音楽作品

『Red Bar Vo.3』ボーカロイドMEIKOV1の3作目オリジナルアルバム

RedBarVo.3 ジャケット

RedBarVo.3 ジャケット

『Red Bar Vo.3』はMEIKO V1を使用した珍しいMEIKOのオリジナルアルバムの3作目です。

今までのアルバムに比べるとより都会的な情景を表現できました。Jazzの手法を適度に入れ込み、世の中には出回っていないような雰囲気の作品になっています。

Red Bar Vo.1は以下よりお聴き頂けます。

こちら Red Bar Vo.1

※Red Bar Vo.3が気に入った方はどうぞ当ページのコメント欄に一言お書きください。励みになります。

『Red Bar Vo.3』ボーカロイドMEIKOV1の3作目オリジナルアルバム

RedBarVo.3 裏表紙

RedBarVo.3 裏表紙

 

全曲視聴のプレイリストはこちら

 

1曲目.『Between the Rain』

Vocal:MEIKO

 

+ 歌詞はこちら

どうしてだろう 心の中に
大きな穴が 空き続けているのは

強い 強い 雨の中
僕は 何で 生きているの

どうにでもなれと (寂しかった)
何処か遠く    (見つけて欲しい)
旅立った日    (わがままで弱い僕を)
一人きりで

何もかもが  (飲み干した)
終われば良い (沢山の薬も)
本当は 寂しくて 震えていた

遠くの空に 光の幕が
優しく響く 雨上がりの微風(そよかぜ)

貴方の 手を見て
自分の 目を見て

叫んでみたんだ     (不安な事)
走ってみた       (振り払うように)
答えなんて無かったけど (白紙の未来に文字を)

どうしてだろう (見渡せば)
心の中     (青空)
空っぽのはずなのに 満ちていくの

穏やかな歌は (優しい歌)
反響して  (胸に響いて)
雲を払い  (大気を震わせ)
雨を飛ばし (消して)

いつの日にか (出会うはず)
淡い鼓動   (温度に)
そのために まだ僕は 生きていける

2曲目.『リベンジ』

Vocal:MEIKO

 

+ 歌詞はこちら

止めなさい、捨てなさい
他の人にすがり付いた
あの日々を

思うとおりに 前を見なさい

誰よりも 輝いた
あの瞳が 戻ってきた
これからは

何もかも 始めよう
僕が選ぶ全ての物
愛せるよ

3曲目.『チャコールレッド』

Vocal:MEIKO

 

+ 歌詞はこちら

治らない嘘つきは 自分を守りたいだけ
傷ついた弱虫は 自分を見て欲しいだけ

自分に無いものだけを
求めていつも比べていたんだ

知っているよ 僕達は
ヒーローやヒロインじゃない事
知っているよ この先も
突然の出会いなんて無いと

傷ついた嘘つきは 誰かを手に入れたんだ
治らない弱虫は 今でも満たされなくて

知っているよ 平等や奇跡なんて
憧れるだけだと
弱虫は疲れ果て 少しだけ 安らぎが欲しいの

4曲目.『ダンディズム』

Vocal:MEIKO

 

+ 歌詞はこちら

少年が憧れていたものは
暴力や圧力じゃ無かった

厳しく叱って
僕を守ってくれた背中

掌の傷も 小さな火傷の痕も
僕らを守って(戦った)
傷だから、いつまでも飽きずに見ていた

少年が大人になった時
いつの日も癒しを捜していた

分かったの

寒い夜、寂しげな 眼差しの横顔を
僕の事、叱っては その夜に悩んでた事

一人でもきっと 生きてはいけるよ
だけど
誰かを守って支えては
受け止める感情が僕にもあるはず

5曲目.『白の日』

Vocal:MEIKO

 

+ 歌詞はこちら

何処へ行こう?
空の彼方
地平線が落ちる場所へ

何処へ行こう?
街の隅の 猫に聞こう
明日の場所

一人きりの 誕生日や
一人きりの 知らない星
寂しいから震えてみて
優しい声食べていたの

素直になりたくて
なれないから

何処に行こう
明日がほら、生まれる場所
いつもの場所

迷わないで
皆が居る いつもの場所
ストーブの火

いつ頃 分かるのかな
もう本当に会えない事

一人きりの 見えない武器
放り投げた いつもの道

6曲目.『kaguya』

Vocal:MEIKO

 

+ 歌詞はこちら

空に近いラウンジ 今日も一人きりなの
窓の外はネオン 月は遮られて

こんな景色も 星空 故郷にあるの?
マティーニを揺らす度 笑う

貴方と見てた月 帰れないけど
まだ触れ合いたいの 思い出に問う
戻りたいの?

空を隠す都会で 今日も一人きりなの
流れ星のネオン 先は遮られて

こんな景色も 宝石 故郷にあるの?
思い出に酔いながら 泣いた

貴方には見えるの? 二人の月が
まだ触れて欲しいの あの日々に問う
帰りたいの?

月(おもいで)には 帰れない
貴方をただ、待ち続けているの
貴方の元に、帰りたいの

7曲目.『メニエール』

Vocal:MEIKO

 

+ 歌詞はこちら

突然の眩暈は
心地よく落ちていく

いつかは壊れてしまうのかな
この服

頭の中にレバーが二つ

苦しいほど自我に目覚めていく
空気の無い思い出に溺れる
低温の日々

いつかは壊れてしまうのかな
心が

頭の中に吐き気が一つ

悲しいほど自我が動いていく
長い長い思い出に刺される
三半規管

前後の川 揺れ動く白線
後悔無い? 真冬の陽炎へ。
優しいほど自我を受け入れていく
回転する世界を回ろうよ
心の人と

8曲目.『メイ』

Vocal:MEIKO

 

+ 歌詞はこちら

ほら、今日からは一人
朝顔咲いた
ほら、明日からも一人
自由だよと強がって

私の全てを預けて羽を広げた
優しい眼差しの奥に
いつしか疲れが芽生えて花を閉ざした
私は気づかずに夢見ていた

ただ、未来を信じよう
ただ、未来を信じましょう
ただ、未来を信じたい
自分で蒔いた種でしょう。

私の全てを抱えて羽を広げた
寂しい眼差しの奥に
いつしか優しさ芽生えて花咲き誇り
こうして夢の続きを見ている

ただ、未来を信じたの
ほら、未来は見ていたの
私の気持ちを

9曲目.『nastumina』

Vocal:MEIKO

 

+ 歌詞はこちら

初めて会った2人は
赤い色で繋がって
夏の港のように
明るく笑った

2人に歌を送ろう
飾りの無い、簡単な
胸に残り続ける
お祝いの歌を

遠く、忘れかけてた
誰かのために生きること
思い出させてくれた
感謝を送ろう

初めて会った皆は
赤い色で繋がった
だから、歌いませんか
2人のお祝いを

10曲目.『Over_D』

Vocal:MEIKO

 

+ 歌詞はこちら

足元が崩れてしまうの
あと少し、倒れていたいの

探さないで、探してよ
見つけたら、助けてよ

明日の朝、僕は生きているの?
溜め込んだ思い出、吐き出して
回っていく空を眺めていた
ドアを叩く音を待っていた

知ってたよ 待っているだけじゃ
楽しみな日々は来ない事

裏切りや不安や怯えとか
悲しみや孤独や感情が
混ざり合い心が痛むから
沢山の言葉を飲んでみた

11曲目.『ビジョン』

Vocal:MEIKO

 

+ 歌詞はこちら

路地裏で生まれたの
昔の事を覚えて
真っ白な姿見て
ダイアナと君も言った

優しくて時に厳しくて
私を包み込んでくれ
少しだけ疲れた瞳の
君の事が好きでした

自由より大切な人よ
特別な平凡な日々よ
幸せを続ける努力よ
歳月に忘れてしまったんだ

雨の日に笑い声
君は言う 大事な人と
君の事求めすぎ、
僕さえも憎んでいた

掴まれ橋の上へ
零度の世界へ
神様どうして、僕に
天使の羽は無いの

川の横 知られる事も無く
寂しくて 見上げた堤防
僕の事を捜す君が
少しだけ疲れた瞳の
君を見て眠りに付いたんだ

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

Ryota(Suzukaze Ryo)

作曲家|メディア運営|フリーライター|各種アドバイザーのパラレルキャリア。東京サウンドプロダクション所属。癒しの楽曲作成を専攻。涼風涼雨(すずかぜりょう)名義で音楽活動をしています。

-音楽作品

Copyright© SuzukazeNote/全曲無料・フリー音楽素材 , 2022 All Rights Reserved.