら以下のような案件は非常に稼ぎやすいです。

  • マニュアルがゆるい
  • 画像の挿入が必要ない
  • 主観で書ける(体験系・恋愛系)
  • 話し言葉で書いていい
もちろん、書きやすい書きにくいはあなたのスキルで変わります。私の場合ならWordPress入稿が得意。テキストだけの提出よりも手早く完成できます。単純に慣れの問題です。
Ryota

低単価でも作業スピードが速ければ稼げる

1,000文字240円のタスク案件でも稼げます。15分で終了すれば1時間で4つ書けますよね。時給960円になります。

1,000文字1,000円の『ちょっと難しい案件』よりも効率がいいかも知れません。こんな感じで考えます。

 

次にランサーズで稼ぐための『取り組み』についてお話します。やっぱり文字単価が上がるのは嬉しいですからね。

SPONSORED LINK

2.ランサーズで稼ぎたいなら取り組んで欲しい2つのこと

ランサーズで稼ぐために必要なこと

ランサーズで稼ぐために必要なこと

以下の2つです。

  1. WordPress入稿を提案する
  2. プロジェクト終了後の関係を発展させる

文字単価アップと効率アップの2つを狙います。1時間で書ける文字数が増える+文字単価が上がるとスルスルと稼ぎが増えます。

やみくもに作業をし続けるより効率的ですよ。お試しください。

① WordPress入稿を提案する

WordPressの作業画面

WordPressの作業画面

文字単価が上がりやすいです。

クライアントがWEBライターに求めているものって時短です。ほとんどのクライアントがWordPressを使ってブログ、メディアを運営しています。直接WordPressに記載してくれるって凄い時短なんですよ。

  • 画像挿入
  • 文字装飾

この2つも一緒に提案します。

体感で恐縮ですが指定の文字単価+0.5円でもとおりやすいです。クライアントによってはWordPress入稿歓迎と案件に記載してますね。チェックしましょう。

WordPressを学ぶには自分でブログを立ち上げるのが手っ取り早いです。

ブログを作るとWEBライターに必要なスキルが身に付く

WEBライティングが身に付きます。クライアントがどうして細かなマニュアルを作っているのか、本質的な部分が理解できますね。

WEBライティングについては以下のインスタが分かりやすいです。

ブログをポートフォリオにも使えます。ランサーズのプロフィール充実度向上にも役立つので一石二鳥ですね。

ブログの開設方法については以下をご覧ください。

キュレーションサイト判別にも役立つ

キュレーションサイトの多くは文字単価が低いのに厳しいマニュアルが用意されています。しかも独自の『ライティングシステム』を導入しており書きづらいです。

私は『Naverまとめ』みたいなシステムに出会いました。改行すら独自のシステムでしてWordPressやテキスト提出に慣れた人は効率が落ちます。

WordPress入稿可なら提出は必ず『WordPressを利用』しますよね。キュレーションサイトの判別に使えます。

② プロジェクト終了後の関係を発展させる

プロジェクト終了後の理想の関係

プロジェクト終了後の理想の関係

長期継続・文字単価アップにつながります。業務委託契約に発展するケースもあります。

お悩みマン
長期継続なんてあり得るんです?
普通に話が来ますよ。クライアントさんからすれば、下手な新規ライターを探すより優秀なライターを確保する方がお得なんですよね。
Ryota

最初の案件は『お試し』だと思いましょう。あなたがテストされているイメージですね。だから、長期継続を意識して記事を納品することが大切です。

120%の完成度で記事を納品する

納期とマニュアルは守って当たり前。

クライアントが求めている以上の『時短』と『良質な記事提出』を心がけます。そしたら優秀なWEBライターだと思われますよね。

実はランサーズを利用するWEBライターの半数が『ビジネスマナー違反者』です。納期を守らない・マニュアルを読まないのは当たり前。連絡が取れなくなる人も多いです。

細かく連絡を取るだけでも喜ぶクライアントは多いです。

 

120%の完成度の記事について

  • 挿入画像も付属する
  • 納期の数日前には提出する
  • 誤字脱字がない
  • 専門性の高い記事になっている
  • 無駄に長くない

上記のとおりです。最初からWordPress入稿を提案するのも喜ばれます。

さらに詳しくは以下の記事で解説しています。あわせてご覧ください。

webライターで稼げる稼げない
『WEBライターで稼げる人と稼げない人』の違いをメディア運営者が解説

続きを見る

 

ランサーズはWEBライター以外にも様々な仕事があります。未経験スキルなしで挑戦できるものをいくつか紹介しますね。

3.ランサーズでこんな仕事にもチャンスがあります

録音レコーダーDR-05

録音レコーダーDR-05

例えば以下の2つです。

  1. SNS運用代行
  2. 録音のテープ起こし代行

どちらも未経験から可能です。人によってはWEBライターより稼げます。向き不向きの部分なので、まずは仕事内容をチェックしてみましょう。

① SNS運用代行

インスタグラム用テンプレート

インスタグラム用テンプレート

企業のツイッターやインスタグラムの運用を代行します。

  • フォロワーを増やす
  • 人気の出た投稿を分析、提出する
  • 指示のあった内容の投稿を作る

上記のとおり。

業務委託契約が主流。月2~5万円程度の安定収入になります。ただしフォロワー数増加のノルマがあるなど、厳しい部分がありますね。分析力は必須。

インスタならCanvaが使えるだけで仕事を取れますよ。

② 録音のテープ起こし代行

取材等で録音した内容を全て文章にします。

WEBライターのように文字単価で計算する案件。1回ごとに金額が決まっている案件の2種類があります。録音物を聞くだけで時間がかかるため単価が高めに設定されていますね。

WEBライターと違って自分で文章を考えなくてOK。難しいマニュアルもありません。お小遣い程度に稼ぎたいならおすすめです。

まとめ:ランサーズは正しい方法を知れば稼げます

WEBライターに限らず、ランサーズの案件は低単価が多いです。高単価案件には人が殺到。スキルの高い人が重視されちゃいます。

低価格でも作業効率のいいものをとにかく引き受ける。業務委託契約に発展させるなど、戦略を考えて仕事を選びましょう。

そしたら月5~10万も夢ではありません。

 

以上、「ランサーズで稼げない人がミスしてる3つのこと『脱高単価+要効率』」という記事でした。

 

 

人気記事 副業の種類を5つの分類で紹介 | おすすめな22の仕事を徹底解説

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルワーカー

Ryota@パラレルワーカー

会社員・メディア運営・作曲家のパラレルキャリア。東京サウンドプロダクション所属。婚約破棄されたりパワハラで退職したりしましたが元気です。■詳しいプロフィールはこちら

-お金・副業の話, 副業

Copyright© Parallel Road , 2019 All Rights Reserved.