パラレルキャリア・兼業・会社員+副業で生きる情報発信サイトです。

Parallel Road

テーマの選び方 ブログ論

『定番から個性派まで』日本のワードプレステーマ11選『心機一転』

日本のワードプレステーマ

「日本で製作されたワードプレステーマって何があるんだろう。海外のワードプレステーマはたくさんあるんだけど、英語でわかんないんだよね。Made in Japanのおすすめテーマを教えて欲しい。」

という悩みにお答えします。

 

アフィリエイターのRyotaです。これまでに20以上のブログを立ち上げました。メインはアフィンガーを使用していますが、誰も選ばないようなワードプレステーマ使用にも挑戦しています。

 

当記事の内容はこちら

  1. おすすめ日本の無料ワードプレステーマ
  2. おすすめ日本の有料ワードプレステーマ
  3. 日本のワードプレステーマを使うメリット

 

定番から利用者を見かけないワードプレステーマまでご紹介します。人と同じデザインは使いたくないけど、使いにくいのは嫌だ…。というあなたにピッタリな内容にしています。

どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

1.おすすめ日本の無料ワードプレステーマ

以下の5つです。

Godios. | 表示が速い。魔法かと思うレベル。速度を追求するならコレ。

COCOON | 高速・SEOに強い・できることが多いの3つが揃ったテーマ。無料テーマの最高峰。

4536 | 元は音楽特化のテーマ。音楽・動画配信をしたいあなたにピッタリ。AMP対応アリ。

Write | ライター特化のテーマ。美しい日本語表示に特化されており、無駄がない。有料版だと機能が追加される。

Graphy | ライター特化のテーマ。SEOにも強く高速。プラグインの多様が必須なため中級者向け。

無料でも有料ワードプレステーマに劣るわけではありません。

利用者が多いためたくさんの情報が集まります。ユーザーが必要としている機能が分かるため、有料のワードプレステーマと同等の機能を持った無料ワードプレステーマもあります。

足りない機能もプラグインで補えます。無料ワードプレステーマでも気に入ったものがあれば利用してみましょう。

① Godios. 遷移速度最速の無料ワードプレステーマ

Godiosのウェブサイト

画像引用 Godios.

【公式ページ】 https://godios.simmon.design/

『体感ページ遷移速度ほぼ0秒』を売りにしています。公式ページで色んなページを開いてみましょう。

「えっ?あ…画面変わってる!」と驚くことでしょう。私もクリックした後にマウスの反応が遅くてクリックされなかったのかな?と疑ったほど。目視で判断できないレベルでページが切り替わります。

表示速度がグーグルの評価に関わっています。速度に関する不安がなくなるだけでも利用する価値がありますよ。

 

 

② COCOON 無料なのがおかしいレベルの機能性

Cocoonのウェブサイト

画像引用 COCOON

【公式ページ】 https://wp-cocoon.com/

COCOONは有料ワードプレステーマから乗り換える人がいるほど機能が充実しています。Godiosが出る前は無料ワードプレステーマ最速でした。

収益化も考えられています。特にアドセンス広告の配置が簡単。Amazonや楽天の広告もショートコードで作成可能。

COCOONは無料とは思えないほど充実してます。ちなみにAMP化してもデザインが崩れません。AMP化すると検索結果に有利になります。
Ryota

 

 

③ 4536 音楽・動画特化のワードプレステーマ

4536のウェブサイト

画像引用 4536

【公式ページ】 https://4536.jp/

4536は音楽ブロガーの定番ワードプレステーマです。

高速化・AMP対応・レスポンシブデザインなど、必須の機能が揃ってます。そして他のワードプレステーマと違う特徴として『音楽・動画の投稿専用フォーム』があります。

今でこそワードプレスの音楽投稿が簡単になりました。それ以前は『サウンドクラウド』など別のプラットフォームに投稿してストリーミングさせるなど面倒だったんですよ。

これから音楽・動画の需要が高まります。テキスト以外で勝負したいあなたにピッタリなワードプレステーマです。

 

 

④ Write Webライターのポートフォリオに最適

writeのウェブサイト

画像引用 Write

【公式ページ】 https://themegraphy.com/ja/wordpress-themes/write/

Writeはライター向けワードプレステーマです。美しいタイポグラフィが特徴。

デザインはミニマルで無駄がありません。それが高速化にも役立っていますね。ブログの本質は『テキスト』。分かりやすく画像や動画を入れたとしても、テキストが読みづらければ伝わりません。文字を読んでいて『疲れない』のがWriteを使う価値ですね。

なお、有料版もあります。有料にすると機能性が増えてデザインにもこだわれます。あまり見かけないワードプレステーマなので人とかぶりたくないあなたにどうぞ。

 

 

⑤ Graphy ミニマルでタイポグラフィにこだわったワードプレステーマ

Graphyのデモサイト

画像引用 Graphy

【公式ページ】 https://themegraphy.com/ja/wordpress-themes/graphy/

GraphyはWriteと一緒の製作者が同じコンセプトで作成したワードプレステーマです。美しい日本語表示とミニマルなデザインが特徴。

足りない機能が多いためプラグインの使用が必須です。中級者向け。

私はGraphyを使って無料音楽素材サイトを運営していました。SEOを無視したタイトル付け・更新をしていたにも関わらず1日50名ほどの利用。音楽情報コンテンツでもピアノが売れるなど、自由な発想で使えるテーマです。

趣味ブログを楽しみたいあなたにオススメ。

 

 

スポンサーリンク

2.おすすめ日本の有料ワードプレステーマ

以下の6つです。

アフィンガー | アフィリエイターの定番。稼ぎたい・アクセス数を増やしたいならコレ。

JIN | 同じく定番。柔らかいデザイン+女性向け追加デザインがあるため、ジャンルによって使い分け可。

SANGO | 同じく定番。ユーザーの使いやすさ・分かりやすさに特化している。SANGO以外は使えなくなる人もいるほど。

MAJESTIC+ | タイポグラフィの美しさとインパクトのあるワードプレステーマ。ビジネスサイトにオススメ。

THE・THOR | SEOと収益化に特化したワードプレステーマ。複雑なカスタマイズいらずなのでメインテーマの1つにするのもアリ。

Diver | 必要な機能が全部揃っているのはもちろん、ずっとバージョンアップし続けるのが特徴。途中で更新が終わる不安がない。

 

上記のうち『アフィンガー・JIN・SANGO』は最強ワードプレステーマ特集で紹介しています。Diverは音楽向けワードプレステーマで紹介しています。そのため当記事では特徴を抜粋してお伝えします。

詳しくは各記事をご覧ください。

① アフィンガー ブログで結果を出したい人向け

アフィンガー5のサンプル画面

画像引用 アフィンガー

【公式ページ】 http://the-money.net/

アフィンガーは必要な機能だけでなく『大規模バージョンアップ』『アフィンガー限定の有料プラグイン』が用意されたワードプレステーマです。

ASPのA8.netが主催したアフィリエイトコンテストでも多くのサイトがアフィンガーを使用していました。

「結果が出ているワードプレステーマ」として人気です。なお、私もほとんどのブログをアフィンガーを使用しています。

 

 

当ブログからアフィンガーを購入した場合に限り特典があります。詳しくは以下の記事をご覧ください。

② JIN SEOに強い定番ワードプレステーマ

jinのサンプル画面

画像引用 JIN

【公式ページ】 https://jin-theme.com/

JINはアフィリエイトで有名はひつじさんが作成したワードプレステーマ。アフィンガー同様、著名なアフィリエイターが利用して結果を出しています。

特徴は柔らかいデザイン。女性向けデザインも販売されまして、ジャンルによってはアフィンガー以上の結果が出るかと思います。

速度が遅いとの話がありましたが、バージョンアップにて高速化されてます。

 

 

③ SANGO ユーザビリティ特化のワードプレステーマ

sangoのサンプル画面

画像引用 SANGO

【公式ページ】 https://saruwakakun.design/

SANGOは月間250万PVを達成したサルワカさんが作成したワードプレステーマ。SANGOも大定番。ただし、アフィンガーやJINとはデザイン性が違います。

格好良い・可愛いではなく『使いやすさ重視』。ユーザーが一目で『どこに何があるか分かる』ので、ブログ初心者向けと言えます。

 

 

④ MAJESTIC+ ビジネス向け高機能ワードプレステーマ

MAJESTIC+のウェブサイト

画像引用 MAJESTIC+

【公式ページ】 https://isotype.blue/majesticplus_detail/

MAJESTIC+はファーストビューやインパクト重視のワードプレステーマです。Writeのようにタイポグラフィも考えられています。見た目だけでなくブログ・メディアの要であるテキストも最適化。

画像はインスタのようにピンチアウトできます。

ファーストビューをフルスクリーンの動画で表示。全てのデバイスでシームレス表示可。開いた瞬間『動画再生』が可能です。

他の有料ワードプレステーマより機能が充実している分、こだわりだすと切りがない欠点もあります。動作も遅くなるので超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」を使うなどチューニング必須。

価格も他の有料ワードプレスの倍に近い27,000円。ビジネス向けのワードプレステーマです。

 

 

⑤ THE・THOR 独自の技術が多いワードプレステーマ

ザトールのウェブサイト

画像引用 THE・THOR

【公式ページ】 https://fit-theme.com/the-thor/

THR・THOR(ザ・トール)も定番ワードプレステーマの1つです。必要な機能が揃っているのは言うまでもありません。

大きく違うのが『PWA』の導入です。

PWAはWebサイトをアプリのようにインストール可能にする技術です。シンプルにリピーターの確保・誘導に便利ですね。複数条件検索(絞り込み条件検索)も標準装備。アフィンガーだと有料プラグインになってます。

地域系のアフィリエイトを考えているあなたは使う価値がありますよ。(地域名+ホットヨガみたいなキーワードを攻める時ですね。)

 

 

⑥ Diver 進化をやめないワードプレステーマ

DIVERのウェブサイト

画像引用 DIVER

【公式ページ】 https://tan-taka.com/diver/

Diverも必要機能が揃ったワードプレステーマですね。独自の機能も持っています。

  • パスワード設定記事
  • 共通コンテンツ(ショートコードで自由に呼び出せる)
  • アピールブロック

個人的にはパスワード設定記事が強いかなと思います。わざわざnoteで有料コンテンツ販売する必要がありません。個人で決済画面を作成。パスワードを作成して配布すれば手数料なしになります。これは便利。

メールマガジン発行時の特典コンテンツにも使えますね。

無料でずっと内容を更新し続けるのも魅力。他のワードプレステーマが数年ごとに『別名でバージョンアップして販売』しているのとは違いますね。

メインワードプレスとして使えますよ。

 

 

3.日本のワードプレステーマを使うメリット

日本のワードプレステーマを使うメリット

日本のワードプレステーマを使うメリット

以下の3つです。

  1. ネットで情報が見つかりやすい(利用者が多い)
  2. 日本語表示に適している
  3. 万が一の時に相談できる

① ネットで情報が見つかりやすい(利用者が多い)

カスタマイズ時にググって情報が見つかります。利用者が多いためです。

例えば「アフィンガーの速度が遅い…。速くできないかな。」と考えます。

「アフィンガー5 高速化」

で検索すれば情報が出てきますよね。

海外の馴染みのないワードプレステーマだと情報がありません。PHPやデザイン言語が使えれば良いですけど、使えなかったら厳しい戦いが待ってます。

今のように有料の素晴らしいワードプレステーマがなかった時代は大変でした。見出しのデザイン1つ変更するだけで5時間とかかかりましたからね。

しかもググって情報出てこないんですよ…。海外のワードプレステーマはこの状態になります。記事を書く時間が減りますね。

② 日本語表示に適している

私たちは当たり前に日本語で記事を書いてます。でも、海外なら英語や中国語。それぞれの言語に適したワードプレステーマが主流です。

普通に記事を書いているだけなのに『文字の配置がズレる』『読みづらい』になりますね。ブログ・メディアはテキストが命。テキストが読みづらければユーザーの離脱原因になります。ブログの評価も落ちますよ。

だからタイポグラフィが美しいワードプレステーマは素晴らしいですね…。特に高年齢者をターゲットにするなら文字の読みやすさは必須です。
Ryota

③ 万が一の時に相談できる

有料ワードプレステーマのカスタマイズに失敗。デザインが崩れてしまったとします。

そういう時に日本のワードプレステーマなら相談口がたくさんあります。

  • 公式サイトにて相談する
  • ツイッターなどSNSで助けを求める
  • スキルマーケットで詳しい人のサービスを買う
  • クラウドソーシングでヘルプを販売する

プロに頼めば海外のワードプレステーマでも修正してもらえます。でも、回数が増えたらお金が勿体無いですよね…。

万が一の時にヘルプしやすいって安心です。

まとめ:紹介したワードプレステーマはこちらです

当記事でご紹介したワードプレステーマは以下の通りです。

 

無料ワードプレステーマ

Godios. | 表示が速い。魔法かと思うレベル。速度を追求するならコレ。

COCOON | 高速・SEOに強い・できることが多いの3つが揃ったテーマ。無料テーマの最高峰。

4536 | 元は音楽特化のテーマ。音楽・動画配信をしたいあなたにピッタリ。AMP対応アリ。

Write | ライター特化のテーマ。美しい日本語表示に特化されており、無駄がない。有料版だと機能が追加される。

Graphy | ライター特化のテーマ。SEOにも強く高速。プラグインの多様が必須なため中級者向け。

 

有料ワードプレステーマ

アフィンガー | アフィリエイターの定番。稼ぎたい・アクセス数を増やしたいならコレ。

JIN | 同じく定番。柔らかいデザイン+女性向け追加デザインがあるため、ジャンルによって使い分け可。

SANGO | 同じく定番。ユーザーの使いやすさ・分かりやすさに特化している。SANGO以外は使えなくなる人もいるほど。

MAJESTIC+ | タイポグラフィの美しさとインパクトのあるワードプレステーマ。ビジネスサイトにオススメ。

THE・THOR | SEOと収益化に特化したワードプレステーマ。複雑なカスタマイズいらずなのでメインテーマの1つにするのもアリ。

Diver | 必要な機能が全部揃っているのはもちろん、ずっとバージョンアップし続けるのが特徴。途中で更新が終わる不安がない。

 

有料・無料関わらずどれを選んでも不安のないワードプレステーマです。全て日本製ですし、まずはここからスタートしましょう。

ワードプレステーマが決まれば必須プラグインの導入も忘れずに。

 

以上、「『定番から個性派まで』日本のワードプレステーマ11選『心機一転』」という記事でした。

 

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルワーカー

Ryota@パラレルワーカー

会社員・メディア運営・作曲家のパラレルキャリア。東京サウンドプロダクション所属。 カメラマン・製薬工場など複数の仕事を経験した後、個人事業中心の働き方に切り替え。 HSPで刺激に弱い悩みを持ち、低ストレスで働き生計を立てることを追求。日本の働き方に疲れている方向けに『これからの働き方』について発信し続けている。 ■詳しいプロフィールはこちら

-テーマの選び方, ブログ論

Copyright© Parallel Road , 2019 All Rights Reserved.