パラレルキャリア・兼業・会社員+副業で生きる情報発信サイトです。

Parallel Road

アフィリエイト

サラリーマンがアフィリエイトをするメリットとデメリット『兼業7年』

サラリーマンがアフィリエイトをするメリットとデメリット

「サラリーマンがアフィリエイトをするメリットとデメリットって何だろう。ローリスクハイリターンが狙えるのは想像できるけど、バレたら終わりだよね。詳しい話を教えて欲しい。」

という疑問にお答えします。

 

アフィリエイターのRyotaです。会社員+個人事業の生活を10年以上続けており、アフィリエイト歴は7年です。

サラリーマンがアフィリエイトをすると『経営者の考え』と『生活の余裕』が生まれるので、会社での評価も上がりやすくなります。一方で副業解禁になっても就業規則でNGな会社が多いです。

 

当記事の内容はこちら

  1. サラリーマンがアフィリエイトをするメリット
  2. サラリーマンがアフィリエイトをするデメリット
  3. 私が7年間パラレルワークをして感じたこと『脱差別意識』

 

サラリーマンがアフィリエイトをする場合の『行動』についてもお話します。基本的にはバレたら終わりです。ご注意を。

※こちらも合わせてご覧頂くと安心ですよ。

関連記事 会社員がアフィリエイトをする注意点!会社にバレない方法と節税法を解説

スポンサーリンク

1.サラリーマンがアフィリエイトをするメリット

  1. ローリスクで高年収が狙える
  2. 自分の不満解消を会社に期待することがなくなる
  3. 経営者の悩みや考え方が理解できる
  4. セミリタイアにつなげられる

上記4つですね。

基本的には『会社外で収入を得る』が大きなメリット。副産物として会社勤めがラクになるマインド的な内容が入ってきます。

これは経験談なのですが、会社での評価が上がりやすくなりますね。(残業を断ったりしていたのに途中で出世できました。)

メリット① ローリスクで高年収が狙える

ローリスクで高年収を狙えるアフィリエイトはローリスクでハイリターン

初期費用3万5千円で月10万~が狙えます。(もちろん継続と試行錯誤が前提。時間は失います。)

アフィリエイトの利益率は他にないほど高いです。

  • ネット環境があればパソコン1台でどこでも作業が可能
  • 在庫がいらない
  • 1人で始められる
  • 何を売るかも自由

この4点もサラリーマンには嬉しいですね。

失敗しても失うものって初期費用と時間だけです。時間を失うのは痛いですけど借金とかやり直せない痛手よりはマシかと。スキルは残りますので、ライターなどで副業をすることが可能です。

昇給と比べるのも大事です。地方では月4千円の昇給が普通。アフィリエイトなら1年継続で月1万は達成可能です。(これは正しい努力をしていれば誰でも達成可能な圏内。)

同年代と比べて高年収が狙えます。

※初期費用3万5千円の内訳はこちらの記事で解説しています。

関連記事 アフィリエイト初心者が必要な初期費用を解説『3万5千円でOK』

メリット② 自分の不満解消を会社に期待することがなくなる

「頑張ったのにどうしてボーナスを増やしてくれないんだ。」

「毎日ヘトヘトになるまで働いている。でも有休が使えない。これっておかしいんじゃないの?」

という不満がなくなります。

 

 

ブログで月3万円くらい稼げるようになった頃。会社でカリカリしなくなったなって実感しました。

生活上の余裕があるのと、自分で稼げる(しかも昇給額より多い)というのがちょっと自信になったんですよね。 1番嬉しかったのはストレス解消になっていた愚痴が減ったこと。ちゃんと気付くものです。

頑張ったから給料を増やして欲しい。有休は認められた権利だから使って良い。それは正論です。でも、会社って正論だけじゃ生きていけません。

会社にお金がなければ給料は増やせません。有休は確かに使えますけど、使っちゃうと仕事が残ったり他の社員の目が厳しくなったり…という悩みがありますよね。

それを分かっているけど言わずにいられない。だから会社の愚痴って増えちゃいます。

 

サラリーマンがアフィリエイトをすると自分でお金が稼げるようになります。お金に対する不満がなくなると驚くほど会社の愚痴がなくなります。

加えて低所得の不安からくるストレスが減るのでカリカリしなくなりますね。

メリット③ 経営者の悩みや考え方が理解できる

経営者の悩みが分かるアフィリエイトは経営の理解につながる

雇われだけでは想像もできなかった役員・経営者の悩みが理解できるようになります。

具体的には『収益が伸びている時はニコニコだけど、横ばい~下がった時の焦りは想像以上』ということ。現場で働いている方がラクという経営者の気持ちが分かります。

役員・経営者が求めていることが分かるので、どうすれば評価が上がるか分かります。

 

  • 利益を上げる方法・コストを下げる方法を提案する
  • 悩みを聞く・共感する・味方に付く
  • コストゼロで取り組めることを実践する

 

こんな感じですね。

例えばアフィリエイトに2年間取り組んだのに収益ゼロとします。もし収益が発生する方法を教えてもらえるなら嬉しいじゃないですか。この感覚です。

Ryota
アフィリエイトのスキルを生かして『ツイッター運用』『SEOでの集客』を提案するのもありですよ。私も提案しました(却下されましたが)。でも商品写真のカメラ撮影及びWEB掲載は採用されました。

※採用コストを下げる方法なども喜ばれますね。無料でIndeed掲載ができるとか、知らない経営者の人が多いです。

関連記事 採用コストを下げる3つの方法『中小企業ほど実践するべき』

メリット④ セミリタイアにつなげられる

アフィリエイトで月3万稼げるようになったとして、30年間で1,080万円になります。(分かりやすくするため税金は省きます。)

全て貯金していれば3年くらい早くセミリタイヤできますね。

自由な3年間ってお金で買えません。普通に働いているだけだと3年のセミリタイヤは大きな資産損失です。その分の稼ぎがゼロになるからです。老後の不安につながります。

 

セミリタイヤのメリットとして『退職金倒産の危険回避』があります。私が勤めていた会社は定期的に全社員数の1割ほどの社員を採用する方式でした。

一斉に退職するので退職時期が重なって退職金の支払いにより経営が悪化します。状況によっては退職金の支払いで倒産する可能性が出てきます。

セミリタイヤはそういう危険から逃れられますね。

もちろん、退職金倒産は特殊な例です。でも人生は1回だけ。1度の大事件で人生が台無しになる恐れがあります。そういうリスク分散としてアフィリエイトは便利です。

スポンサーリンク

2.サラリーマンがアフィリエイトをするデメリット

  1. リラックスできる時間がなくなる
  2. 本業よりアフィリエイト作業を優先したくなる
  3. 会社にアフィリエイトがバレたら終わり

上記3つです。

特に会社にアフィリエイトがバレるのが危険ですね。それぞれ解説します。

デメリット① リラックスできる時間がなくなる

時間が必要パラレルワークは時間がなくなる

会社員だけでも忙しいのに毎日2時間ほどアフィリエイト作業が必要になります。

テレビを観る・リラックスするという時間はなくなります。少なくとも2年間はその状況が続きます。

現在の会社が月50時間とかの残業なら並行して作業するのは難しいですね。体力的にもちません。会社でもミスが増えてきます。

本気でサラリーマン+アフィリエイトをするのなら、年収が安くても良いので時間が自由になる仕事を選びましょう。残業ゼロがオススメです。

月3万稼ぐくらいなら、休みの日を利用してコツコツ続けていく形でも達成可能です。

デメリット② 本業よりアフィリエイト作業を優先したくなる

アフィリエイトスキルが上がってくると基本的にはサラリーマンより稼げるようになります。

例えば昇給額が4千円とします。アフィリエイトで1年で月2万稼げるようになったら効率は5倍。アフィリエイト作業を優先した方が稼げますよね。

だからアフィリエイト作業を優先したくなる気持ちが強まります。

  • 休日出勤
  • 急な残業
  • 出張

この3つがストレスになります。

Ryota
評価につながらない無駄な仕事を全て断るようになりますので、あいつはプライベートを優先するヤツだと思われます。これはどちらかと言えばメリット。最初から頼まれなくなるので仕事がラクになります。

デメリット③ 会社にアフィリエイトがバレたら終わり

副業が解禁されているとは言え、上司・役員レベルの人たちは社員が個人でお金を稼ぐことを喜びません。本業がおろそかになると思うからです。

だから会社にアフィリエイトがバレたら居場所がなくなります。結果的に退職に追い込まれるでしょう。

私は7年間兼業でアフィリエイトを続けています。(10年勤めた会社は問題があって辞めましたが。)

信用できる同僚以外誰にもアフィリエイトのことは話しませんでした。生活レベルも一緒。車も買い替えたりせず、決して悟られないよう努力しました。

 

  • 顔と名前を出さない
  • 誰にもアフィリエイトのことを話さない
  • 大きな買い物をしない
  • 上司や役員にはプライベートのミスの話だけをする

 

これを守りつつ、確定申告は自分で税金を収める設定にしましょう。詳しくは『会社員がアフィリエイトをする注意点!会社にバレない方法と節税法を解説』という記事をご覧下さい。

今年から月20万ほど稼げるようになった場合は税理士さんを使うのもアリです。会社にバレるリスクが減るだけでなく、経費削減やふるさと納税・住宅ローン控除との関係性もクリアできます。

最寄でアフィリエイトに強い税理士さんを探すなら税理士紹介ネットワークが便利ですよ。

私は会社にバレる不安から個人で白色申告をしていて『青色申告の控除』を損し続けてました…。

確定申告をする手間もなくなりますね。経費と控除分で税理士費用が浮く可能性もありますので相談してみましょう。

>> 税理士紹介ネットワーク

3.私が7年間パラレルワークをして感じたこと『脱差別意識』

  1. 会社の差別的な生き方から脱出できる
  2. 会社より自分の健康や人生を優先できる
  3. 上司や役員を『凄い人』と思わなくなる

これは私の体験からの話です。

① 会社の差別的な生き方から脱出できる

会社から去った男性多くの会社は『差別』が根強い

お金に余裕があるので後輩に優しくできました。上司におごられなくても不満もありませんでした。

会社でいじめが発生する本質は『ストレス解消』です。そこに役職という権力が関わって来るので問題が複雑になります。

上司は上司なりに『給料』に不満を感じていて、部下におごったりとか嫌だなって思ってます。その不満が部下にぶつけられます。

アフィリエイトをすることで上記のような負のループから抜け出せました。

私は地方の小さな工場に勤めてました。

忘年会の二次会のために役員に頭を下げて1万円をもらうとか、そういう役割もありました。この卑屈な態度が自分をダメにしているようでつらかったんです。

アフィリエイトをして気持ちに余裕が出てきたので愚痴も減りました。お金でペコペコするくらいなら何も言わず自分で後輩の分も支払おうという考えも生まれました。その結果、後輩が自分に付いてくるようになって『そりゃそうだ…』とか感じましたね。

② 会社より自分の健康や人生を優先できる

人生を考えている男性会社は人生を良くするツールの1つでしかない

会社依存がなくなりました。

会社に依存していると人生の不満を会社に責任転嫁してしまいます。人生の責任は全て自分にあるもので、会社を選ぶのだって自由です。

自分でお金を稼げているので『会社が自分に物理的に不可能な仕事量・責任を押し付けてきたら辞めよう』と考えることができます。(実践しました。)

 

健康ならどんな仕事でも取り合えず食べていくことはできますよね。身体を壊してまで会社にしがみ付くのがおかしいって理解はできても不安から行動できないじゃないですか。

この『不安』をアフィリエイトで解消できたのは良かったです。

私の会社で全く仕事のできない46歳の男性がいました。30歳の同僚からもいつも怒鳴られていて、会社を辞めたがってました。でも年齢的+スキルがないので辞められません。

こういうどうしようもない状況を作り出したのも自分です。やっぱりその人は常に愚痴を言い続けており、自宅でも居場所がありませんでした。

大変でも個人的に努力をするって大事なことです。

③ 上司や役員を『凄い人』と思わなくなる

上司みたいになりたい!役員みたいになりたい!というのがなくなりました。

単純に上司より年収が増えたからです。

不思議なもので上司と金銭的に同じ立場になると上司のことを冷静に分析できるようになります。経験は豊富でも『ストレスでわざと追い込むようなことを言っているんだな』とか見えてきます。

上司や役員を盲目的に憧れると言いなりになります。

例えばパワハラ・モラハラ的発言をされたら面と向かって『間違っている』と言うべきですよね。それが言えるようになります。

Ryota
私は会社員+個人事業の生き方をして『人の形で会社員ができた』と感じています。あくまで上記3項目は私が思ったこと。ホワイトな会社ならそれはそれで本業に全力を取り組むのも素敵なことですよ。

これからアフィリエイトを始めたいサラリーマンのあなたへ

初期費用も少ないので開始すれば良いです。

半年くらいやってみて「これは大変だな…。」と分かったらそれはそれでOK。挑戦せずに頭の中で勝手に諦めてしまうとその考えが普通になってしまいます。

まずは挑戦してみましょう。

まとめ:覚悟を決めればサラリーマン+アフィリエイトは安定します

何でも成果を出すには1,000時間ほどかかります。その覚悟を決めてしまえばサラリーマン+アフィリエイトは無敵です。

会社員の安定+アフィリエイトの爆発的な収益を得る可能性があるからです。試行錯誤しつつ長く続けていればどこかで『成功の方法』が見つかります。

何度もお話しているように人それぞれ働く環境は違います。向き不向きや生活リズムを確認するためにも半年ほどお試しをしてみましょう。その価値はありますよ。

 

以上、「サラリーマンがアフィリエイトをするメリットとデメリット『兼業7年』」という記事でした。

 

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルワーカー

Ryota@パラレルワーカー

会社員・メディア運営・作曲家のパラレルキャリア。東京サウンドプロダクション所属。 カメラマン・製薬工場など複数の仕事を経験した後、個人事業中心の働き方に切り替え。 HSPで刺激に弱い悩みを持ち、低ストレスで働き生計を立てることを追求。日本の働き方に疲れている方向けに『これからの働き方』について発信し続けている。 ■詳しいプロフィールはこちら

-アフィリエイト

Copyright© Parallel Road , 2019 All Rights Reserved.