正社員+ブログで生活している私があなたの低所得を脱出するために、パラレルワークと投資、転職の情報をお伝えします。

Parallel Road

ブログの実践法

まとめ記事の書き方。ブログPVを底上げする5つの戦略がこちら

投稿日:

まとめ記事のタイトル

「記事が増えてきたから、過去記事を活用してPVをアップできないかな?」

「全ての記事をつなげるための『目次記事』ってどう作れば良いの?」

当記事では地域ブログ・グルメブログに必須な『まとめ記事』でPV数を上げるコツをお話します。

 

アフィリエイターのRyota(@Blue_Rat_Web)です。

新記事を書くだけでなく、過去記事を有効に使うことでPV数が底上げできます。

特に『まとめ記事』は直帰率低下だけでなく滞在時間を延ばす効果もあります。

当記事では実際に私が心がけている『まとめ記事』の書き方を5つご紹介します。

これを実践すれば短時間で効率的にブログPVを上げられます。

どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.まとめ記事は企業との競合を避けたタイトル付けにする

お悩みマン
岐阜市の美味しいお店5選を書こうと思っているんだけど。大丈夫かな?
それはお勧めできません。個人で戦うにはビッグワードです。
Ryota

まとめ記事は過去記事を利用した記事になります。

そのため、短時間で簡単に1記事を作成できます。

「なら、まとめ記事をたくさん書けば良いんだね。」

と思うのは危険です。

まとめ記事の重要性は企業も知っているためです。

あなたが狙うべきは企業と違った切り口のまとめ記事です。

①ビッグワードのまとめ記事は企業が独占している

岐阜市の美味しいお店〇〇選を例とします。

このキーワードで検索すると上位のほとんどを企業が独占しています。

 

  • 食べログ
  • ぐるなび
  • トリップアドバイザー

 

のように、大手と争わなければなりません。

大手がいなくても『.jp』のドメインは要注意。法人のドメインだからです。

企業にとって大きなメリットの無い『細かいまとめ記事』を書きましょう。

 

実例

岐阜市の美味しいお店〇〇選は企業が独占しています。

『岐阜市の子連れでも安心できるお店3選 完全個室だから大丈夫!』

『彼氏も喜ぶ、デカ盛りがあるカフェ4選』

のように、まとめる内容は細かく具体的にしましょう。

②まとめ記事を検索するユーザーの気持ちについて

企業の作成するまとめ記事はざっくりとした内容がほとんどです。

ユーザーより顧客の満足度を考えているためです。

赤ちゃんと一緒でも安心なカフェを検索するユーザーは細かな内容を知りたがっています。

 

「掘りごたつって深くないの?落ちても大丈夫なの?」

「個室って半個室?周りに迷惑にならない?」

 

まとめ記事もアフィリエイト同様にユーザーの検索意図が必要です。

「岐阜市 子連れ カフェ」

で検索する人が知りたがっている情報以上の内容をタイトルで伝えましょう。

2.まとめ記事で紹介したリンク先の情報を掲載する

まとめ記事の構造について

まとめ記事は単純にリンクを書くものではありません。

まとめ記事だけでも単独で情報を伝えられるようにしましょう。

ユーザーに興味を持たせるためです。

グルメ店の紹介をするとして、店名だけでユーザーは興味を持ちません。

 

  • 何がお勧めなのか
  • 予算はどのくらいか
  • 特典はあるのか

 

ユーザーは「さらに詳しい情報が知りたいな。」と思うため、個別の紹介リンクをクリックします。

これは内部リンクや広告と同じです。

何となく広告を追記してもユーザーはクリックしませんよね。セールスするからクリックします。

まとめ記事でもセールスが必要です。

そのセールスが『まとめ先の情報を紹介すること』です。

ポイント

ただし、目次目的の記事は違います。

目次目的の記事はリンクが多くなりますので、テキストリンクで追加できる形にしましょう。

①内容が分かっているからユーザーは興味を持つ

大事なことなので重複を恐れずに記載します。

アフィリエイトでも企業側が作成した製品を紹介するページがあります。

しかし、ユーザーがクリックしなければユーザーはこのページを見ません。

だから製品のメリットやデメリットをまとめたキラーページの作成が必要になります。

 

『ユーザーが企業側が作成したページに移動する前に購入を決めている』

 

これが最高の状態です。

 

まとめ記事も、そのお店の紹介ページをクリックした時点で『その店に行って見たい状態』にできれば最高です。

そのためにはお店のことが一目で分かるように情報を抜粋してまとめなければいけません。

わざと内容を記載せずにユーザーを紹介ページに誘導していませんか?

大事なのはユーザーにとって便利なまとめ記事にすること。そこを忘れ無いようにしましょう。

3.まとめ記事は『10選未満』にする

Ryota
まとめ記事に掲載する内容が10選以上になるようなら、そのまとめ記事は失敗しています。

企業が作成するページでも『〇〇の美味しいお店20選』という内容があります。

これはまとめ記事として失敗しています。

なぜなら『まとめられていないから』です。

ユーザーは決定したいのであって、悩みたいのではありません。

20のものから1つを選ぶより5つのものから1つを選ぶ方が簡単です。

あなたは紹介するものを20から5つに抜粋してください。

この抜粋がまとめ記事のオリジナリティにつながります。

岐阜市の有名なお店のほとんどを掲載していた場合、それは飲食店を紹介しただけ。

まとめ記事ではなくなります。

 

ユーザーはまとめ記事を見慣れています。

「また知ってるお店ばかり紹介されている・・・。」

とうんざりしています。

積極的に違った意見を取り入れましょう。それが高評価につながります。

①10選以上はまとめていない

具体的には10つ以上の選択肢をユーザーに与えないことをお勧めします。

できれば5選。

3選でも十分です。

あなたの意見がしっかりしていれば、ユーザーはあなたを信頼してくれます。

他の人と違う製品でも自信をもって紹介してください。

②ユーザーに悩ませない配慮をする

ユーザーは悩みがあって検索をします。

「岐阜 子連れ カフェ」

で検索する人を想像してみましょう。

 

  • 久々にオシャレなところで外食したい
  • 子連れに優しいお店が知りたい
  • 周りの人に迷惑が掛からないサービスはあるだろうか
  • 自宅で作れないメニューはあるだろうか

 

タイトルの時点で悩みの1つは解決できます。

「岐阜市の子連れに優しいカフェ3選 完全個室アリ!」

まとめ記事の内容で他の悩みを解決していきます。

悩みが解決した状態でもっと情報を知りたい人は紹介ページに移動します。

これが『カフェ15選』だとどうでしょう。

ユーザーは選びきれずに悩みます。ポジティブな悩みなら良いのですが、ネガティブな悩みになると大変です。

ユーザーが悩みの解決として記事を見ているのに、悩みを増やすのは残念です。

だからまとめ記事も情報を多くしすぎない配慮が必要です。

4.最初に自信のある記事を紹介する

まとめ記事でもクリックされやすい順序があります。

1番最初に紹介した内容のクリック率が高くなります。

なぜなら、ユーザーの集中力が続いているため最初の情報に注目しやすいからです。

ユーザーは記事を最後まで読むとは限りません。最初の方にぴったりな情報が見つかればそこで満足することもあります。

①ランキング同様、ユーザーは最初の選択肢に注目する

ランキング記事には『1位から紹介する流れ』と『5位から紹介する流れ』があります。

紹介する商品にもよるのですが、私の場合は1位から紹介する方が1位の商品のクリック率が上がりました。

5位の商品を紹介した後に1位の商品をもう1度紹介すると、さらにクリック率が上がります。

ユーザーは記事の最初まで戻って読みたくないからです。

 

まとめ記事も同様の構造にしましょう。

あなたが1番自信のあるページを最初に紹介。

最後の紹介が終わった後に最初のページの商品をもう1度紹介します。

5.まとめ記事で収益化とPV数アップを共存させない

まとめ記事で収益化とPV数アップを混ぜていませんか?

もちろんまとめ記事でも収益化とPV数アップを共存させることはできます。

ただし、簡単なことではありません。

まとめ記事はリンクが多くなります。その中に収益化のリンクを加えることで、ユーザーの離脱先が多すぎる記事になります。

まとめ記事から収益化につなげるページに飛ばす方法をお勧めします。

①収益化ならまとめ記事よりランキング記事

収益化を狙うなら収益化に特化した記事作成をお勧めします。

収益化に特化したページは以下の通りです。

 

  1. ランキング
  2. 比較
  3. キラーページ

 

まとめ記事で収益化を狙う場合、各紹介ページを作成しなければなりません。

特定の商品のみ紹介ページが無いと信用に欠けるためです。

PV数が上がればアドセンスでの収益も上がりやすくなります。

まとめ

50記事に1つのペースでまとめ記事を追加するとPV数が上がります。

まとめ記事は『おすすめ記事』や『メニュー』からも紹介しやすい記事。

上手に使えばあなたにもユーザーにもメリットがあります。

当記事でご紹介した方法を取り入れて、ユーザビリティの高いブログ運営を心がけましょう。

SPONSORED LINK
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota

Ryota@パラレルワーカー

会社員・ブログ運営・作曲家・ブランド開発を手がけています。東京サウンドプロダクション所属。WEBマーケティング業『Blue Rat Web』を立ち上げ、複数のメディアを運営しています。■詳しいプロフィールはこちら

1

「ブログでサラリーマンから抜け出して、毎日7時まで寝ていたい。」 「豊かな生活をしたくないけど、せめて不安な生活から脱出したい。」 何とかして今の生活を良くしたいとお悩みでは無いでしょうか。 &nbs ...

2

「不労所得が月10万円あったら人生ラクなのにな。」 と思いませんか? 当記事では資産をロボットに運用させる『ロボアドバイザー』で不労所得『月10万円』を目指します。 途中経過から、ロボアドバイザーの比 ...

-ブログの実践法

Copyright© Parallel Road , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.