会社員+個人事業主の働き方をしている私と『副業』や『お金稼ぎ』『仕事との付き合い方』を学ぶブログです。

Parallel Road

お金の稼ぎ方 ロボアドバイザー

THEOの元本割れを最小限に抑える2つのリスク対策

更新日:

株価の変動画面

「ロボアドバイザーのTHEOって元本割れしやすいの?大丈夫なの?」

「大暴落からの回復はどうなってるの?」

当記事ではTHEOの元本割れを回避する方法をお話します。

 

パラレルワーカーのRyotaです。

NYダウの歴史的大暴落』や米中貿易摩擦の影響でロボアドバイザー各社が大打撃を受けました。

THEOも最大でマイナス10%近い元本割れとなりました。

しかしたった2ヶ月で6%も回復。現在も少しずつ上がり調子となっています。

私がウェルスナビに対してTHEOの下落が大きかった理由は元本割れのリスク回避を怠っていたためでした。

あなたも同じ状況にならないよう、元本割れを回避する方法を2つお話します。

これを実践すればTHEOの持つ高利率を獲得しやすくなりますよ。どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.THEOの積立投資を利用する

theoの積立画面

THEOではこのように月々の積立を設定することができます。

私は40万円を預けただけで、積立をしていませんでした。その結果、元本割れからの回復が遅くなっています。

 

3月にマイナス10%を記録。5月25日でマイナス4%まで回復しています。

Ryota
ウェルスナビではマイナス7%まで落ちました。しかし、定期的な入金と積立をしていたため元本割れから回復しています。

5-25のtheo評価額

 

これからTHEOを開始しようとお考えのあなたは、必ず積立投資を設定して下さい。

THEOの持つ高利率を獲得できる可能性が増えます。

①積立投資はリスクを減らす定番の投資法

投資では『ドルコスト平均法』という方法が定番です。

これは『定期的に同じ商品を一定額買い続けること』です。

ドルコスト平均法のメリット

商品が安い時はたくさんの商品を買うことになります。逆に高い時は少量だけ商品を買うことになります。

購入額が平均化され、最終的に『安く商品を買い続ける結果』になりやすいメリットがあります。

積立投資はこのドルコスト平均法です。

積立投資をしていれば、2018年2月・3月の大暴落時に同じ金額でたくさんの金融商品が買えました。

相場が上がってきた4月・5月に大きなリターンを受けることができたんです。

 

「ウェルスナビだから元本割れから回復した。」

「THEOだから回復が遅い。」

なんてことはありません。

THEOも年に10%以上の高利率を獲得したことがあります。大切なのはリスクを回避する投資法です。

②ボーナス時の追加入金もお勧め

THEOはボーナス時の入金額も設定できます。

THEOのボーナス月の設定

年間でどの程度の金額を投資に回すか決めておきましょう。

そうすることで、積立投資により投資を全自動化することができます。

注意

投資は無くなっても生活に影響の出ない余剰金でおこなうものです。

貯金予定額の2~3割がお勧めです。

③1年間でTHEOに入金する額を分散する

1年間で60万円をTHEOに入金するとします。

それを1度に全額入金するのは避けましょう。リスク分散にならないためです。

先ほどお話した通り、積立投資でコツコツ投資することが大切です。

この60万円を1ヶ月にいくら入金するか。下落時に追加入金するかどうかを考え、分散します。

そうすることで下落時もチャンス変えることができます。

THEOを含めロボアドバイザーは長期投資。多少の下落で損切りするのは勿体無いことです。

5~10年単位の長い目で見守りましょう。

元本割れが不安な方にこちらの記事も読まれています。

数ヶ月で数%のマイナスから回復することも珍しくありません。

関連記事 『ロボアドバイザーが大暴落』売らずに耐えれば黒字になる3つの理由

『ロボアドバイザーが大暴落』売らずに耐えれば黒字になる3つの理由

続きを見る

SPONSORED LINK

2.株価下落時に追加入金する

影響しやすいアメリカの株価

私はTHEOに追加入金をしていませんでした。

ウェルスナビと同額を入金し、その様子を見てみたかったためです。

運用当初はウェルスナビ以上の伸びがありました。

しかし、NYダウの大暴落+米中の貿易摩擦で大打撃を受けたのです。

その時にウェルスナビには追加入金しましたが、THEOにはしていませんでした。

もしTHEOにも追加入金をしていれば

『追加入金無しでも6%以上の回復』

をしていたため、プラスに転じていたと考えられます。

①1度に大きな額を入金する必要は無い

既にお話していることですが、大事なことなのでもう1度。

1度に100万円を入金する必要はありません。

20万円を5度に分けて入金した方がリスク分散になります。

途中で株価が下落した場合は40万円・60万円などの大投資をしましょう。

最初から大きな額を入金すると株価が下落してTHEOの資産が減った時に行動できなくなります。

まとめ

ウェルスナビと比較されやすいTHEOですが、正しく運用すれば大きな利率を獲得できます。

私もTHEOをウェルスナビと合わせて投資の2本柱にしていく予定です。

ロボアドバイザー内で分散投資するのもリスクヘッジになりますからね。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

ダブルノーベル賞のロボアドバイザー『THEO』

ノーベル賞受賞の理論を2つ使用したアルゴリズムで運用するロボアドバイザー。主要ロボアドの中で唯一のAI(人工知能)を搭載しており、急な下落も事前に対処します。

資産運用初心者のあなたも明日からプロの運用が可能。

『高利回り+安定』を実現しており、私も運用2ヶ月で5%以上の利回りを達成。米中貿易摩擦でマイナスに転じた後も数ヵ月後に回復した実績があります。手数料も他社が1%なのに最大0.65%まで下がるプランになりました。

詳しくは詳細ページをご覧下さい。

ロボアドバイザーNo.1 ウェルスナビ

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

THEOと同じくノーベル賞受賞のアルゴリズムを使っています。(ダブルではありません。)

特徴は自動税金最適化機能で、無駄な出費を軽減。投資の最適化を心がけています。

FOLIO(テーマ型投資+おまかせ投資)

「VR」や「京都」などのテーマに投資をして有望企業10社の株にリスクを分散できる新感覚の投資方法。

預けるだけで資産運用を開始する『おまかせ投資』も開始されたため、株とロボアドバイザーの両方を1社で使用できる唯一の会社です。手数料も業界最低水準。

10万円でソニーや任天堂の株まで持てちゃいます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルワーカー

Ryota@パラレルワーカー

会社員・メディア運営・作曲家のパラレルワーカー。東京サウンドプロダクション所属。月20万PVのパラレルロード他多数のブログを運営。■詳しいプロフィールはこちら

-お金の稼ぎ方, ロボアドバイザー

Copyright© Parallel Road , 2019 All Rights Reserved.