会社員+個人事業主の働き方をしている私と『副業』や『お金稼ぎ』『仕事との付き合い方』を学ぶブログです。

Parallel Road

お金の稼ぎ方 ロボアドバイザー

【全自動運用】ロボアドバイザーとは『人気の投資サービスを解説』

更新日:

ロボアドバイザーとは

「投資をロボットに任せるロボアドバイザーサービスが人気になってるけど、結局はどういうことなの?CMでもほったらかしでお金が増えるとか言ってるけど・・・ちょっと怪しくない?」

という疑問にお答えします。

 

パラレルワーカーのRyota(@Blue_Rat_Web)です。

元本としてウェルスナビに100万・THEOに60万・FOLIOに35万の合計195万+月々の積立により200万以上をロボアドバイザーサービスで運用しています。

 

 

当記事の内容はこちら

  1. ロボアドバイザーとは『サービス内容を解説』
  2. ロボアドバイザーが向いている人・向いていない人
  3. ロボアドバイザーの選び方と違いについて
  4. オススメのロボアドバイザー3社

 

現在も種類が増え続けているロボアドバイザーサービス。メジャーな資産運用の1つとなってきました。

当記事ではサービス内容だけでなく、向いている人・不向きな人とロボアドバイザーの選び方まで解説します。どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.ロボアドバイザーとは『サービス内容を解説』

資産運用するロボット

ロボアドバイザーのサービス内容は以下の通りです。

 

  1. ロボットが金融商品の選択から購入までを代行
  2. あなたの考え方や年齢に応じたポートフォリオを作成する
  3. 定期的に投資配分をリバランスして最適な状態を保ってくれる
  4. 分配金の自動再投資

 

サービス① ロボットが金融商品の選択から購入までを代行

ロボアドバイザーサービスに申し込むと簡単な質問に答えることになります。

  • 年齢・年収
  • あなたが投資に求めるもの
  • 投資予定額

この質問に答えることであなたの『投資スタイル』が決定。それに応じた金融商品の選択・購入を全てロボットが代行してくれます。

この投資スタイルの決定診断は無料です。

>> 実際に無料診断を体験できます ロボアドバイザー THEO

 

サービス② あなたの考え方や年齢に応じたポートフォリオを作成する

投資スタイルの決定診断によりポートフォリオを提案してくれます。

ポートフォリオとは

『作品集』という意味合いで使われます。金融業界では「金融商品の一覧や保有パーセンテージ・株の銘柄」を示します。

私が実際にTHEOで作成した結果が以下の通りです。

ポイント

グロース 63% (値上がり益重視)

インカム 27% (利息重視)

インフレヘッジ 10% (インフレ対策)

theoの運用方針変更

 

結構強気な配分になりました。

あなたが投資に安定を求める答えを選択した場合は『利息重視のインカムのパーセンテージ』が上がります。

THEOはこのような表示となりましたが、ウェルスナビでは別の表示となります。

ウェルスナビのポートフォリオ

ウェルスナビでは『リスク許容度』という段階でポートフォリオが決定されます。

リスク許容度が高いと米国株の配分が高まります。これにより『利益重視』の決定となります。

サービス③ 定期的に投資配分をリバランスして最適な状態を保つ

金融商品はその時々で時価が変動します。

値上がった商品をずっと持っていると『伸びシロ』が無くなりますよね。値上がった商品を売却。値が低いけど『伸びシロ』のある商品を購入することでポートフォリオのバランスが保たれます。

これをリバランスと言います。

ロボアドバイザーはリバランスも全て自動です。

あなたが自力でリバランスをする場合、かなり時間がかかります。

金融商品の勉強から値動きに対する考察も必要になるためです。リバランスを全て自動でお任せできるのはロボアドバイザーサービスの大きなメリットです。

サービス④ 分配金の自動再投資

ロボアドバイザーサービスでは投資で得たお金をそのまま投資に使います。

そのため、『複利効果』で高い利回りを狙えます。

100万円のお金を預けて年利回りが3%になったとします。

1年後には103万円になります。利息の3万円をそのまま投資に使わなければ年間3万円ずつしか増えていきませんよね。20年後には160万円になって終わりです。

投資で得たお金をそのまま投資に回した場合、同じ年利回り3%だと20年後に183万円になります。(分かりやすくするため税金を省いています。)

手数料は年1%と高め

ロボアドバイザーの運用費用は『手数料』として引かれます。手数料は基本的に年に1%です。

 

各社手数料のバラ付きはあるものの、

預かり資産3,000万円以下 年1%

預かり資産3,000万円以上 年0.5%

が多いです。

※ウェルスナビだと年に0.9%まで手数料が減る長期割制度もあります。

 

個人でロボアドバイザーが提案する金融商品を買うとロボアドバイザーの手数料以下の価格で購入できます。

ただし、購入までのハードルが高いのが実態。知識や経験の無い人にとってロボアドは有効な資産運用手段になります。

2.ロボアドバイザーが向いている人・向いていない人

お悩みマン
どういった人にロボアドバイザーがオススメなの?
Ryota
主に『投資に興味があるけど時間の無い人』『余剰金で気軽に資産運用を試したい人』になります。

ロボアドバイザーは向き不向きがあります。

既にお話したとおりロボットが手堅くあなたにあったプランで投資を開始してくれます。代わりに手数料は高め。

投資である以上『元本割れ』のリスクもあります。私も何度も元本割れを経験しています。

参考 THEO運用半年後の結果がこれだ!元本割れからの回復で感じた3つのこと

 

こうしたことから、ロボアドバイザーに向いている人・向いていない人をご紹介します。

ロボアドバイザーが向いている人

ロボアドはこんな方におすすめ

  • 5年・10年単位で長期的に運用を任せられる
  • 投資を勉強する時間が無い
  • 始めて資産運用をする
  • 20代

 

ロボアドのメリットは知識が無くても最短3日後には資産運用を開始できる点。

銀行で投資信託の説明を受けても銀行の言いなりになってしまう人にオススメです。手数料は確かに高めですが、ボッタクリなものを売られる心配がありません。

ロボアドは長期運用で成果の出る投資です。20代前半から5年・10年単位でコツコツ続けられる方ほど成果につながりやすくなります。

 

ロボアドバイザーが向いていない人

ロボアドはこんな方には不向き

  • 投資に関する知識がある
  • 10万円以下の資産しか無い
  • 短期間でたくさんの利益を得たいと考えている
  • 毎日の資産の変動で焦ってしまう

 

ロボアドのデメリットは手数料の高さ。自分で金融商品を選択。購入できる人ならロボアドを使う必要はありません。

また、1万円から預けることができますが額が低すぎて成果につながりません。

半年~1年以内に10%以上の利益を出したい!と考えている人にも不向きです。ロボアドはそういうサービスではありません。

 

3.ロボアドバイザーの選び方と違いについて

ロボアドの選び方

ロボアドバイザーは各社でサービス内容が違います。

大きく違うのが『全自動型』と『選択型』。また、全自動型の中でも『税金対策に強い』『AI搭載で安定している』などの違いがあります。

それぞれ解説します。

全自動型と選択型ロボアドバイザーの2種類がある

ロボアドバイザーには大きく2つの形があります。

 

全自動型はお金を預けたと同時に購入から配分まで全てをロボットが代行してくれます。

選択型はロボットが『提案』をしてくれますが、決定権はあなたにあります。購入商品の配分も変更可能です。

 

全自動型のロボアドバイザー例

ウェルスナビ | もっとも有名なロボアドバイザー。利回りがよく、税金対策のサービスがあります。人気があるため『実績』などの情報が多いのも嬉しいですね。

THEO | ロボアドバイザーサービスを最初に開始した会社。2018年現在で唯一のAI搭載。下落と下落からの復活に強く、安定しています。私は1番オススメしています。

 

選択型のロボアドバイザー例

利用料0円!ロボアドバイザーが資産運用をトータルサポート◆松井証券の『投信工房』◆
自動でポートフォリオを提案してくれますが、自動調整は提案のみ。ただし手数料は0.38%と格安です。

FOLIO | 『VR』などのテーマを選択することで、テーマに属する株を一気に購入できるロボアドバイザー。他社と同じような『資産運用』の投資サービスもあります。

ロボアドバイザー各社による『特徴』がある

既に何度かお話していますが、ロボアドバイザーは各社特徴があります。

自動型の『ウェルスナビ』『THEO』でも税金の最適化やAI搭載の違いがあります。

選択型はもっと自由ですね。FOLIOはテーマ株+おまかせ投資の両方を同時に運用できます。

「少しは自分でも選択してみたいな。」

とお考えならポートフォリオのバランスを自分で選択できるTHEOや自由度が高いFOLIOをオススメします。

4.オススメのロボアドバイザー3社

Ryota
以下、ロボアドバイザーで200万円以上運用している私のオススメ3社をご紹介します。

こちらの3社は『ロボアドバイザーランキング記事』としてもオススメしています。あわせてご覧下さい。

参考 ロボアドバイザーランキングベスト3『投資初心者ならこれで決まり!』

①AI搭載の安定型『THEO』

THEOの積立キャンペーン

  • 2018年現在で唯一のAI搭載。自動型ロボアドバイザー
  • 1万円から運用可能。月々の積立投資が可能(ボーナス月は別枠設定も可能)
  • 人気があるので運用実績等の人気が高い
  • 安定度ではロボアドバイザー業界トップクラス

私が最もオススメしているのがTHEOです。AI搭載で急な下落にも強いのが安心だからです。

THEOのAIアシスト

運用実績はこちらの記事からご覧下さい。

実績記事 ロボアドバイザーTHEOに60万円を預けた運用実績『まさかの利率』

 

無料のポートフォリオ診断はこちらから可能です。

無料診断 THEO

②選ばれてNO.1の『ウェルスナビ』

ウェルスナビのページ

  • 人気No.1の自動型ロボアドバイザー
  • 税金の最適化サービスがあり、ポートフォリオの構成を維持したまま、その年の税負担の軽減してくれる
  • リスク許容度次第では高い利回りを狙える

人気ではウェルスナビがトップです。税負担の軽減+積極的に利回りを狙う分配が評価されています。

運用実績はこちらの記事からご覧下さい。

実績記事 【2018年】ウェルスナビを資産運用に100万円使った運用実績

 

無料のポートフォリオ診断はこちらから可能です。

無料診断 ウェルスナビ

③テーマを選択する新型『FOLIO』

folioのトップページ

  • テーマ型投資とロボアドバイザー投資の2つを同時に実践できる唯一のサービス
  • テーマ次第では短期間での収益化も可能
  • 先々を考えた『技術の勉強や考察』は必要

FOLIOは自由度が高いので楽しく投資ができます。技術に応じた株を買ったり、その株で得たお金をロボアドに使うなどの方法が使えます。

 

運用実績はこちらの記事からご覧下さい。

実績記事 テーマ型投資『FOLIO』の運用実績。高利回りの詳細をブログで公開します

 

無料のポートフォリオ診断はこちらから可能です。

無料診断 FOLIO

まとめ

日本は『貯金思考』が強くて投資に積極的ではありません。でもアメリカはほとんど貯金せずに投資しちゃうんですよ。

投資先も様々。14歳の子がスニーカーを買って売るだけの商売で1,000万円稼いだりしてますからね。

ロボアドは投資の敷居を低くしたサービスです。

あなたもロボアドバイザーで『投資の体験』をしつつ、銀行以上の利回りを狙っていきましょう。

 

以上、「【全自動運用】ロボアドバイザーとは『人気の投資サービスを解説』」という記事でした。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota

Ryota@パラレルワーカー

会社員・ブログ運営・作曲家・ブランド開発を手がけています。東京サウンドプロダクション所属。WEBマーケティング業『Blue Rat Web』を立ち上げ、複数のメディアを運営しています。■詳しいプロフィールはこちら

1

「ブログでサラリーマンから抜け出して、毎日7時まで寝ていたい。」 「豊かな生活をしたくないけど、せめて不安な生活から脱出したい。」 何とかして今の生活を良くしたいとお悩みでは無いでしょうか。 &nbs ...

2

「不労所得が月10万円あったら人生ラクなのにな。」 と思いませんか? 当記事では資産をロボットに運用させる『ロボアドバイザー』で不労所得『月10万円』を目指します。 途中経過から、ロボアドバイザーの比 ...

-お金の稼ぎ方, ロボアドバイザー

Copyright© Parallel Road , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.